So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

DORO☆OFF公式ブログ設立 [DORO☆OFF EXHIBITION]

DORO☆OFFの公式ブログが設立されました(^^)/
ロゴ.jpg
https://dorooff.blogspot.com/

以前から公式サイトは存在していましたが、このたび、より活用できるブログとしてリニューアル致します。
こちらでは、
☆ DORO☆OFF EXHIBITION のお知らせや申し込み
☆ 静岡ホビーショーや、各種の展示会など、サークル活動内容の発信
☆ メンバー各自のブログへのハブ的な存在、活動内容の発信

といった、DORO☆OFFサークルとしての活用拠点を目指しております。
まだとりあえずスタートした状態で、どの様に運営していけるのか、メンバーにとっても手探りの状態です。
みなさんにご不便をかけることになるかも知れませんが、より充実した内容にしたいと思います。
今後ともDORO☆OFFをよろしくお願いいたします。


コメント(0) 

LUPINⅢ「屋根」製作記 [模型の事]

毎年開催されている、静岡ホビーショーですが、ボクは「宮崎メカ模型クラブ」のメンバーでもあります。
ここ数年、何も展示しておりませんので、今年は何か展示したい!
でも、製作時間が無い!
と、言うわけで、すぐに作れそうなキットを引っ張り出してきました^^
グンゼ産業(現在のGSIクレオス)さんの、カリオストロの城シリーズから、「屋根」です。
パッケージ.jpg
だいぶ古いキットですけど、ルパンのフィギュアはレジン製だったり、コンパクトながら劇中のシーンを忠実に再現されていて、良いキットです。

ルパンは離型剤をクレンザーで磨いて落とし、屋根を接着しましたが、合いが悪くてスキマが開いてしまうので、クリップで挟んで強制的に接着しました。
強制接着.jpg

ルパンのフィギュアは、ロケットのヒモを咥えるポーズと、ロケットの狙いをつけるポーズが選択できますが、今回は導火線にナカナカ火が着かないシーンを再現したいので、ポーズを変えます。
ポーズ変え.jpg
A 右腕は二の腕から先をエポパテで作り直しました。
  手は、キットより大きいのがイメージにあったので、大きめに造型
  しています。
B 手には、アニメと同様に100円ライターを持たせています。
  フィギュアの手は、顔と同じくらい表情が表れる部位だと思っていま
  すので、造型には多くの時間を掛けました(そのワリにはですが)
C 左手も、ほぼ全部を作り直しています。
  こんな大きな手は、ジャケットの袖を通りませんけどね^^
D 仮組みしてみました。
  首も大きく前に倒し、コンチクショー!な感じを出しています。

塗装します
塗装.jpg
A ジャケットは、ルマングリーンにスカイブルーで、アニメの色に
  合わせて調色しました。
  シャツはブラック、ネクタイはイエロー+ホワイトで筆塗りです。
B ズボンはミッドナイトブルー、靴はレッドブラウンです。
C 左手は塗装がやりにくくなるので、塗装が終わってから接着して、
  合わせ目を消し、また塗装する手間を掛けています。
D 眼は、デカールが付いていましたが、あんまり出来が良くありませ
  んし、経年劣化でボロボロになりそうです。
  表情を険しくしたい思いもあったので、筆で書いてみました。

塗装終了.jpg
スミ入れはエナメルで、肌色部分にはクリアーオレンジ、他は薄いブラックを薄く流しました。
発色を薄く抑える事で、アニメっぽさを残した仕上がりにしています。

ルパンは、各パーツを金属線の軸で繋いでいます。
最終組み立て.jpg
瞬間接着剤だけでは、どうしても壊れやすくなりますが、ちょっと金属線を1本入れるだけで、強度が段違いにアップします。

ロケットは、キットのパーツは手と一緒に造型されてしまっているので、スクラッチしました。
ロケット.jpg
A 0.8mmの真鍮パイプに、ポリウレタン線を2本通しました。
  1608サイズの電球色LEDをハンダ付けして配線をよじり、導火線
  らしく見せています。
  ルパンの腕に配線を通さず、ロケットの支柱を通す事で、工作がか
  なり楽になります^^
B ロケット本体はプラ棒からの削り出しです。
  電動ドリルに取り付けて、ナイフの刃を当てて形を出しました。
  底に大きめの穴を開けて、真鍮パイプと導火線を固定しています。
C 羽根を付け、ルパンのポーズに角度を調整しました。
  導火線の先にライターがくる位置関係になります。
D 塗装しました。
  本体は黄橙色、羽根はブラウン、支柱と導火線はブラックです。

