So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年07月| 2018年08月 |- ブログトップ

DORO☆OFF Ⅷ 受付終了 [DORO☆OFF EXHIBITION]

DORO☆OFF EXHIBITION Ⅷ へ、たくさんのお申し込みをありがとうございました(^^)/
参加申し込みの受付を、終了させていただきます。
タイトルロゴ.jpg

みなさんの優しい心遣いのおかげで、お申し込み頂いた方は、全て参加可能となりました。
懇親会もキャパに不安がありますが、全員参加OKです。
募集期間中に数々の変更がありましたので、参加者のみなさんは、今一度、参加者名簿の記載に間違いが無いか、ご確認下さい。
参加者名簿の記事はこちら
https://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-07-23

今後、スタッフでレイアウトや予算などを協議します。
ブロック割り振り、プログラム、実演の内容や懇親会の詳細など、恐らくお盆明けになると思いますが、決定次第こちらのブログでお知らせ致します。

なお、参加費は振り込みになります。(懇親会のみでも参加費は振り込みとなります)
今回は懇親会のみという方はおられませんが、グループ参加の場合は、代表の方名義で一括で振り込んで頂く事になりますので、ご注意下さい。
振込み後、振り込んだ事をメールでお知らせ頂きます。
確認後、こちらから受領確認の返信がありますので、これで申し込みが完了となります。
申し訳ございませんが、振込み手数料はご負担下さい。
また、領収書は発行できません。
振込み口座名やメールアドレス、送信フォームも、決定次第、こちらのブログでお知らせ致します。

ご不明な点がありましたら、この記事へのコメントとしてお問い合わせ下さい。
今回はお申し込みいただき、ありがとうございました(^^)/
よろしくお願い致します!

コメント(10) 

ディテールアップ [VCデススターⅡ製作記]

ちょっと遅くなってしまいましたが、ModelGraphix誌に掲載中のビークルコレクション・デススターⅡの製作記を連載したいと思います^^

まずは仮組みしてみます。
6センチ程度の手の平サイズなのに、精密なディテールに驚きます^^
仮組み1.jpg
しかも、パーツ分割が絶妙で、パズルの様な組み立ての面白さも楽しめます。
仮組み2.jpg
塗装などしなくても、十分に楽しめるキットですね!

裏側の建造途中の部分も、しっかり作ってあって素晴らしいのですが、今回は電飾するので、あまりスカスカですと光ファイバーが見えてしまったりするので、もう少し床を追加して密度をアップさせたいと思います。
床追加.jpg
北極に近い付近が、かなり空いてしまっているので、プラ板で床を追加します。
0.3mmプラ板に建造途中のカットを入れ、1mmプラ板で壁を作って積み上げていきます。
カットは、中心から放射状になるラインを意識してカットしています。
北に行く程小さくなっていきますが、カットのパターンが上手く組み合わさる様に、下書きしながらカットしています。
1mmの壁は、光ファイバーを通すための壁になります。

エッジは薄々にしました。
薄々.jpg
サイズが小さいので、ちょっとしたプラの厚みが気になります^^
リューターで壁の境目を薄く削りますが、ディテールが複雑なので程々です。

建造途中の部分も巧みなパーツ分割で再現されていますが、直線的なカット部部が目立つと感じたので、プラ板で床を追加します。
北半球 床追加.jpg
光ファイバーで電飾するので、あまりスカスカですと光が見えてしまいます。
追加するのは、表面を覆うような感じで工作しました。

このような感じになりました。
密になった.jpg
元々のパーツも活かし、隙間を塞いだような感じです。

南半球にもディテールを加えます。
南半球 床追加.jpg
こちらはプロップでも建造が遅れている部分で、ちょっとスカスカです。
ファイバーを隠す事が出来れば良いので、床をあまり延長しないで、直線的になっている断面をディテールアップしました。

次回は電池の組み込みをご紹介したいと思います。
よろしくお付き合い下さいね^^

コメント(2) 

電池組み込みと影付け [VCデススターⅡ製作記]

今回は、電池の組み込みと、建造途中部分の塗装です。

デススター本体の電飾は、ベースから電源をもらう方式ではなく、電池で独立した回路を組みます。
回転させたいので、電源の供給が難しくなってしまうからです。
ブラシ式にして、回転しても給電できる装置を作る事は可能ですが、複雑になればそれだけトラブルが発生しやすくなりますので、出来るだけシンプルな方法にすることが、長く楽しめるコツですね^^

