So-net無料ブログ作成

エンジン・ベースの製作 [アルカディア原作版 製作記]

今回は下部推進装置とベース、エンジンの電飾の様子をご紹介します(^^)/

下丸口 開口.jpg
船体の下部には、おそらく垂直方向への推進装置と思われる噴射口があります。
もしかしたら、ただの窓やセンサーかも知れませんが、発光しているみたいなので電飾してみようと思います。
とりあえず、モールド位置を開口しました。
2個組で4セットありますので、2個ずつLEDを仕込んでみたいと思います。
船体が透けてしまわない様に、ブラックを吹き付けて遮光しておきました。

この推進装置のすぐそばに、ベースの支柱を差し込む穴が開いていますので、干渉してしまうかも知れません。
先に、ベースからの電源供給部分を製作しておきます。
支柱 コネクタ.jpg
A ベースの支柱はかなり凝ったデザインがされていて、トチローの墓をモチーフ
  にしたデザインになっています。
  チューブの様なディテールがありますので、電源を通す電線もディテールの
  一部として張り巡らせました。
B 船体へ差し込む部分に、電源として2ピンのコネクタを取り付けました。
  差し込む時に外れてしまわない様に、パテで固定しましたが、ついでにちょ
  っとしたメカを貼り付けてベースのモニュメントの一部にしています。
C 船体側は、差し込む穴の部分に2ピンのソケットを取り付け、支柱を差し込
  めば接続される位置へ固定しました。
D 支柱を差し込めば、2Pのコネクタが接続され、船体へ電源が供給される仕組
  みです。

支柱の差込み部分が出来ましたので、推進装置を電飾します。
これは、船体の基本塗装が仕上がってから工作しています。
下丸口 電飾.jpg
A 噴射口は、2個に対して1個のLEDで点灯させました。
  LEDの本数を出来るだけ減らす様に工夫するのも、大切なことです。
  噴射口全体が均一に発光する様に、裏から0.3mmのプラ板を貼り付けておき
  ました。
  ここはそんなに強力に発光させる必要はありませんからねー
B プラ板でボックスを作り、黄色LEDを差し込んで遮光しました。
  LEDのおしりはパテで包んで、ガッチリと遮光しています。
C 噴射口の位置へ取り付けました。
  船体は丸く湾曲しているので、合わせ目から光漏れが起こります。
  そこもエポパテで塞いで、光漏れをなくしておきました。
  今回は5Vの電源で電飾しますが、LED2個を直列で繋ぎ、330Ωの抵抗を
  入れています。
  電流値を低くして、光量を抑えてしまい、あまり強力に発光させない様にし
  ました。
D 実際に発光している様子です。
  プラ板を仕込んだおかげで光のスポットも出来ず、均一に発光できました。
  光量もだいぶ抑えられて、自然な発光状態になったと思います。

ベースにコネクタやスイッチを取り付け、5Vを供給します。
ベース 電源.jpg
A ベースの後ろに12VのACアダプタのジャックを差し込むコネクタを取り付
  けますが、開口した部分はナナメのテーパーが付いているので、そのままでは
  ジャックがナナメ上を向いてしまってカッコ悪いです。
  コネクタを水平向きに変換するボードを作って取り付け、ジャックを挿し込ん
  でも水平になる様に調節しました。
B メイン・スイッチと5Vの電源を取り付けました。
  電源は100均のシガーライターからUSB電源の5Vを作り出すアイテムを
  分解して利用しています。
  12Vを5V1Aの電源に変換してくれる便利アイテムです。
  100円のクセにスイッチング電源で、レギュレーターの様に発熱しないので
  模型に仕込むには最適です。
C 電源スイッチとACアダプタの差込口が出来ました。
  余談ですが、どの作品でもACアダプタは12V1Aと電圧を決めています。
  色々な電圧のアダプタを揃えてしまうと、このキットはどのACアダプタを使
  えばよいのか、判らなくなってしまいますからねー(^_^*)
D トチローの墓をモチーフにした電源付きのベースが出来ました。
  割としっかりホールドしてくれて、よくあるいつまでもフラフラしてしまうベ
  ースではありません。