屋根は、歴史あるお城のイメージに仕上げました。
屋根.jpg
A 電源は、マイクロUSBコネクタで供給します。
  ACアダプタ・パソコンやテレビ・モバイルバッテリーなど、電源に
  困りません^^
  開口後、下地としてブラックから立ち上げました。
B 屋根瓦は、2色のブルーで表情に変化を付け、重みを出しました。
  ナナメ上から吹いて、段差にブラックを残し、立体感を付けています。
C エナメルのブラックとフラットアースでスミ入れして汚れを加えました
  最後につや消しでコートして完成です。
D ルパンを取り付けました。
  ボタン電池で光らせ、LEDの位置を調整します。
  明るくなる部分と影になる部分が、最も自然になる位置を探します。

ベースに取り付けて、マイコンを設置します。
ベース.jpg
そのまま置いても構いませんが、持ち運ぶ際の梱包がメンドクセーですね^^
100均のコレクションケースへ、ネジで固定しました。
透明なカバーを被せれば、かばんの中にポイ入れしても安心です。
中にマイコンを仕込むので、後からプログラムを書き換えたくなった時にアクセス出来るように、ネジで取り外せる様にしておきます。
まぁ、そんなことはマズ無いのですが^^

完成しました
完成.jpg
実際の発光の様子を、動画で作成してみました。

※音声無し 20s

動きのある作品は、動画でみて頂くのが一番ですね^^
製作期間は3日くらいの、超お手軽製作でしたが、楽しかった~^^
宮崎メカ模型クラブには、物凄いクオリティーの作品が集まりますので、ジブリ好きの方は要チェックです!
ついでに、こちらも見てあげてください^^

さて、今回はPICマイコンを使って、ランダムな着火光を再現しています。
以前タイファイターの整備中ジオラマを製作した際、ランダムな溶接光を再現したのですが、かなり大掛かりな回路を製作する必要がありました。
ランダム閃光発生回路.jpg
NE555タイマーICを3個使って、点滅周期をずらしておき、3個の出力のANDを取って全部が揃った時だけ高速点滅回路が発光する回路を製作しました。
たった1個のLEDを、ランダムに点滅させるには、こんなに大きな回路が必要になります。
これと同じ(いや、もっと高機能)動作をPICマイコンで作ると、
回路図.jpg
たったコレだけ^^
しかも、点滅の周期やタイミングなど、プログラムでどうにでもなります。
「電飾しましょっ!2 PIC編」でも紹介している、rand()関数を使うので、プログラムもシンプルです。
参考までに、ソースリストを掲載しますね^^
「電飾しましょっ!2 PIC編」で説明している、テンプレート部分は割愛しています。
#include                               	//基本的な設定
#include "stdlib.h"                           	//rand関数を使う場合必要
#define _XTAL_FREQ 8000000     //動作周波数を8Mhzに設定

void main(void) {
    
    OSCCON = 0b01110010;           	//内部クロック8MHz
    ANSELA = 0b00000000;            	// アナログは使用しない
    TRISA = 0b00001000;                // RA3だけ入力その他のピンは出力
    
    PORTA=0;                                  	// 出力ピンの初期化

    int x;                            //ランダムの変数 宣言はintで
    
    while(1){                                      //永久ループの始まり
        x=(rand() % 10)+1;                 // 1~10までのランダムな数字
        while(x){                                 // 300ms×x回のループ
            __delay_ms(300);	
            x--;				
        }
        RA0=1;                                   // 100msLEDを点灯
        __delay_ms(100);
        RA0=0;
        
    }                                                 //永久ループの終わり

}      //End of main


1行目 #include <xc.h> 表示が上手く出ません小文字に変えて下さい
2行目~12行目   設定や初期化を行っています
13行目       rand()で使う変数は、int(整数)であること
15行目~25行目 プログラムの本体です。永久ループ
16行目      rand()の乱数を10で割った余り(0~9)に1を+
17行目~20行目 300msを乱数回ループさせ、待ち時間を作る
21行目~23行目 一瞬だけLEDを光らせる