電池を内蔵させるため、本体内部に電池ボックスとスイッチを作ります。
電池ボックスの製作.jpg
A 銅箔(ホームセンターでナメクジ除けとして販売されています)を
  カットして、リード線をハンダ付けしました。
B プラ板で電池がちょっとハミ出る大きさを箱組みして、電極とスイッチ
  を取付けました。
  電極は穴をを開けて折り返し、電池の抜き差しで外れてしまわない様に
  しておきます。
C 本体のパーツの一部をカットして取付けます。
  電池ボックスの厚みは、電池と同じサイズになっていて、電極の厚みの
  分で押さえ付けられて接触不良を防ぎます。
  パーツ側にマイナスの電極を取付けますが、ここでも銅箔を折り返して
  外れてしまうトラブルを防いでいます。
D スイッチのための穴も開口して、電源装置が出来ました。
  今回は3Vの電池1個(CR2032)で、5mmLED1個を発光させます。
  計算上の駆動時間は18時間です^^

遮光と陰影を付けるため、ブラックで塗装します。
ブラック.jpg
光が透けてしまうのを防止する事と、立体感を強調するシャドー吹きをするため、全パーツをブラックで塗装しました。
モデルカステンの新塗料「遮光ブラック」を、ガイアの溶剤T-01hで2.5倍に希釈して吹いています。
こちらは遮光を目的として開発されただけあって、薄い塗膜でもバッチリ遮光してくれますので、電飾モデラーにはオススメの一品です。

完成した状態になりますが、アクセスパネルの様子です。
電池で発光.jpg
パーツの一部を取り外して、電池交換やスイッチのオンオフを行います。
合わせ目が気にならない精度を持つ、バンダイならではの方法ですね。

続いて、建造途中部分をグレーで塗装します。
建造途中.jpg
グレーは、青味がある338 FS36495を使いました。
上から下に向かって吹きつけ、段差に影を作って立体感を増加させています。
元々緻密なモールドが入っていますが、この塗装で更に密度感がマシマシになってくれます。

建造途中から表面に繋がる部分は、ブラックを残します。
奥に行く程暗く.jpg
完成している表面部分へ、建造途中のディテールが潜り込んでいくのですが、境目にはブラックが残る様にグレーを吹き付けています。
横方向から見た時、奥がふさがっているのが見えない様に、暗くして目立たなくしています。

表面パーツにもグレーを吹きつけ、仮組みしてみました。
組んでみた.jpg
建造物の段差に影を付けたことで立体感が増し、表面との境目は徐々に暗くなって、リアルになったと思います。
こうなると、もう追加した部分がどこなのか判りませんね^^

表面へのグレーの吹きつけも、上から下へと吹き付けています。
上から下へ.jpg
こちらも下地のブラックを活かして、影を作ることで立体感を増加させています。
わずかな明暗ですが、特に建造途中との境目には効果的です。
これはスミ入れでは表現できない効果ですので、この段階で塗装しておきます。

次回は塗装の様子をご紹介したいと思います。

コメント(2) 

塗装 [VCデススターⅡ製作記]

今回は塗装の様子をご紹介します

ブラックで立ち上げ、338(FS36495)で影を付けました。
これが一番明るい部分になります。
ここから3段階で濃淡の違うグレーを重ねていきます。
1段 マスキング.jpg
太い溝だけをマスキングしました。
小さな四角を少々と、レーザーの皿の内部も少しだけマスキングしています。
全部で3回重ねるので、最終的なイメージの1/3程度のマスキングとなります。

重ねるのは、こちらのグレーになります。
使ったグレー.jpg
一番明るい部分は338、マスキングして307、更にマスキングして305と重ねて、濃度の違う四角パターンを表現します。
ただ、最終的には338を重ねて調整しますので、このサイズでは濃淡の違いはほとんど判別できません^^
今更ですけど、2段階でも充分だったと思います。

2段目、307を重ね吹きしました。
2段目 グレー.jpg
一気に青になりました^^
このサイズでも諧調の違いを出すため、敢えて色調の違うグレーを使っています。
よく見ないと判りませんが、ちいさな四角のマスキングをテキトーに貼り付けています。