エンジンを電飾します。
エンジン電飾.jpg
A キットのエンジンは上下合わせではなく、円筒を組み合わせていくタイプで、
  合わせ目が極力出来ないばかりか、断面が真円になってくれるありがたい分割
  です。
  噴射口は中心にコーンが付いた一体成型でしたが、中心へ裏から穴を開けると
  コーンがポロリと外れます。
  中がカラッポなので、そのままLEDを仕込んでも遮光が大変なので、コトブ
  キヤのバーニアにLEDを取り付け、光を一方方向に集めるドームを作りまし
  た。
  コーンは、曇らせた透明プラ板に取り付けます。
B バーニアもブラックで遮光して、ピッタリ収まる径に調整した穴に取付けます
C コーンも接着して発光させた様子です。
  曇らせた透明プラ板のおかげで、光が綺麗に拡散してくれました。
  かなり眩しいので、正面から写真を撮る事ができません。
D せっかくエンジンを電飾したし、5Vの電源も来ているので、PICマイコンで
  高速に明減させてみました。
  LED2個のためにマイコンを搭載する贅沢な使い方です。
  ソケットや基盤を使うのも勿体無いので、PICの足を開いて直接抵抗をハンダ
  付けしてしまいました。

アルカディアといえば、海賊らしい体当たり戦法が印象的ですが、その時に船首から飛び出してくるラム(衝角)を製作します。
ラムなど.jpg
A キットにはラムのパーツが付属しますが、先端のシャッターパーツを取り外し
  て差し替える仕様です。
  このシャッターが外れにくくて、塗装をキズ付けてしまう危険があります。
  そこで、先端を開口して一段低い位置へシャッターパーツをハメ込み、差替え
  無しでラムパーツを取り付けられる様に改造しました。
B ラムパーツを差し込んだところです。
  パーツも出刃包丁の様に鋭利に成型して、硬い金属っぽく塗装しました。
C ラムパーツは無くしてしまいそうでしたので、ベースの中に収納を作りました
  って、切り込みを入れたスポンジに挟むだけですけどね(^_^*)
D 海賊旗は、説明書に印刷されている旗を使用しています。
  船尾楼の先にポールを立てて取り付ける様に指示されていますが、ボクはここ
  のメインマストにある海賊旗が好きなので、ポールはオミットしています。
  モデルカステンのメタルリギング0.15へ、風にはためいている感じでクセ
  をつけて取り付けています。
  原作コミックでハーロックが「フヤケた腰ぬけの地球人共によく見せてやるの
  だ」と言っていますよね。
  たまらんです(^_^*)

次回は最終回かな?
塗装の様子をご紹介したいと思います。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(0) 

船尾楼の電飾 [アルカディア原作版 製作記]

今回は船尾楼の製作です(^^)/

船尾楼は、アルカディア号の特徴とも言える建造物で、戦闘には全く関係無いのにズバ抜けてカッコイイ部分ですね(^_^*)
大きな窓がいくつもありますので、電飾しないわけには行かない部分でもあります。
船尾楼 開口.jpg
A キットのパーツを組むとこの様になります。
  どんだけデカイの?という出窓がドドーンと配備されています。
B 窓には下屋(天井)が付くのですが、大窓の方はチップLEDがそのまま収まり
  そうです。
  小窓の方は小さくて収まりそうもありませんので、別の方法で電飾します。
  クリアーパーツが引っ掛かる部分を残して開口しました。
C 後方にも大窓と小窓がありますので開口しました。
D こちらの小窓には、エッチングのメッシュから切り出した格子を貼り付け
  ています。
  この格子は、ナナメになっている描画と垂直になっている描画の2タイプ
  がありますが、今回は横の大窓に合わせて垂直の格子にしました。