30行も無いプログラムで、タイマーICを使った回路以上の働きをしてくれます。
少しいじれば、溶接している様子を再現することも可能ですね。
この記事から、PICに興味を持ってくれたら嬉しいです^^

コメント(7) 

正誤表が公開されました [電飾しましょ]

大変ご好評を頂いている、「電飾しましょっ!2 PIC編」ですが、記載内容の一部に不具合がありました。
電飾しましょっ2 PIC編.jpg
これについての正誤表が、MODELCASTENのサイトにてサンプルプログラムと共に公開されています。
http://store.modelkasten.com/shopdetail/000000003493/
PDF形式ですので、各自ダウンロードの上ご活用下さい。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。
今後とも引き続き、よろしくお願い致します。

コメント(8) 

ジプシーアヴェンジャー掲載 [模型の事]

今月のModelGraphix誌2019.04 No.413 へ、バンダイ HGジプシーアヴェンジャー を掲載して頂きました^^
D0OsepMVAAAkPR-.jpg
パシフィック・リム「アップライジング」は、2018年の4月に劇場公開されていますので、もう一年近く前の映画になりますけど、面白い映画は何度観ても面白いです^^
今回は胸のリアクターを発光・回転させてみました。
あおりで.jpg
キットは、元々別売の電飾ユニットを使用して発光させる事ができるのですが、今回はその空間を利用してPICや電池を内蔵させ、リアクターを回転している様に発光させました。
透明パーツであるリアクターへ、裏の断面から8個のチップLEDを円形に配置して、対角線のLEDを順送りで発光させています。
実際の回転発光の様子です。


今月のModelGraphix誌は「この世界の片隅に」の特集ですが、この特集がものすごく濃いです^^
このままムック本になっても良いくらい、充実した内容になっていますよ
サポートしているライター諸氏の博識の高さや、ハイセンスなモデラー層の厚さもあって、模型に興味が無い方でも、きっとご満足頂ける内容だと思います。
ジプシーなんて、ついでに見てくれれば良いので、ぜひお手に取ってお確かめ下さい!
よろしくお願い致します!

コメント(0) 

マジンガーZ infinity 完成画像 [MAZINGER Z & GREAT 製作記]

ModelGraphix 誌 2019.03 No.412 へ掲載して頂いた、 マジンガーZ Infinity Ver. と、グレートマジンガー Infinity ver. の完成画像です。

劇場で公開された「マジンガーZ Infinity」から一年程経ちますけど、昭和のスビリッツがそのまま継承されていて、最高でしたね^^
映画が面白けりゃ、プラモが欲しくなるのがモデラーというもの。
今回は、マジンガーZ Infinity ver. と、グレートマジンガー Infinity ver. の2体を製作させて頂きました。
・マジンガーは、電飾を中心として、気になった部分の改造を。
・グレートは、電飾は電池で行い、塗装をダメージ風に仕上げる
工作となりました。
どちらもPICマイコンを使用していません。

まずはマジンガーZの完成画像です。
前後.jpg
映画で観たマジンガーZが、そのまま再現されています。
可動域も広く、組みやすく、成型色だけでも満足できる、素晴らしいキットですね。
今回は汚しの無い、新品ピカピカの状態に仕上げています。
実は、汚れた状態より、ピカピカに仕上げる方が難しいです。
パッケージイラストのマジンガーZがメッチャかっこ良いので、機会があれば、次はダメージ状態で仕上げたいです。

パイルダー.jpg
付属のホバー・パイルダーは、ちゃんと主翼が折り畳めるギミック付きです。
コックピット内部を作り、兜甲児を乗せて、ヒートプレスで自作したキャノピーに替えました。
マジンガーZは人の心が動かしている事を、どうしても表現したくて、やや強引に改造しています^^
ファンの方なら、この気持ちを判ってくれると思います。

パイルダーオン.jpg
パイルダーオンで、目が発光します。
丁度、頭の中にパイルダーとドッキングするダボがありますので、それを利用してスイッチを作りました。
耳もInfinity ver.では透明になったので、クリアーランナーから削り出して自作したパーツに置き換えています。

