So-net無料ブログ作成

艦橋の複製 [VMスタデ・X-WING製作記]

艦橋ブロックをクリアーレジンで複製します(^^)/

無数の窓の光を再現するため、艦橋周辺をクリアーレジンで複製します(^^)/
と、その前に、パーツに手を加えています。
パテでブロックに.jpg
パーツの裏側はカラッポですけど、そこにパテを盛って削り出し、ブロック状に成型しました。
安価で硬化の早い100均のパテを使っています。
わざわざこの形にしたのは、シリコン型から抜く時に抜きやすくするためですが、LEDの光をレジンの中で拡散させる効果も狙っています。
隅々まで光を行き渡らせたいので、レジンの塊にしておいた方が都合が良いのです。
透明プラ板の断面から光を入れ、表面にキズを付けるとそこだけ光る現象に似ています(^^)/

これを原型にして、シリコンで型を作ります。
原型の固定.jpg
プラ板に両面テープで原型を固定して、型取り用ブロックで湯船を作りました。
底になる方向がレジンを注入する面になります。
抜く方向を考えてパーツを配置します(^_^)
シリコンを流しました。
シリコン注入.jpg
はじめにパーツの表面に垂らして、爪楊枝で気泡を追い出してから、ゆっくりとシリコンを流し込みます。
このブロックは、シリコン用として売っているものですけど、隙間からタダ漏れします(ーー;)
予め、テープをぐるりと貼って、隙間を塞いでおきます。
もちろん、隙間から漏れる分も計算してシリコンの量を調整しておきます。
硬化には夏でも丸一日掛かりますが、ボクは大抵2日以上は放置します(^_^;)

型が出来ました(^^♪
シリコン型完成.jpg
キットのパーツは、恐ろしい程繊細な造型がされていますが、どうやら上手く型取りできたみたいです(^^♪
すごく細かいので、レジンが流れてくれるのか、メッチャ不安になる原型です(^_^;)

シリコンを流す前に、シリコンバリアを塗ります。
シリコンバリア.jpg
シリコンとレジンがくっついてしまわない様に、剥離剤としてシリコンバリアを塗りました。
いつもはベビーパウダーを使うのですが、今回はあまりに細かい原型なので、基本に帰ってこちらを使いました(^_^*)恐いのだよ
筆を使って、原型の奥までしっかりと塗りますが、塗り過ぎると形が変わってしまうので程々にします。

そしていよいよ、クリアレジンを流します。
クリスタルレジンNEO.jpg
使用したのは、クリスタルレジンNEOという、非常に透明度の高いものです。
値段は張りますが、ボクが使った事があるクリアレジンの中で、一番透明度が高いです(^_^;)
硬化後の収縮も少なく、変色も無いので、価格相応の性能を発揮してくれます。

レジンは少しずつ流し込みました。
レジン注入.jpg
レジンは、A液とB液を混ぜて、化学反応で硬化する樹脂ですけど、混合には紙コップを使います。
かき混ぜると気泡がいっぱい入ってしまうのですが、ドライヤーで温めると粘度が下がり、気泡が抜けやすくなります。
加熱するとポリ製のコップでは変形してしまうため、紙のコップを使います。
ちなみに、原型も乾燥機に1時間くらい入れておいて温めてから作業しています(^^♪
さて、はじめにレジンを少しだけ流して、爪楊枝で気泡を追い出します。
クリスタルレジンは、通常のレジンと違ってすぐに硬化しませんので、ゆっくりと作業できます。
それから少しずつ加えては爪楊枝で気泡を掻き出し、また少し加える作業を繰り返します。
これだけ気を遣っても、細かい気泡は抜け切れません。あきらめます(ーー;)
型の表面から、ほんの少し表面張力で膨らんだくらいまで注入して、硬化待ちとなります。
表面にパーツとの合わせ目が来る向きに型を作ったので、後から平らに成型するために少し削りシロを作っておきます。
ただし、ドック内部のパーツだけは横から光を入れるので、出来るだけレジンを多くするために大盛りにしています(^_^;)
注入後もドライヤーで過熱して、出来るだけ気泡を追い出します。
硬化には2日程掛かりますので、その間X-WINGを製作していました。
結局、4~5日放置しちゃっています(^_^*)