後方の大窓にドクロを追加します。
船尾楼 大窓のドクロ.jpg
A この大窓には、困った問題がありまして、そのままでは船尾楼の天井から
  飛び出してしまいます。
  裏から窓全体に光をあてることが出来ません(どんな窓なん?)
B 大窓も垂直の格子になる様にエッチングを切り出しました。
  この大窓には、ドクロマークがシルエットとして浮かび上がります。
  エポパテを使って、ドクロを造型しました。
  デザインは海賊旗のマークを模写しています。
C 大窓に接着しました。
  エッチングの部分は金属なので、光を通しませんが、エポパテのドクロ部
  分は少々透けてしまいます。
D ブラックで遮光塗装してから、レッドブラウンで塗装して、ドクロを筆塗
  りで塗り分けました。
  今回は船体色が明るいので、マホガニーではなくレッドブラウンで明るめ
  に調節しています。

船尾楼の先端にある灯篭には、チップLEDを直接埋め込みました。
船尾楼 灯篭.jpg
A 船尾楼は厚めのプラで成型されているので、チップLEDが収まってくれ
  そうです。
  溝を彫って、黄色チップLEDを直接取り付けました。
  配線も溝を彫って通り道を作っています。
B 彫った部分をエポキシパテで埋めて戻し、バックレます。
C パテで埋める時、チップLEDの発光面のみ、爪楊枝で穴を開けておきま
  した。
  ここから直接光が出てくる仕組みです。
D 灯篭は黄色のクリアー成型されていますので、置いただけでこの輝きです
  光ファイバーでは、ここまで綺麗に発光してくれません。

両舷の窓にもLEDを仕込みます。
船尾楼 窓.jpg
A 大窓は、内部をホワイトで塗装して光を均一に拡散させています。
  下屋の部分に小さな2つの穴が開いていますが、ここにチップLEDの配線
  を通します。
B 小窓は開口した部分の上に溝を彫り、表面から見えない位置にチップLED
  を取り付けました。
  裏からプラ板を貼って、大窓と同様に白い壁面を作ります。
C 大窓・小窓・灯篭のLEDを配線します。
  今回電源は5Vにする事に決定していますので、保護抵抗330Ωを繋ぎ、
  マイナスも1本にまとめて、電源を繋ぐだけで3個が点灯するようにまとめ
  てしまっています。
D 点灯させた様子です。
  窓はバックを白にしたおかげで、どの角度から見ても均一な光となりました
  窓枠もレッドブラウンで塗り分け、細かい格子はドライブラシで塗装してい
  ます。

最後尾の窓は、ちょっと工夫が必要です。
船尾楼 後ろの配線.jpg
A 窓が床から飛び出してしまうので、裏から全体に光を当てることが出来ません
  窓のサイズに切り出した1mmの透明プラ板をはめ込み、その断面にチップ
  LEDの光を入れました。
  バックに白色のプラ板を貼り付けると、光が白地に反射して面で発光してく
  れます。
  LEDは透明エポ接着剤でコーティングします。
B 配線しました。
  こちらも3個のLEDを保護抵抗を入れて並列で繋いでいます。
  後は電源を繋ぐだけで3つの窓が発光してくれます。
C ブラックで遮光しました。
  点灯させたまま吹き付けて、完全に光漏れが無くなるまで塗装します。
D 船尾楼を組み立てた様子です。
  全ての窓と灯篭が綺麗に発光してくれました。
  後部の窓はLEDの配置の関係で光源の明るい部分が見えてしまいましたが
  発光していないよりはマシです(^_^;)

次回は、エンジン、ベースの製作をご紹介しますね。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(2) 

艦橋の電飾 [アルカディア原作版 製作記]

今月のHobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ掲載して頂いている、「ハセガワ 1/1500 アルカディア号 原作コミック版」の製作記をスタートしたいと思います。
今回は艦橋の製作で、電飾のための下ごしらえ、ディテールアップ、そしてLEDの仕込みまでご紹介させて頂きます(^^)/

まずは、艦橋の窓を開口します。
艦橋窓開口.jpg
A キットは、TV版アルカディアを使用して製作していますので、成型色
  は青です(^_^;)
  とても細かいモールドが入っていて素晴らしいです。
B ブリッジの窓を開口しました。
  ドリルで穴を開けて、デザインナイフで繋いでいき、ヤスリで成型する
  という、非常にオーソドックスな方法で開口しています。
  ブリッジの床に三つの丸穴を開けていますが、コミックでもTVシリー
  ズでも床にこんな窓が開いていますので、それを再現しています。
C 最上部にある艦橋にも、窓らしきスリットがありますので、ここも電飾
  してみたいと思います。
  かなり小さくて、綺麗に開口するのは大変かも知れません。
D 司令塔の中腹にもブリッジなのか、窓らしいディテールがあります。
  こちらも電飾してみたいので開口しました。