ブレストファイヤー.jpg
ブレストファイヤーは、身体の外まで飛び出している放射版を、どうやって発光させるか?ですね^^
ボクの解決策は、胸元の断面から光を入れる方法でした。
放射板の間に、別のパーツが入るのですが、ここに赤色LEDを仕込み、クリアーパーツの横から光を入れて、内部で拡散させるという方法です。
クリアーパーツ裏側のエッジ部分にペーパーを当て、細かいキズを付けておくことで、放射版のエッジまで発光しているように見えてくれました。
スイッチは背中で、関節の一部を自作パーツに置き換えて外観を壊さない様にしています。

ロケットパンチ.jpg
ロケットパンチは、パンチの中にLEDを仕込み、噴射炎のエフェクトパーツに直接光を入れて発光させています。
電源は、ジェットスクランダーと兼用のスタンドから供給されます。
可動もしますし、持ち手を変える事も、アイアンカッターを装備する事も可能です。

ドリルミサイル.jpg
キットには、豊富な差し替えパーツが付属しています。
劇中でも、やたらドリルミサイルを多用していましたが、差し替えることで様々なシーンが再現可能です。

スクランダー.jpg
ジェットスクランダーは、主翼の角度が可動し、ベルトが脱着可能です。
背中の接続部分から電源を供給し、エンジンを電飾しました。
ベルトは基部に軸を作り、差し替え無しで開閉可能にしました。
バックルに仕込んだ磁石で腰にピッタリとフィットします。

ジェットスクランダー.jpg
付属のスタンドに置くと、足の方に重心があって安定しません。
これから作る方は、上半身にオモリを入れるなどの対策を取られると良いと思います。

続いて、グレートマジンガーの完成画像も掲載しちゃいますね。
全体.jpg
こちらは全体にダメージを加えた仕上がりです。
パッケージイラストのカッコよさには遠く及びませんけど、頑張って寄せてみました。
その代わり、電飾は控え目です。

ブレーンコンドル.jpg
ブレーンコンドルは、先端を外してドッキングします。
目の発光との連動は作りませんでした。
流石に今回は小さ過ぎて、コックピットを改造するのは断念しました。
パネルラインは彫り直しています。

かかってこい的な.jpg
サフを吹いてから塗装し、神ヤスで少しずつ露出させる方法でダメージ表現しています。
エッジ部分が引き立ちますが、実際に削っているので、ドライブラシとはまた違う表現になります。
更にパステルやエナメル等で汚しも加えています。
なお、グレートは電池による電飾です。
普段は目が発光しているだけで、出来るだけ消費電力を抑えています^^

マジンガーブレード.jpg
マジンブレードなど、武器も豊富です。
このブレード部分は、シャインシルバーで塗装しました。

電池とスイッチ.jpg
電池と電源スイッチは、左足のスネにあります。
カバーは磁石で簡単に取り外せます。
ボタン電池CR2032が1個、縦に収納されていて、そのとなりにチラ見えしているのが、電源のスライドスイッチです。

スクランブルダッシュ 前から.jpg
グレートは、スタンドの上でも安定するはずですが、僕は足に電池を入れちゃったので後ろが重くなってしまいました^^
こちらのグレートも可動域が広く、飛行ポーズもビシッと決まります。
子供の頃作ったプラモと比べるのは酷ですが、進化を感じずにはいられませんね^^

スクランブルダッシュ 後ろから.jpg
胸の中に、傾くとONになる傾斜スイッチを内蔵しており、飛行状態にするとスクランブルダッシュが発光します。
完成してしばらく、ブンドドして遊んでしまいました^^
もちろん、スクランブルダッシュは取り外す事も可能です。

箱絵っぽく.jpg
直接塗膜を削って下地を露出させるダメージ表現は、スポンジヤスリというマテリアルの登場で可能になった表現です。
ダメージを塗装で乗せていくプラスに対して、削り落とすマイナスの技法ですね。
初めは加減が判らなくてビクビクしていましたが、すぐにコツが掴めて、とても楽しく表現する事が出来ました。
ロボ以外でも使える場面は多いと思いますので、機会があればぜひ!お試し下さい^^

以上でマジンガーZ Infinity ver. と、グレートマジンガー Infinity ver. の製作記は終了です。
ありがとうございました(^^)

コメント(8) 
前の5件 | -