最後のグレー305を吹き付けました。
3段目 グレー.jpg
建造途中のディテールがある場合は、一応マスキングしてグレーを重ねています。
また、せっかく影を付けた部分も、塗り重ねてしまわない様に吹き付ける方向を意識しています。

マスキングを剥がしてみます。
マスキング塗装おわり.jpg
マスキングは2回行ったので、最後のグレーと合わせれば3段階の塗りワケとなります^^
予想通り、小さな四角の諧調の違いはほとんど判りませんね

全体の色調を338グレーで調整します。
グレー重ね吹き.jpg
ランダムなムラを付けて吹き付けています。
ここでも、せっかく付けた影の部分を残す様に吹いています。
小さな四角は、ほとんど塗り潰されてしまいますが、全体の雰囲気が優先です。
それに、よーく見ると塗りワケされてる!くらいがちょうど良いと思います。

ホワイトでスミ入れします。
ホワイトスミ入れ.jpg
エナメルのホワイトを、パネルラインに流します。
ホワイトは発色が悪いので、乾燥したらまた流すを3回くらいだったかな?行っています。
ただ、これもキッチリ発色させてしまうとオモチャっぽくなりますので、周辺から浮かない程度で充分だと思います。

パステルで濃淡を加えます。
ススで濃淡.jpg
タミヤのウェザリングマスターBセットの「スス」を、ティッシュに取って、なでる様にこすり付けます。
エッジが引き立ち、輪郭が浮き出てきます。
ティッシュは円を描く様にしたり、ポンポン置いたり、変化を付けて乗せて、ランダムな粒状感が出るようにしています。
このサイズで粒状感を出すには、パステル系で表現するしかありませんでした。

最後につや消しでトップコートして完成です。
トップコート完成.jpg
最終的な仕上がりのグレーを意識して、マスキングやスミ入れ、汚しは全て控え目で仕上げています。
せっかく手間と時間を掛けて塗り重ねて来ましたが、巨大感を出すために大事なのは、全体として統一された仕上がりだと思います。
なんて、ちょっと偉そうですかね^^

次回は、光ファイバーの組み込みをご紹介したいと思います。

コメント(0) 

電飾 [VCデススターⅡ製作記]

今回は電飾の組み込みで、本体が完成です

建造途中の部分には、光ファイバーで無数の光点を作ってみようと思います。
光ファイバーは、最小のサイズでも0.25mmまでしかありませんので、このデススターでは完全にオーバーサイズです^^
組み込むべきか悩みましたが、紙面でのインパクトを考え、加えてみる事にしました。

追加で工作した階層には、1mmの厚みで壁を作っておきましたので、そこへ0.3mmドリルで穴を開け、光ファイバーを植えていきます。
ファイバーの取り回し.jpg
A 壁に穴を開け、光ファイバーを植えていきます。
  表側から差込み、最後まで押し込んでから、裏へ瞬間接着剤で固定します。
  接着した部分から光が漏れますので、瞬着は極少量です。
B 光ファイバーは、本体に開けた穴から裏へと逃がし、階層床は接着します。
C 裏では、パーツに開けた穴などを通して、ある程度まとめていきます。

元々キットのパーツだった部分にも、ファイバーを加えていきます。
ファイバーの取り回し2.jpg
A キットのパーツも、厚みのある部分に穴を開け、ファイバーを通しています。
  ファイバーが表面からみえてしまう部分は、出来るだけ避けました。
B やはり本体に開けた穴から、裏側へと逃がして行きますが、接着面が上になる
  場合は、一度下に通してから裏へと通しています。
C ファイバーは、パーツごとに1箇所にまとめてから、裏へ逃がしています。
  その方が、ファイバーが見えてしまうリスクが少なくて済むからです。
D ファイバーを通したパーツは、接着してしまいます。
  ファイバーの弾力でパーツが浮いてしまうのを防ぐためです。
  後から追加する事が出来ませんので、光点のバランスを確認しながら作業を
  進めています。