司令塔の全ての窓を開口した事になります。
艦橋全て開口.jpg
どの窓も小さくて細長いので、開口するのは大変でしたが、全ての窓が発光したアルカディア号って、見たこと無いので挑戦してみようと思います。

アルカディア号のシンボルともいえる、巨大なレーダーをディテールアップします。
ここが精密になっていれば、とても効果的ですよね。
レーダーDU.jpg
A キットのレーダーです。
  格子状のモールドがビッシリと入っていますが、抜けているわけでは
  ありません。
B 外郭だけ残して、内側をくり貫きました。
  ここもドリルでたくさん穴を開けて繋いで成型する方法で開口していま
  す。
  色々なキットで同じような工作をしているので、だいぶスキルアップし
  てきた様な気がします(^_^*)
C 内側にエッチングパーツを使って格子を再現しました。
  もっと細かい格子状のエッチングもあったのですが、あまり細かいと後
  ろが透けて見えないので、逆に効果が薄くなる様な気がして、スカスカ
  にしています。
D サフりました。
  内側ピッタリに切り出せず、ちょっとヨレてしまった部分がありますが、
  元パーツより精度が出てくれたと思います。
  後ろ側が透けて見えるってのをやりたかったんですよ(^_^*)

両舷に付くアンテナも、エッチング化しました。
アンテナ加工.jpg
キットのままでも横縞のモールドが入っていますが、原作ではワイヤーフレームの様な立体です。
エッチングのラッタルを折りたたんで組み立て、立体の格子を作りました。
これだけでも、だいぶ原作のイメージに近づいたと思います。

電飾の下ごしらえが整ったので、塗装します。
黒立ち上げ.jpg
まずはブラックで遮光のための塗装をしました。
実際にLEDを当ててみて、光が透過しなくなるまで吹き付けていますが、吹き付け過ぎるとモールドが死んでしまいますので、塗膜の厚さには気を使います。

サフを吹きました。
サフ反射.jpg
今回塗装する船体色がブルーグレーなので、下地の影響を受け易いです。
サフを軽く吹いて、ブラックを無くしておきました。
このサフは、電飾するブリッジなどの内側にも吹いており、反射率をよくする目的もあります。

船体色を塗装しました。
船体色.jpg
ブルーグレーを吹きました。
実は、原作では黄緑だったりロシアングリーンだったり、作画によってコロコロと色が変わります(^_^;)
この頃の松本先生はご多忙だったのでしょうね
ハセガワの作例見本では、もっと明るいブルーグリーンだし、まさかロシアングリーンで塗るわけにも行かないし。
つまり、自分がカッコイイと思う色で塗っていいんじゃないか?と思いまして、今回は明るいブルーグリーンで塗装してみました。
品があるけど重厚感もある色にしたつもりですけど、ここは好みの問題ですね(^_^*)
ミディアムブルー + 濃松葉色 7:3

基本塗装を終えましたので、LEDを仕込みます
艦橋LED仕込み.jpg
A 最上部の第一ブリッジは、窓の格子の裏に曇らせた透明プラ板を当てて
  光を拡散させます。
  更に、LEDは天井に向けてしまって、直接光が見えない間接照明にし
  ました。
B メインブリッジも同様に、透明プラ板を当てましたが、こちらは多少奥
  にLEDを設置出来ますので、窓の方に向けて一番明るく発光させます。
C メインブリッジは、内部の空間に余裕があるため、後ろ側にも光が漏れ
  まくりです(+_+)
  そこで、エポキシパテで後ろ側を遮って、接着する時にムギュッとして
  密着させました。
D 一番下のブリッジは、光をよく反射してくれる様に、内部にホワイトを
  筆塗りしました。
  あ、書き忘れていましたが、両舷のスポンソンには、エッチングで手摺
  を追加しています。

