So-net無料ブログ作成

スラスターとタイヤカバー [フジミ SPINNER 製作記]

スラスターとタイヤカバーの電飾を加工しました。

後部のスラスターは、5つの長方形が並んだ形をしています。
ここも白く発光させたいのですが、それ程明るく発光させる必要も無いので、ひとつひとつの穴にLEDを仕込んでしまうと、消費する電力がもったいないです(^_^;)
特に、今回は9Vの角型電池1個で全ての電力をカバーしようとしているので、省電力化は大事なコンセプトになっています(-_-;)
そこで、今回もプラ板の箱組みにLEDを取り付け、ボックスによる点灯方法にしました。
スラスターの加工.jpg
A プラ板でボックスを作り、内側にアルミテープを貼りました。
  このすぐ後ろには電池が来るので、出来るだけコンパクトに製作しています(^_^;)
  本当はボックスを使った電飾の場合は、出来るだけリーチを取った方が均一な発光に
  なります(^^♪
B LEDは2個に抑え、スラスターの穴と穴の間に来るように設置しました。
  他の部分と同様に、CRDにより定電流化してあります。
C LEDの足側はパテで包んで遮光しました。
  すぐ上にトランクカバーがくるので、高さもギリギリに抑えてあります。
  なお、トランクを固定する磁石もここに付くので、そのためのスペースも確保してあります。
D 発光面は0.3ミリのプラ板そのまんまです(^_^*)
  マスキングしてからブラックで遮光の塗装をしました。

発光させてみた状態です。
スラスター点灯.jpg
思ったよりも綺麗に、全ての噴射口が発光してくれました(^^♪
でも、塗装する時にマスキングが面倒になるので、まだ接着はしていません。
電飾をすると、塗装の段取りまで考えなくてはならないので面倒ですね(-_-;)

続いて、タイヤカバー部分の電飾も加工して置きました。
タイヤカバーの加工.jpg
タイヤカバーにも、突起部分とリング状に発光する部分がありますので、電飾したいと思います(^^♪
内部のスペースがあまり無いのですが、こちらもLEDを2個使ったボックス照明になると思います。
A リング状の部分には透明パーツが付くのですが、開口はされていません(+_+)
  光が出てくるための穴を開口しました。
  ピンバイスでたくさん穴を開けて繋いで行くオーソドックスな方法で開口しています。
B 開口した穴から出てきた光が、透明パーツへと分散する様に、アルミテープを貼るつも
  りです。
  透明パーツの接着面積も欲しいので、内径28ミリ、外径35ミリをコンパスカッターで切
  り出しました。
  このパーツも塗装してから工作したいので、今回はテスト的に貼り付けただけです。
C キットの透明パーツです。
  合いは良いのですが、そのままでは内部のアルミテープが丸見えです。
D 600番のペーパーで均一な曇りを入れました。
  これで内部が見えにくくなるし、光も分散してくれると思います(^_^;)

発光させてみた状態です。
タイヤカバー点灯.jpg
まだ全く遮光処理をしていないので、パーツがスケスケですけど、発光面は上手くいったと思います(^_^*)
もうひとつのリング状の発光部分にもLEDを仕込み、後ろから漏れて来た光で中央の穴を発光させる計画です(^^♪
ただ、やはりマスキングが面倒になるので、車体色を塗装してから電飾を仕込みたいと考えています(^_^*)
実験では成功しまたが、ちゃんと電飾できるのか、ちょっと不安な感じです(;一_一)

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(10)