So-net無料ブログ作成
検索選択
RO X-WING RED1 製作記 ブログトップ

工作と塗装 [RO X-WING RED1 製作記]

今月のModelGraphix誌 2017.02 No.387へ掲載して頂いた、X-WING RED1 の製作記をスタートします。
っと言っても、もうすぐ次号が発売されちゃうのですが、今頃になってしまってすみません(^_^;)

キットは1/72と1/144のキットがセットになっており、既に発売中の2つのキットを同包した感じです。
でも、今までのX-WINGとはマーキングのコンセプトが違っており、文字の様なマークが多用されています。
今回はマーキングや塗装の違いをCGらしく表現すると共に、得意の電飾を組み込む方向で製作してみました。
まずは1/72を仮組みしてみます。
P1270168.JPG
既に発売されているRED5機まんまですけど、機体側面の赤い部分に僅かな違いがあります。
これでもRED1とは違っているので、デカールでパターンを変更する仕様になっています。
仮組みする事で、塗装の手順や電飾の配線をどう通すのか確認しておきます。
特に電飾は、どこをどう電飾するのか、じっくりと検討しておかないと後で大変な目に合います(^_^;)
手順としては、
1.電飾のための加工
2.ディテールアップ
3.塗装
4.電飾の組み込み
5.最終組み立て 
という順番で製作していく事になります。

エンジンノズルを加工します。
P1270170.JPG
A キットのパーツです。
  開口されていませんので、電飾のために開口しておきます。
B 後ろ側には取り付けのためのダボがありますが、全て切り取ってしまいます。
C それから裏側を、ノズルの格子模様が薄く見える程度までリューターで削って
  行きます。
D 最後に穴の部分のみ貫いて成型すれば完成です。
  更に、底は平面になる様に成型しておきました。

LEDは、バーニアを利用して取り付けます。
P1270179.JPG
A キットのパーツです。
  ノズルを取り付けるためのダボがありますが、これを全て削り取ります。
B 内側は綺麗に成型しておきます。
  これでLEDを仕込めそうですけど、単純にLEDを入れただけではノズルとの
  スキマから光漏れが起こる事が予想できますね(^_^;)
  エンジンは上下貼り合せなので、接着部分からの光漏れも心配です。
C と、いう訳で、もう少し奥まで成型しました。
D 内部にコトブキヤのバーニアを取り付けて、LEDの光を閉じ込めてしまう計画
  です。
  バーニアは、ノズルの削った部分にピッタリハメ込む構造にしました。
  これなら光漏れの心配も無さそうですね。

塗装の前に、配線を通しておきます。
P1270212.JPG
A 主翼のカバーが付く部分に、配線を通すための溝を彫りました。
  組み立ててしまえば、配線は全く見えなくなります。
B 配線は全て下側に集めました。
  開閉ギミックを残したまま、電飾を両立させたいので、動かしても配線に無理な
  力が掛からない様に、出来るだけ中心に持ってきています。
C エンジンパーツは、上下で接着する構造なので、合わせ目を消す作業が必要
  です。
  予め配線を通して接着してしまい、後からノズルを取り付ける方法にしました。
D 配線を通しながら組み立てています。
  4基のエンジンそれぞれからプラスとマイナスの線が出てくるので、8本の配線
  が主翼の下部分に集まりました。
P1270232.JPG
ノズルの部分は、あとから配線しながら取り付けます。
ついでに、主翼の後ろ側の溝にある棒状のディテールを追加しました。

ドロイドには光ファイバーを通します。
P1270239.JPG
電源は支柱から供給されます。
普段は支柱に固定してしまうのですが、今回は機体下面の塗装状態も見たいと思いましたので、取り外し可能にします。
支柱の位置へ、2Pのコネクタを埋め込みました。
ドロイドも自動変化LEDを使って電飾したいと思います。
頭を取り付けるダボを切り取って、光ファイバーを差し込んでいます。
塗装が完了してからファイバーをカットして、断面を光らせる計画です。
LED本体は機体の中に取り付ける事にしました。

