So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シートの製作 [フジミ SPINNER 製作記]

シートを製作しました。

バックパネルにジャバラのチューブを取り付けましたが、空間に光点を作るため、パネルを取り付けています。
ジャバラにパネル.jpg
空間を埋めるようにプラ板をハメ込みましたが、バックパネルとの間にスキマが出来てしまうため、更にプラ板で空間全てを塞いでいます(^_^;)
また、光点はファイバーで作るので、ルーフの窓からファイバーケーブルが丸見えになってしまいます(+_+)
プラ板で簡単なカバーを作って隠してみました。
なお、このカバーは実物大のプロップにもある様に見えるのですが、本当の形は不明です(-_-;)

続いて、シートを製作しました。
ヘッドレストなど.jpg
A キットのヘッドレストのパーツです。
  左右への広がりが全く足りていません(>_<)
B プラ板を組み合わせて、左右に広がったヘッドレストを自作しました。
  スピーカーのような丸いディテールが付いていますので再現しています。
  ちなみに、ドーナツ状のリングは、シートの取り付けダボを切り取ったものだったりしま
  す(^_^*)←何でも撮って置く良いクセである
C シートの縦の長さが足りないので、プラ板で延長しました。
  キットよりもかなり寝そべった運転姿勢になります。
D 延長部分をパテで造形しました。
  また、ひざの部分も内側に曲げてRを付けています。

出来上がったシートをコックピットに置いてみたのですが、どうもイメージが違います(-_-;)
シートがとても貧弱に見えて、ゴツゴツしたインテリアとマッチしない感じです(;一_一)
もっとシート自体にボリュームが必要と判断して、パテを更に盛って作りなおしました。
シート完成.jpg
今度はふっくらとしたディテールとなり、せり出した部分が室内になじんでくれたと思います(^^♪
A 背面にサポートアングルを追加しました。
  空を飛ぶ車なので、軽量化の軽め穴を開けたチャンネル型です(^_^*)
  同じ形のプラ板が4枚必要になるので、0.3ミリのプラ板をホッチキスで留め、一気に
  加工して大量生産です(^^♪
B 肩に当たる部分をかなり増量しました。
  実際のプロップのシートとは、じぇーんじぇん違う形なのですが、キットの乗り合いバス
  みたいなシートよりはマシになってくれたと思い込んでいます(^_^*)

シートを取り付けてみました。
シートを設置.jpg
仕上げは甘いのですが(いいのか?)、キットのシートのままより断然良くなってくれたと自分では思っています(^_^*)
特に、ヘッドレストは特徴的なディテールですので、作りなおす事で密度感がアップしてくれる部分だと思います(^^♪

二重底を取り払い、シートを車体の床に直接置く事で、コンソールの間の空間が確保出来ました。
ヒザ下のクリアランス.jpg
これでヒザが入らないという事態は避けられると思います(^^♪

シートの取り付けダボをカットして、インストよりも低く設置しましたので、頭上の空間にも余裕が出来ました(^^)/
天井との距離.jpg
劇中の、実物大のプロップでは、頭上にこのくらいの余裕がありますので調整してみました(^^♪
本当にこの位置で正しいのかわかりませんけど、劇中ではルーフ窓から外が見えますし、ガフの帽子も置いてありますから、このくらい空間があってもおかしくないと判断しました(^_^;)
間違っていたとしても、もう修正はできませんけど(;一_一)

シートを設置した、全体の様子です。
シート取り付け 仮組み.jpg
これでインテリアのディテールは、ほぼ仕上がりました(^^)/
もうひとつ、自分解釈で追加してみたいディテールがありますが、それを追加したら塗装して電飾を仕込んでみたいと思っています。
やっとコックピットが形になりました(+_+)
このキット、簡単に考えていたけど、ナカナカ手強いです(-_-)b

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(8)