最下部のブリッジの窓を透明化します。
第三艦橋LED.jpg
表面から見えない位置にLEDを取り付け、白く塗った床面を照らす位置関係にします。
透明なエポキシ接着剤を充填して、窓ガラスを作りました。
接着剤は一生懸命かき混ぜて、細かい泡をたくさん作り、内部で光を乱反射させています。
ある程度硬化したら、さらに盛り付けてLEDまで包み込んでしまい、ブラックで塗装して遮光しました。

組み立てて、垂れ下がった電線を追加します。
艦橋電線.jpg
原作でも描画されている電線を、モデルカステンのメタルリギング0.15で追加しました。
両舷のスポンソンに手摺を追加したのは、このためです(^_^*)
ただ線が垂れ下がっているだけなんでけど、何なんでしょうね?ここに男のロマンを感じます。

艦橋の製作はここで一旦止め、他の部分が仕上がってから、スミ入れや汚しを加えますが、完成状態での電飾点灯状態はこんな感じです。
艦橋点灯 先見せ.jpg
航行灯や翼端灯などが無いので、ブリッジだけの発光ですけど、苦労して開口した甲斐もあって綺麗に発光してくれました。
電球色や白色ではなく、黄色にしたのもケレン味があって良かったと思います(^_^*)
当時のムック本などでは黄色になっていましたからねー

次回は船尾楼の製作をご紹介したいと思います。
よろしくお付き合い下さい。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(0) 

メカコレアンドロメダ完成画像 [MC アンドロメダ 製作記]

メカコレアンドロメダの完成画像です。
今回は作例ではなく、個人的な趣味として製作しました。
ありがたいことに、ツイッターで多くの反響を頂きましたので、まとめて参照できるように製作記としてまめてみました。
完成画像をいくつかアップしてみます。

前から1.jpg
メカコレサイズではありますが、プロポーションは良好で、1/1000と比較しても遜色のない仕上がりです。

後ろから3.jpg
エンジンは高速に明減しており、噴射の様子を再現しています。

艦橋アップ1.jpg
艦橋の窓を何とかくり貫き、発光させました。
細部のディテールアップもしています。

自己照明.jpg
プラ厚を薄々に削り、裏から光を当てて自己照明を再現してみました。
ちょっと反省点は多々ありますが、楽しかったです。

波動砲1.jpg
フルカラーLEDによる、波動砲発射も再現しています。

発射スイッチ.jpg
ベースに取り付けたエンブレムが発射スイッチになっていますが、3分経過すると自動的に波動砲を撃つシーケンスがスタートする様にプログラムしました。
但し、手動でスイッチが押されればいつでも発射可能です(手動優先)

後ろから1.jpg
初めは軽く組んでみるつもりだったのですが、キットの出来がとても良いので、結局電飾してしまいました(^_^*)
おかげさまで、年末年始のお休みを楽しく過ごす事ができました。
やはりアンドロメダはカッコイイですねー

波動砲発射のシーケンス動画を、YouTubeへアップしました。
ちょっと明減の様子が上手く撮れていないのですが、どんな様子かはお伝えできると思います。
ぜひお楽しみ下さい(^^)/

※BGMがあります。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(4) 

メカコレアンドロメダつくったよ [MC アンドロメダ 製作記]

先月のクリスマスイブに、メカコレ アンドロメダを入手して組み立てたのですが、あまりの出来の良さに感動しました(^_^;)
当初は、年末年始の休日に塗装だけで完成させるつもりだったのですが、電飾を仕込みたい病気が発症してしまい、気が付いたら波動砲まで装備させてしまいました(^_^*)
元旦にめでたく完成しまして、ツイッターには製作過程をチョコチョコとアップしていたのですが、せっかく途中写真も撮影していたので、製作記として公開してみようと思います。
製作期間としては9日間で、ゴロゴロしていた日もあったため、正味7日くらいで作ってしまったため、至らないところも多々あるのですが、お楽しみ頂ければ幸いですm(__)m
なお、製作記は1回で済ませてしまいますので、かなり長文となります。