塗装しまーす
P1270317.JPG
A まずはブラックから立ち上げています。
  グレーの表面にムラを付けたり、シャドーを作るためです。
B 次にグレーを塗装しますが、その前に主翼正面に出来る合わせ目を
  消しておきます。
  この合わせ目はとても目立ちますので、1/72X-WINGを作る時の
  定番工作になっています
C グレーは、ガイアカラーのニュートラルグレーⅠです。
  ムラムラで「くすみ」を加え、立体的な部分にはシャドーも加えています。
  エンジンや主翼内部のエンジン露出部分、パネル内部などには、薄く吹く事で
  変化をもたせています。
D 赤を塗装しました。
  Mr.Colorの327番です。
  識別帯の幅などは紙面を参照してください。

P1270362.JPG
A 機体側面も赤帯をマスキングで塗りワケました。
  パーツ分けされていますので、バラバラにした状態で赤に塗装しています。
B パイロットも塗装しています。
  製作している時点では、誰が乗るのか判らなかったので、EP.ⅣでX-WINGに
  乗るジョン・D・ブラノンとして塗装しています。
C コックピットは305番で塗装してからデカールを貼りました。
  ここもファイバーで電飾するので、遮光のためにブラックをガッチリ塗装してあります
D 黄色やグレー、水色などを塗装しました。
  以前の機体に比べて、塗りわけ部分はかなり多いです。
  マスキングして吹く作業が続きますが、1/144も同時に塗装作業しています。
  エアブラシの洗浄回数が減りますし、塗り忘れも防止できて効率が良いのです。

基本塗装が終了しました。
P1270389.JPG
エンジンポッドの黄色部分は、マーキングと重なるのでデカールを使いました。
レーザーの中間にある黄色部分も、デカールと重なるので塗装しなくても良かった部分です。
デカールと重ならない部分は、全て塗装で仕上げました。

スミ入れ後、デカールを貼って汚しを加えます。
P1270423.JPG
A スミ入れはエナメルで、フラットアースとニュートラルグレーで作ったこげ茶色です。
  ジャーマングレーは緑が発色してしまうので使いません。
  パネルラインはキッチリ発色しなくても良いので、薄く流しています。
  それからデカールを貼りました。
  細かいマーキングがたくさんあって、デカール貼りだけで一日掛かります。
B ドロイドはミドルストーンで塗装してからシルバー部分を筆塗りです。
C 剝げチョロは面相筆で機体色をチョン置きしています。
  大きな剝がれはほとんど無く、パネルラインのエッジに添って僅かにある
  程度です。
D 主翼表面には、パネルラインを意識させそうな汚れがあります。
  メモ紙を置いて、ウェザリングマスターで、スス汚れを描きました。

次回は電飾の工作をご紹介したいと思います。


現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(0) 

電飾の工作 [RO X-WING RED1 製作記]

今回は1/72 X-WingRED1への電飾の工作です。

電飾には、変化を持たせたかったので、PICマイコンを使用しました。
72_X-Wing 電飾回路.PNG
こちらは、以前1/72 X-Wingを電飾した時の回路を、そのまま使用しています。
PIC12F675を使って、4基のエンジン光を高速に明減させて噴射の様子を再現しています。
同時に、コンソールを赤と緑の交互点滅させたいのですが、12F675の出力端子が1本しか空いていません。
そこで、1本の出力が+5Vと0Vになる度に、片方ずつ点灯するように回路を工夫してみました。
GP5が5Vの時は、マイナスに接続されている緑のLEDが点灯します。
5Vに接続されている赤のLEDは、電圧差が無いので点灯しません。
GP5が0V(マイナス)になると、今度は5Vに接続されている赤のLEDが点灯します。
マイナスに接続されている緑のLEDは、やはり電圧差が無いので点灯しません。
GP5がHIの時とLOの時で、2個のLEDを交互に点灯させる事が出来ます(^^♪

