So-net無料ブログ作成
検索選択

U-WINGの製作 1 [U-WING & STRIKER 製作記]

HobbyJapan誌 2017.04 No.574へ掲載して頂いた、バンダイ 1/144 U-WING FIGHTER & TIE STRIKER SET の製作記をスタートします(^^)/

今月はビークルモデル タイ・アドバンスドx1&タイ・ファイターと、こちらのU-WINGセットを掲載して頂きました。
キットとしては2個ですけど、ビークルモデルは2機セット、こちらは3機セットですので、5個の作例を同時掲載して頂いた事になります。
最近、小さいものばっかり作ってるなぁ(^_^*)

さて、こちらのキットは、
1.U-WING STAR FIGHTER
U仮組み1.jpg
こちらは翼を展開する事が可能で、1/144なのに、結構な大きさになります。
U仮組み2.jpg
始めはスカリフの戦闘シーンをジオラマにしようと思ったのですが、ベースのサイズがかなり大きくなってしまいそうなので、スッパリあきらめて単品で仕上げました。

2.アサルトタンク
タンク仮組み.jpg
こちらも1/144で、少ないパーツ数なのに、再現度はバッチリです。
塗装して出来上がりでは、作例としてお恥ずかしいので、簡単なジオラマで製作してみます。

3.タイ・ストライカー
スト仮組み.jpg
すごく速そうでカッコイイ機体ですが、劇中では「あ」という間に飛び去ってしまいます。
プラモデルなら、立体物としてじっくりディテールを楽しめますね
余談ですけど、このデザインを見た時、羽を広げて日陰を作り、集まってきた魚を捕食する「クロコサギ」という鳥を連想してしまいました(^_^*)

これらの3機のビークルがセットになっているキットです。
どれもローグワンで大活躍したビークルですので、一度に揃えられてラッキーですね。

さて、まずはU-WINGの製作です。
エンジンは電飾しますが、翼を開閉できますので、閉じた時と開いた時で、発光色を変化させてみたいと思います。
開閉状態を検知するため、マイクロスイッチを仕込みました。
マイクロスイッチ.jpg
機体の一部に四角の穴を開けて、マイクロスイッチを埋め込みました。
ただ、このスイッチがカーゴ部分の窓に干渉しますので、キットのクリアーパーツを加工する必要が出てきます。
閉じたらON.jpg
でも、この位置じゃないと開閉状態をスイッチング出来ないので、仕方ありませんね。
翼を開いている時はブルーに、閉じた時は白色にエンジン光を変化させてみたいと思います。

エンジン光の再現には、フルカラーチップLEDを使用しました。
フルカラーLED.jpg
A フルカラーチップLEDは、こんなに小さなLEDです。
  赤・緑・青(RGB)のLEDが独立してひとつのパッケージに入っている
  特殊なLEDです。
  それぞれの光を合成することで、どんな色でも作り出せるシロモノです。
  赤と青なら紫、赤と緑で黄色、全て光れば白になります。
  翼が開いている時は青だけ発光させて、翼を閉じた時に赤と緑も発光させれば
  白色に発光させる事ができますね。
  つまり、PICなんて使わなくても色を変化させる事ができます(^^♪
B エンジンノズルのパーツにフルカラーLEDを取り付けて、配線を内部に通し
  ています。
  LED自体が小さいので、ノズルに取り付ける事は簡単なのですが、配線が4
  本づつ出てくるので、ちょっと面倒です。
C 配線は、ポッドの取り付けダボ穴から引き出します。
  取り付け基部自体が薄いので、配線を見えない様に通すのは大変です。
D 無事に発光しました。
  ノズルは、単純に穴を開けただけですが、フルカラーLEDは3つの色が独立
  して光るので、見る角度によっては赤く見えたり緑に見えたりします。
  翼を閉じてワープするみたいなので、色々な色に見えるのも面白いかと思い、
  敢えて拡散させるフィルター処理をしませんでした。

配線の通り道は、充分に検討しておかなくてはなりませぬ。
配線通り道.jpg
エンジン1基から4本の線が出てくるうえ、取り付けられる部分は薄くて、翼を可動させるためにスペースが狭いため、配線をどう通すのか充分に検討しておく必要があります(-_-)b
通り道に穴を開けたり、補強をカットしてみて、ちゃんと閉じられるのか確認しておかないと、後で大変な目にあいます。