北半球の作業が進んでくると、LEDの位置が見えてきます。
LEDの位置.jpg
ファイバーを植え始めた頃は、まだLEDを何処に設置するか決められませんでしたが、進んでくるとこの辺かな?という位置がわかってきます。
ここからは、プラパイプを設置したり、パーツに穴を開けたりして、ファイバーを集めながら通していきます。
このとき、パーツの合わせ目にファイバーを挟んでしまわない様に、通り道は慎重に選びます。

残りの建造途中部分にも、どんどん光ファイバーを植えていきます。
接着しながら組み立て.jpg
A 光ファイバーは、多ければ良いというわけではなく、ある程度間隔があった
  方が光が引き立ちます。
  また、横に並べたり、奥に作ったりと、変化を付けた方がリアルになります。
B パーツに穴を開け、まとめて裏に逃がす方法で、どんどん追加していきます。
C たまに外郭を取り付けてみて、影になってしまう部分には光ファイバーを植え
  ません。
  どうせ見えなくなってしまうなら、見える部分にファイバーを植えます。
D 南半球の長く延びた部分は、外郭まで繋がっていなかったので延長しています。
  そこに光点があるとカッコイイので、無理にファイバーを取り回してみました。

光源には、LEDを1個使用しました。
電源がボタン電池1個なので、消費電力を抑えるためにLEDは1個にしたいです。
でも、ファイバーはたくさん使いたいので、口径の大きな5mmの白色LEDを使いました。
LEDのカット.jpg
使ったのは砲弾型ですが、先端が丸いと隅に差し込まれたファイバーへ光が届きにくくなります。
先端を平らに削って平面にする事で、どこに差し込まれても光が行き渡る様に加工しました。
6mmの熱収縮チューブを被せて、お尻側だけ閉じ、遮光しつつファイバーの差込口を作りました。

裏側は大騒ぎです^^
ファイバー集める.jpg
大量の光ファイバーが1箇所に集まるので、取り回しが大変です。
プラパイプを追加したり、チューブでまとめたりしながら、LEDの位置へ誘導します。

そろそろチューブの口径くらいの量になってきたので、一度LEDへと繋いでみます。
ちょぴり長くカット.jpg
ファイバーをカットして、LEDのチューブへと差し込んでいきますが、LEDの先端よりもちょっとだけ長くカットして、ファイバーにテンションを持たせています。
他のファイバーをいじっている時に、緩んで抜けてしまう場合があるので、LEDへ押し付ける力を付けておきます。
南半球もほぼファイバーを通し終えましたが、チューブにはまだ少しだけ余裕がありました。
残ったパーツで、チューブがほぼいっぱいになるように、本数を調節しながら仕上げます。

全てのファイバーを接続しました。
内部完成.jpg
LEDと電源を繋ぎ、発光させてみました。
抵抗は使わずに、直接3Vを繋いでいます。
チューブは、ほぼいっぱいになっていますが、実は、光ファイバーを何本使ったのか数えていません。
チューブの径と、ファイバーの径から計算した本数は、約90本です。

そんなに植えたのに、光が少なく感じるのは、いつもの事です^^
光のムラは角度.jpg
それでも、光点の量としてはバランス良くちりばめられたと思います。
少ないとイマイチだし、多すぎるとうるさいし、効果としてバランスは大事です。
光が強く発光している部分がありますが、これはLEDの位置のせいではなく、断面がこちらを向いているから明るく見えるだけです。
これは、後の回転している映像でわかると思います。

外郭のパーツを取り付けて、本体の完成です。
本体完成.jpg
やはり0.25mmの光点ではオーバースケールですが、全く光が無いよりはリアルに仕上がってくれたと思います。
手の平サイズのデススターに、小さな光が無数にある光景は、見ているだけで楽しくなります^^

次回は、ベースの製作をご紹介します。

コメント(4) 

回転付きベースの製作 [VCデススターⅡ製作記]

今回は、ベースの製作をご紹介します。

キットのベースでも飾るには充分ですが、今回はモーターで自転させてみたいと思います。
映画では回転しておりませんが、ゆっくりと回転していれば、ビジュアル的に面白いからです^^