マズは仮組みです。
仮組み.jpg
メカコレサイズでので、どうしても大味なところがありますが、1/1000と比較しても遜色の無いプロポーションは流石バンダイですね。
しかも、分割が絶妙でとても組み立て易く設計されています。
これだけ出来が良いキットなら、電飾仕込みたい病が発症してしまうのも、仕方ないでしょ?(^_^*)

艦橋を電飾するための下ごしらえから着手しました。
裏からギリギリまで掘り込んで肉厚を薄々にします。
P1330617.JPG
WAVEの1.6mmノミでホジホジして、極限まで彫り込みました。
プラが透けて、窓部分だけ発光してくれる効果を狙ったのですが、窓枠までスケスケになってしまうので、結局貫く方法にしました。
P1330609.JPG
今度は表面からエッチングソーで貫いて、貫通させています。
窓は5本ありますが、このままでは両脇の2本が貫通し切れておらず、綺麗に発光してくれません。
止む無く両脇は更にギリギリまで削り込みましたが、抜けちゃったらアウトなので、非常にトリッキーです(-_-)
こんなリスクを冒すなら、クリアーで複製した方が、遥かに確実ですね。
もし、やってみようと思う方がおられたら、複製することをお勧めします(+_+)

艦橋は、精度を上げるディテールアップを加えています。
艦橋のウィング.jpg
後方の斜めのウィングにはディテールが入っているので無加工ですが、両脇へ水平に伸びるウィングは、薄々に削り出しました。
ここだけ超薄々にすると他のウィングとバランスがおかしくなるので、程々に抑えています。
上部に出来る前後の合わせ目はとても目立つので、伸ばしランナーで埋めました。
先端のアンテナも切り取って、後で自作ウィングへ置き換えます。

主砲のウィングも加工しました。
P1330627.JPG
キットでは、主砲に付いているウィングがトホホですので、切り取ってプラ板で自作したパーツに置き換えました。
また、砲身の途中に補強が加えられており、こちらも両脇の目立つ部分だけ切り取って成型しています。

エンジンは、コーンを分離しました。
P1330615.JPG
ノズルはコーンまで一体成型されているので、コーンだけ切り離すのは難しく見えますが、裏から中心へ3mmのドリルで穴を開けるとコーンだけポロリと取れます(^^♪
ノズルの取り付け部分は、3枚の板ではめ込む構造ですが、真ん中だけ切り取って2枚はパーツ保持のため残しておきます。
一気に全部切り取れば楽なのですが、出来るだけ構造体は残した方が、後々助かる事が多いです。

今回、初の試みとして、セルフイルミネーション(長いので以下自己照明)にトライしてみます。
P1330620.jpg
所属や船名を照らす照明ですが、裏からギリギリまで削り込んで光を透過させることで、発光している様に見せるワザです。
海外のスタートレックファンの方が行っていた技法で、日本ではスタトレフリークで有名な小宮山氏が実践・紹介されており、いつかやってみたいと思っていた技法です。

波動砲は、もちろん開口しました
P1330623.jpg
今回もチップタイプのフルカラーLEDを仕込みますが、いつものよりちょっと大きめのフルカラーLEDを仕込み、光量アップを図りたいと思います。

電飾の下ごしらえとディテールアップの目処が付きましたので、遮光してLEDを取り付けます。
遮光塗装.jpg
まずは遮光のため、光る部分をブラックで遮光します。
実際にLEDを当てて、完全に透過しなくなるまで吹き付けました。
塗装.jpg
塗装しました。
船体は1/1000の時に調色したブルー
エアスペリオリティブルー+307 50:50
白 灰色9号
赤 イタリアンレッド
エンジン等 ファントムグレー
甲板 ウッドブラウン(スケールを考慮して濃い目)
小さくても塗り分ける部分は同じですし、ちょっとでもズレると目立ちますので、塗装には丸一日掛かりました(+_+)