ウィングには、スリットがありますけど、キットには内側のスリットがありませんでしたのでスジ彫りしました。
内側のスリット.jpg
外側だけでなく、内側にもスリット(溝)があります。
薄い翼の側面に、厚さを均等に直線でスジ彫りするのは難しいので、簡単な冶具を作りました。
プラ板を2枚貼り合せて段差を作っただけですけど、この治具のおかげで綺麗にスリットを彫る事が出来ました(^^)v

コックピットも電飾してみたいと思います。
コックピット電飾.jpg
A 操縦桿は、足置きへのステー部分が開口されていませんでしたのでくり貫き
  ました。
  どうせ、ほとんど見えない部分なんですけどね。
B コックピット正面に、白色チップLEDを取り付けました。
  この位置なら、パイロットを正面から照らしてくれるし、下のカーゴユニッ
  トへも光が届いてくれそうです。
  ただ、そのままでは光が強すぎるので、保護抵抗を4.7kΩにして弱めました
  スケールに合った光の強さに調節するのも、電飾の表現には大切な要素です。
C 光は、下のカーゴユニットへも届いてくれました。
  ぼんやりと光ってくれて、雰囲気もよさそうです。
D 二人のパイロットも、ちゃんと照らし出してくれそうです。
  後ろの空間にはほとんど光が届きませんが、劇中の室内とはちょっと違って
  いるので、見えない方が都合が良いです。

コンソールを追加しました。
コンソール追加.jpg
そのままではLEDがまる見えですので、コンソールを追加しました。
劇中では、計器パネルらしきものはありますが、このようなコンソールはありません。
0.3ミリプラ板に、ビーコレのY-WINGのモールドを削いで貼り付けました。
カーゴ部分の見える位置にも貼り付けています。
何も無いより、メカニックな感じになってくれたので、まぁいいかな(^_^;)

次回は塗装と組み立てをご紹介したいと思います。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(4) 

VM TIE-ADV.&TIE 完成画像 [VM TIE-ADV.&TIE 製作記]

HobbyJapan誌 2017.04 No.574に掲載して頂いた、ビークルモデル タイ・アドバンスドx1&タイファイター セット の完成画像です。

プロップの考証が完璧なキットですので、組んで塗装するだけで充分なクォリティです。
それだけで誌面に掲載していただくワケにはいきませんので、キャノピーをくり貫き、コックピット内装を製作してみました。

まずはタイ・アドバンスドです。
ADV 1.jpg
塗装してスミ入れするだけで、とても手のひらサイズとは思えない完成度になります。
万人にお勧めは出来ませんが、キャノピーをくり貫く事で、更に解像度がアップしてくれます。

後部にある4基のイオンエンジンも、チップLEDにより発光させています。
ADV 2.jpg

コックピット内部を作り込み、電飾を組み込みました。
ADV 3.jpg
壁の赤い幾何学模様や、室内照明も点灯させています。
ADV 4.jpg
ベイダーのフィギュアも座らせてみましたけど、見えないと思って手抜きしていたのが、室内照明でバレバレです(^_^*)
内部も、もっと窮屈なはずですので、もしまた作る機会があったらリベンジしたいところです。

タイ・ファイターもキャノピーをくり貫いて、同様の工作を加えています。
TIE 1.jpg
改めて見ると、球と六角形を組み合わせただけのシンプルなデザインが素晴らしいですよね。

こちらはイオンエンジンは2機です。
TIE 5.jpg

コックピット内部を作り込み、パイロットも乗せました。
TIE 3.jpg
手にとって、覗き込まないと見えない電飾ですけど、このサイズで光っているのは面白いと思います。
TIE 4.jpg

たくさんの方に、作ってみて頂きたいキットだと思いました(^^)/
なんといっても安いですからね(^_^*)

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(2) 

照明と塗装 [VM TIE-ADV.&TIE 製作記]