デススター本体が6センチ程度しかありませんので、手持ちの小さなプラケースを使いました。
ベースに組み込み.jpg
A アキバで買ったMP3プレーヤーが入っていたプラ容器を、逆さまにして
  使いました。
  何でも取っておく貧乏性が、こんなときに役立ちます^^
B 回路を構成するパーツが収まるのか、レイアウトを検討します。
  やってみたら収まらなかった!では笑えません
  ボリュームのツマミは、瞬間接着剤のキャップだったりします。
C ギヤードモーターは中央に取り付け、ネジで固定します。
  これだけ空間が余っていれば、調整回路も収まりそうです。
D ブラックで塗装して、レタリングしました。
  こすって転写できるレタリングシートは、段々と入手困難になってきまし
  たね

モーター速度をコントロールする回路です。
モータースピード調整回路.jpg
2SD1828は、普通のトランジスタの記号を使っていますが、ダーリントン型です。
他の型番でも使えると思いますが、モーターを扱いますので、間違っても2SCシリーズ等は使わないで下さい。
電源は5Vを使用しましたが、モーターの耐圧以下であれば、12Vでも使えます。
回路で使用したパーツは、必要最低限の構成です。省略しないで下さい。
この構成なら、若干の発熱はありますが、ヒートシンクを付ける程ではありません。

この回路に、正転・停止・逆転機能も付けてみました。
単純に、モーターへの出力をトグルスイッチで切り替える回路です。
配線するだけで切り替えスイッチが出来るので、簡単ですね。
トグルスイッチでモーター逆転.gif
画像は、「渓鉄 - KeitetsuWorks」さん(http://keitetsu.ninja-web.net/)から引用させて頂きました。
連絡方法がわからず、無断で掲載してしまい、失礼しております。
もし、問題があればコメントにてご連絡下さい。
トグルスイッチは、2回路2接点というタイプで、ON-OFF-ONの中点でOFFになるものです。
秋月電子通商でも取り扱っています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00225/

回路を製作すると、このようになります。
実体回路.jpg
配線はケースに収まる様に、適当な長さにしてあります。
この段階で回転テストしてみて、正常に動くか確認しておきます。
超低速にすると止まってしまう場合がありますが、超ゆっくりから最大速度まで、自由に調節できます。

ベースに組み込みました。
組み込み.jpg
電源をUSBにしましたので、コネクタも小さく済みました。
それでも、内部はかなりの高密度です^^

操作系は、全て後ろ側にまとめてスッキリです。
外観.jpg
ギヤードモーターの軸が約3mmで、デススターのベース取り付け穴にピッタリです。
ただ差し込んだだけでOKだっので助かりました^^

さて、これで完成となります。
完成画像は、別の記事でアップさせて頂きますね。

コメント(0) 

VCデススターⅡ 完成画像 [VCデススターⅡ製作記]

ModelGraphix誌 2018-09 No.409 へ掲載して頂いた、ビークルコレクション デス・スターⅡの完成画像です、

わずか6センチ程度のキットですが、建造途中の第二デススターが忠実に再現されており、階層で表現された精密なディテールが素晴らしいです。
全体.jpg

パーツの分割も巧みで、立体パズルの様な組み立てる楽しさも味わえるキットです。
今回は光ファイバーを約90本植えて、建造途中の部分にたくさんの光点を作ってみました。
電飾 いつもの角度.jpg

電源は本体に内蔵したボタン電池1個で、5mmの白色LED1個を点灯させています。
デススター単体で発光を楽しむ事が可能です。
電池で発光.jpg

キットのままでは、ややスカスカ感がありましたので、プラ板等を使って階層を追加しています。
複雑に入り組んだ階層が、より密度感を増してくれたと思います。
ディテール追加.jpg

南半球にもディテールを追加しましたが、キットの持つポテンシャルが高いので、少々加えるだけでも充分に魅力を引き出してくれます。
ディテール追加 下.jpg

ベースにはモーターと速度制御回路を組み込み、ゆっくりと自転させてみました。
全方位から、デススターⅡのディテールを楽しむ事が可能です。
コントロール.jpg

回転の様子は、ツイッターに動画を上げていますので、こちらのリンクからお楽しみ下さい。
https://twitter.com/doro_hige/status/1022403284202487809

発光や自転なんかしなくても、素組みで充分に楽しめるキットです。
ぜひみなさんも作ってみてください^^

コメント(0) 

2018年07月|2018年08月 |- ブログトップ