自己照明部分は、チップでは光量不足でした
裏にボックス.jpg
チップLEDで間に合うと思っていた自己照明は、透過させる事と、塗装による障害のため、光量不足となりました。
仕方無く、3mmの砲弾型を使いますが、照射角が60°と狭いので、発光面から距離が必要になります。
プラ板でボックスを作って照らしますが、片側だけで内部スペースがいっぱいとなってしまったので、左舷だけの照明となりました。
パテで光盛れ.jpg
プラ板のボックスだけでは隙間が出来るし、LEDのおしりからも光が漏れますから、パテで塞いでから遮光のブラックを吹いています。
発光の様子.jpg
とりあえず、満足のいく光量にはなりましたが、前の照射範囲が狭くて、マーク全体を照らすのは無理そうです。
内部の構造上、これ以上大きく出来ないので、ここはあきらめるしかなさそうです(-_-)
と、まぁ自己照明は予想外のトラブルばっかりで、あまり上手く行った感じではありませんが、今回の反省点は次に作る時、必ず糧になると思います。

サブエンジンはチップLEDです
サブエンジン.jpg
2mmの穴を開けておいたので、イエローの1608チップLEDを取り付けて、エポキシ接着剤でコーティングしました。
光らせながらブラックを吹いて遮光しました。
噴射口側にも接着剤を盛って、ドーム型にしています。
メインエンジンは3mmの砲弾型LEDの先端に、取り出したコーンを貼り付けて、LEDを直付けしています。
メインエンジン.jpg
保護抵抗は、船内の僅かなスペースに押し込みます。
エンジン配線.jpg
メインエンジン用の抵抗はノズルに直付けしていますが、サブエンジン用の抵抗は2段重ねにして4個を、狭くなったスキマに詰め込みました。
配線も出来るだけ構造体の邪魔にならないところを通してまとめています。

波動砲には、フルカラーLEDを使用します。
フルカラーLED.jpg
赤・緑・青(R・G・B)の3色が1つのパッケージに入っており、組み合わせて好きな色を作る事が可能です。
波動砲口に直接取り付けました。
波動砲に取り付け.jpg
この後、エポキシ接着剤を充填して、やはりブラックで遮光しました。

波動砲、艦橋、自己照明など、全てPICにまとめて配線しました。
内部配線.jpg
PICは16F1827のSSOPパッケージで、1cmもない大きさなのに16本のI/Oが使えます。
その代わり、足のピッチが0.65mm、ピン間は0.3mm程度しかないので、ハンダ付けは超難しいです(+_+)
しかも、ポリウレタン線の弾力で足が曲がるし、通常パッケージとピンアサインが違っていたりして、扱うにはちょっとコツが必要なPICです。
小さいことの見返りとしては厳しいところがありますので、あんなに薦められるデバイスとはいえないですね(^_^;)

シールを貼りました。
自己照明.jpg
マーク等のシールは、パネルラインに重なる部分をカットしてから貼り付けています。
どうなんでしょ?一応成功といえるのかな(^_^*)
シールはカット.jpg
付属のシールは、粘着力が非常に高く、失敗して貼り直そうとすると塗膜を持っていかれます。
貼り付けは一発勝負で、慎重に位置合わせして下さい。

ベースは100均です
波動砲スイッチ.jpg
100均のコレクションケースに穴を開け、キットの箱に印刷されているエンブレムを波動砲の発射スイッチにしました。
ベース内部にブッシュスイッチを取り付け、エンブレムは0.3mmプラ板で1箇所だけ固定しており、プラ板の弾力で押し込めるスイッチを作りました。

ベース内部はこんな感じ。
ベースの裏.jpg
スイッチのプルアップ抵抗はベースの中に取り付けました。
電源はマイクロUSBコネクタから供給され、メインスイッチはありません。
コンセントからUSB電源を取るアダプタや、モバイルバッテリーでどこでも展示可能です。

完成しました。
完成画像全体.jpg
スミ入れはエナメルのこげ茶色で薄く、スリットと思われる部分には直接ブラックです。
このサイズで大きく見せるには、細部の加工も重要ですけど、吸気口やスリットにはブラックを流してメリハリを付けてあげると効果的です。
また、ヘタにシャドーなどは入れない方がスッキリしてカッコ良くなります(^_^*)
こんなに小さいんですから、普通のキットとは塗装方法も変わってくるのは当然ですね。
大きさ.jpg

と、いう訳で製作の様子をご紹介しました。
完成画像は別記事としてアップいたします。
長文・乱文、失礼しましたm(__)m

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(0)