室内の照明を追加して、イオンエンジンも発光させました。

赤い模様の光だけでは、室内が真っ暗で何も見えません(-_-)
照明を点けることにしました。
室内照明.jpg
白色チップLEDを、前方窓の上に取り付けました。
この位置なら、前から覗いてもLEDが見えないし、視線の上にあるので光の当り方も自然になります。
ただ、そのままでは光が強すぎて、ベイダーが恥ずかしがるので、軽くブラックを吹き付けて光を弱めました。
ブラックは濃い青なので、光は青白くなりますが、それが幸いして劇中っぽくなってくれました。
発光状態.jpg
ちょっと室内がスカスカですよね(^_^;)
照明を点けたおかげで、見えないと思っていた内部が丸見えになっています。
もう少しコックピットを狭く作れば良かったです(+_+)

続いて塗装ですが、機体の色をグレーにするかブルーが強い色にするか、悩ましいところですね。
EP.Ⅳの時はグレーだったのに、EP.Ⅴ~Ⅵはブルーになったみたいで、どちらでも正解です。
今回はブルーが微量に入った306で塗装してみました。
スケールを考えると、特にシャドー吹きもせず、スミ入れするだけで充分ですね。
ただ、ソーラーパネルの枠は、チマチマとマスキングしなくてはなりません。
マスキング.jpg
100均の紙絆創膏を使って、部分的にマスキングしながら塗り分けました。
タミヤのマスキングテープより柔軟性があって、緻密なデコボコにもフィットしてくれます。
しかも安いので、どんどん使ってどんどん交換します(^_^;)
いっぺんにマスキングしてから塗装するより、格段に早く正確に塗装できます。

イオンエンジンも電飾してみます。
イオンエンジン.jpg
ベイダー機は4つ、タイファイターは2つのイオンエンジン噴射口があります。
こんなに小さい噴射口で、X-WINGと同じスピードが出せるとは、なんて効率が良いエンジンなんだと思いますが、詮索してはいけません(^_^;)
0.5ミリの穴を開けてファイバーを仕込み、機体内部に赤色チップLEDを取り付けました。
LEDは2個組で直列にしてあります。
電源は5Vですが、赤色LEDは1.7~2.2Vあれば発光してくれますので、2個並列にしても(保護抵抗は必要)ちゃんと光ります。
こちらもエポキシ接着剤で包み込むように盛り上げて接着しました。

遮光します。
遮光の塗装.jpg
光らせたままブラックを吹き付けて、完全に遮光しました。
LEDを包み込んで接着したのは、塗装で遮光してしまうためです。

完成しちゃいました
ベイダータイ完成.jpg
タイ完成.jpg
普通に組み立てて塗装するだけでも、充分にカッコイイのですが、キャノピー開口によって密度が格段にアップします
それだけ再現度の高いキットだといえますね(^^♪
電飾なんてしなくても良いので、是非一度製作してみる事をお勧めします(^^)/

完成画像は、別記事へアップさせて頂きますね

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(0) 

コックピットの製作 [VM TIE-ADV.&TIE 製作記]

今月のHobbyJapan誌 2017.04 No.574に掲載して頂いた、ビークルモデル タイアドバンスドx1&タイファイターセットの製作記をスタートしたいと思います。

こちらのキットはかなり売れているみたいですね(^^♪
だいぶ遅くなってしまいましたが、この製作記が、これから製作する方のお役に立てれば嬉しいです。
とはいえ、バンダイさんのキットは完成度が非常に高く、プロップとここが違うからこう直しました!的な部分がありません。
そのまま塗装して完成!では、作例としてお恥ずかしいので、ちょっとチャレンジ的な製作をしてみたいと思います。
その一貫として、まずはキャノピーの開口です(^_^*)
とても小さいので、くり貫くなんて無理じゃね?と思われるかも知れませんが、意外とイケちゃうんですよ。これが。
キャノピーくり貫き.jpg
A 窓にピンバイスで、出来るだけたくさんの穴を開けます。
  ドリルは0.5だったかな?大きく開けるより、たくさん開ける事を
  優先しますので、0.5くらいがちょうど良いと思います。
  この時、リューターを使うと、プラが溶けてしまったり、すべって窓
  枠をキズ付けてしまう恐れがありますので、手作業をお勧めします。
B 穴をデザインナイフで繋いで、開口しました。
C デザインナイフで削り込んで、一つ目の窓の開口が終了です。
D どんどん開口していって、最後に中央の窓を開口します。
  中央の窓は、全体を変形させない強度を確保するため、最後にします。