型から取り出します。
クリアー化完成.jpg
写真では半透明に見えますけど、実際には綺麗な透明です。
細部までレジンが行き渡って、とても綺麗に複製できました(^^)/
環境ブロック.jpg
艦橋ブロックの4方向をクリアー化出来ました(^^♪
あと、艦橋正面とドック内部も上手く抜けてくれています。
このクリアー複製が電飾のキモでしたので、大きな山をひとつ越えたって感じです(^_^*)

次回は電飾を仕込む作業をご紹介します(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ



コメント(6) 

コメント 6

まうんてんし~ぷ

どろぼうひげさん、こんばんは。暫く仕事がたて込んでいたので、ブログも確認出来ていなかったのですが、先程確認してみると、あら~♪いっぱい更新されてる~♪と慌ててしまいました。スタデの製作記に大喜びです!自分も昨夜ストレートに組んでみましたが、いやぁ凄いキットです。しかも合いが良くて、全くストレスを感じません。
どろぼうひげさんの作例を見て、電飾したいのですが、型どりが苦手なので敷居高~い!と半泣きしています。クリヤー複製したパーツ分けて欲しいです~♪
by まうんてんし~ぷ (2016-05-03 20:25) 

健太のパパ

どろぼうひげさん、大変ご無沙汰しております。しばらく島流し状態が続きましたが、ようやく帰還しました。島流しの地でもブログは拝見しておりましたが、いろいろありなかなかコメントするまでには至りませんでした。何度目かの出戻りおやじモデラーとして復活したいと思います。さて、私も作例参考にさせていただき電飾してみたいと思います。シリコンバリアですが、私の場合、面倒ですがエアブラシで吹いています。吹き返しであっちゃこっちゃがすべすべになりますが。(^^;
by 健太のパパ (2016-05-04 01:46) 

どろぼうひげ

まうんてんし~ぷ さん、こんにちは(^^♪
連休なので、昨日なんて記事を2つもアップしちゃいました(^_^;)
しかし、すごいキットですよね
電飾してみたいという方もたくさんおられるかと思います。
でも、複製はプラモ製作とは違った知識と経験が必要になるので、ちょっと敷居が高いと感じられるかも知れませんね。
クリアー化したパーツは、そのまま使えるわけでは無く、むしろそこからが大変なんですよね(^_^;)
DORO☆OFFの景品にしてみようかな?
by どろぼうひげ (2016-05-04 11:27) 

どろぼうひげ

健太のパパさん、お久しぶりです(^^♪
お仕事お疲れ様です!
参考にして頂き、うれしいです(^^)/
なるほど。シリコンバリアをエアブラシで吹けば、薄く均一に出来ますね!
今回の原型では、深くて複雑なので届かない部分が出来てしまいますが(^_^;)
by どろぼうひげ (2016-05-04 11:35) 

せんざき

こんにちはー。
GWだというのにひたすら仕事にかまけている間に、続きの製作記が沢山!
サラッとシリコンでクリアレジンを、、、という説明ではなく、ここまで手順を追っていただけるととてもありがたいです。このモールドもちゃんと抜けるんですね。手持ちレジンがあるので、この角度でトライしてみます!
by せんざき (2016-05-05 01:30) 

どろぼうひげ

せかんざき さん、こんばんは(^^♪
お仕事、お疲れ様です!
意外とクリアレジンの複製について、詳しく紹介したサイトが無かったので、今回は詳しく解説してみました。
複製すること自体、あまり経験を積んでいませんので自分なりの方法ですが、参考になって頂ければ嬉しいです(^^)/
by どろぼうひげ (2016-05-05 03:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。