作業時間は、個人差があると思いますけど、ボクの場合は1時間掛かりませんでした。
初めて加工した時は2時間くらい掛かっていたと思いますので、馴れてくるとどんどん早くなると思います(^_^*)
くり貫き比較.jpg
「窓が抜けている」だけですけど、この加工で全体の精度が一気にアップします。
天井ハッチの窓も、同様に開口してあげました。

窓が開くと、中が見えちゃいますよね(^_^;)
コックピットとの間にある、メカの壁を製作します。
前壁のメカ.jpg
始めはプラ板を細かく切ったものをチマチマと貼り付けてみたのですが、じぇんじぇんメカらしくなりません(-_-;)
ふと、思い付いて、ビークルモデルのY-WINGのモールドを薄く削いで貼り付けてみたら、ナカナカ良い感じです。
Y-WINGは勿体無い使い方になりますけど、この方法は他のキットでも使えそうなので、モールド削ぎ落とし専用で一機置いても良いかもです。

コックピット内部も自作するしかありません。
コックピット自作.jpg
0.3ミリのプラ板を組み合わせて、コックピットの内壁を作りました。
キットの取り付けダボは切り取り、ちゃんと内部に納まる大きさで作る必要があります。
実際にはもうちょっと複雑な面構成なのですが、どうせほとんど見えないので、多面体の感じが出来ていればOKだと思います。
シートと、フィギュアも製作してみました。
ベイダー機には、一応ベイダーぽくパテでヘルメットやマントも付けてみましたが、こちらもどうせ見えないのでテキトーです(^_^*)

パーツが全て揃いました。
パーツ一式.jpg
キャノピーを開口したおかげで、これだけのパーツを自作することになります(-_-)
もちろん、ベイダー機だけでなく、タイファイターも同様の工作をしているので、ちょっと面倒ですね。
その代わり、ビークルモデルとは思えない密度感を出す事が出来ますので、手間が掛かったぶん、効果は絶大です。

壁の赤い幾何学模様を光らせてみます。
このサイズで出来るのか、半信半疑で工作してみたのですが、意外とすんなり出来てしまったので、もっとちゃんと作れば良かったなぁと反省しています。
LEDと遮光.jpg
A 奥の壁に、赤色チップLEDを取り付けました。
  透明なエポキシ接着剤をテンコ盛りにして、光が隅々まで行き渡る
  様に盛り付けています。
  エポキシ接着剤は、2種類の樹脂を混ぜて化学反応させますが、そ
  の時激しく攪拌して、たくさんの気泡を作るのがコツです。
  気泡に光が乱反射して、拡散してくれるのです(^^)/
B 一度サフを吹いて、光を反射してくれる色にしました。
C LEDを光らせながら、ブラックで塗装します。
  光が完全に見えなくなるまで吹き付けますが、乾燥させながら吹き
  付ける事で、塗膜が厚くならない様に気をつけています。
D これで完全に遮光できました。
  画像では、光らせている状態です。

ブラックで塗装したついでに、船体もブラックを塗装してしまいました。
塗装はブラックから.jpg
どうせブラックで立ち上げますので、ついでに全パーツを塗装してしまいました。
エアブラシを洗浄するのは時間の無駄ですので、できるだけ少ない回数で塗装していくと時間を有効に使えます(^^♪

幾何学模様を発光させます。
キズで発光.jpg
LEDを発光させながら、タガネの先で塗装を剝がして行きます。
いっぺんにラインを作ろうとすると、線が太くなったり曲がったりしてしまうので、何度もなぞる感じで、少しずつ発光する線を作っていきます。
ここは失敗出来ない一発勝負ですので、慎重に作業します。
壁の端になるほど光が弱くなると思っていたら、意外と綺麗に均一に光ってくれました。
赤い光は直進性が高いので、うまく拡散してくれたのかも知れません。

次回は、室内照明とイオンエンジンの電飾をご紹介したいと思います。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(6) 

たくさん掲載して頂きました(^^)/ [模型の事]

今月のHobbyJapan誌 2017.04 No.574へ、作例を数点、掲載して頂きました(^^♪
HJ_2017_04.jpg.jpg

まずはU-WING&タイストライカーです。
こちらは今月発売になったばかりの新キットで、ローグワンに登場したビークルがセットになっています。
1.U-WING
P1280637.JPG
1/144なので、スカリフのジオラマで製作しようと思っていたら、翼を展開すると意外に大きくて単品で製作する事になりました(^_^;)
そのぶん、塗装に力を入れて、すごく手間の掛かる汚し塗装で仕上げています。
電飾もコックピットの他、エンジンにフルカラーLEDを仕込んで、翼の開閉に連動して色が変化するギミックを加えてみました。

2.アサルトタンク
アサルトタンク.jpg
こちらも1/144スケールで、2台分が入っています。
組んで塗装するだけで充分なクオリティーで、何もいじるところが無いため、ジオラマにしちゃいました(^_^;)
ジェダの街中を進軍するシーンで、建物はプラ板によるスクラッチ、フィギュアも自作しています。
10センチ程度の小さなジオラマです。

3.タイ・ストライカー
P1280610.JPG
メッチャ速そうでカッコ良いのですが、劇中ではあんまり活躍していませんでしたね(^_^;)
こちらは電飾も仕込まず、普通に組んで塗装しただけですが、劇中では一瞬で飛んで行ってしまうため、よく判らなかった細部のディテールも確認できます。
ソーラーパネルは上下に、ある程度は可動します。

更に、タイ・アドバンストx1 & ファイター セットを掲載して頂きました。
こちらはシリーズ7番目となるビークルモデルです。
P1280253.JPG
スケールを感じさせない再現度は健在で、普通に組んで塗装するだけで充分な満足度が得られるキットです。
今回は(今回も?)キャノピーをくり貫き、コックピットを作り込んで、電飾も点けてみました。
タイシリーズの内装で、特徴的な赤く光るライン模様も再現してみました。
ベイダーのフィギュアを座らせて、内部の照明も点けています。

タイ・ファイターも、同様の工作を加えています。
P1280297.JPG
このサイズで、パネル模様まで電飾できるとは思っていなかったのですが、やってみるもんですねぇ(^_^;)
キットではタイファイターは1機しか入っていないので、ベイダーと編隊を組ませるなら、2個買いするしかありませんね

そして、ミニ四駆ドレスアップの連載が最終回となりました。
P1280702.JPG
4ヶ月に渡ってご覧頂き、ありがとうございましたm(__)m
最後はトコトン電飾したらどうなるのか?という事で、マイコンまで使って動きのある派手過ぎる電飾を加えています。
誌面からAR動画でご覧いただけますので、ぜひお楽しみ下さい。

更に、今月のModelGraphix誌 2017.04 No.389へ、タイガーモスを掲載して頂きました(^^)/
0000000033212.jpg
とても模型誌とは思えない表紙ですが、デジタルモデリングについて特集されており、中身は本格的です(^_^;)
こちらへ、ファインモールドからついに発売となった、タイガーモスを掲載して頂きました。
P1270965.JPG
スタジオジブリの名作、「天空の城ラピュタ」に登場する海賊船ですが、今までキットに恵まれずボクも以前にフルスクラッチで製作しています。
それが誰でも簡単にタイガーモスを手にできる時代が来るとは、ファインモールドさんグッジョブです。
あまりにも嬉しくて、ペラも回してしまいました(^_^*)
キットでは、内部も再現されていますので、更に手を加えてディテールアップしてみました。
P1270983.JPG
P1270976.JPG
各部屋には、クルー達を乗せて照明を加え、特にラピュタ好きの方に楽しんでもらえる仕掛けを作り込んでいます。
是非誌面でお確かめ下さい(^^)/

それぞれの作例の製作記も、順次連載していきたいと思っています。
数が多いので、一ヶ月で全て連載できるのか、ちょっと不安ではありますが、よろしくお願いします!

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(15)