コンソール用のLEDは、設置スペースを無理矢理確保するため、チップLEDを使います。
光ファイバーを差し込むための穴も自作するしかありませんなぁ(-_-)
P1270576.JPG
A 赤と緑のチップLEDを配線しました。
  抵抗もチップを使って、約5ミリの幅で仕上げています。
  先の回路図の、赤四角の部分になります。
B キットのコックピットの下にある、僅かなスキマに光源を作ります。
  チップLEDの発光面を挟み込む様に、プラ棒で仕切りを作り、ファイバーを
  差し込めるスリットを作りました。
C チップ部分とプラ板をブラックで塗装します。
  Cは緑が点灯しているところ、Dは赤が点灯しています。
  小さいけど、光ファイバーを数本差し込むには充分な光源が出来ました。

光ファイバーを植えちゃいます
P1270582.JPG
サイドと正面のコンソールに穴を開け、0.25ミリの光ファイバーを植えて、光源へと接続して行きます。
コンソールにはデカールを貼ってあるので、それらしい位置に光点を作ってみました。

マイコンを取り付け、ドロイド用のLEDも取り付けました。
P1270591.JPG
A PICマイコン12F675です。
  普通のパッケージでは収まらないので、基盤実装用のSOPタイプを使いました。
  チップLEDを足へ直付けし、エンジン発光LEDを制御しています。
  とにかく内部が狭いので、何でもミニサイズです(^_^*)
B ドロイド用LEDは3ミリの砲弾型ですが、内部に納めつつドロイドの方を向かせる
  ために、こんなナナメの取り付け方になりました。
  熱収縮チューブで遮光して、先端に0.3ミリの穴を3つ開けて、ドロイドのカメラアイ
  を点灯させています。
  こちらは5Vを直接入れれば自動的に色が変化するLEDなのですが、そのまま5V
  を与えたら発熱しやがりましたので、10mA程度に落とす抵抗を入れました。
C ここにコンソール用のチップLEDが2個入っています。
  反対側には、10数本の光ファイバーが差し込まれています。

実際の点灯動作の様子を動画にしてみましたのでご覧下さい(^^)/

※BGMはありません

自動変化LEDは、ゆっくりと色が変わっていくタイプなので、ちょっと再生時間が足りないのですが、まぁ、何となく雰囲気はわかって頂けると思います(^_^*)

エンジンも高速に明減させる事が出来て、満足です
P1270618.JPG

さて、これで1/72 X-WingRED1が完成です。
次回はセットになっている1/144X-WingRED1の製作をご紹介したいと思います。
P1270443.JPG
次の号の発売に間に合わなくてすみません(>_<)
製作記は、もうちょっとだけ続きます!

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(6) 

1/144 X-WINGの製作 [RO X-WING RED1 製作記]

今回は1/144のX-WingRED1の製作です。

1/144の方も、10センチ程度のキットなのに、繊細なディテールで再現されています。
P1220456.JPG
こちらは、先出のビークルモデルのX-WINGと同じですね。
でも、あちらはRED5を再現しているキットで、ローグワンのRED1ではカラーリングが全く違っています。
何より、文字やマーキングが全然違うので、RED1を再現するためには、デカールが絶対に必要です。

まずは電飾のための工作と、細部のディテールアップから着手します。
P1270278.JPG
A エンジンは光らせたいのですが、小さくて3ミリの砲弾型は内蔵不可能です。
  ノズル内部をくり貫いたり、電線の通り道を作っておいて、遮光を含めた塗装を
  してからピンク色のチップLEDを取り付けます。
B キャノピーをくり貫きました。
  小さいので一見すると無理な加工に思えるかも知れませんが、ドリルでたくさん
  穴を開けて、デザインナイフで繋ぐ方法でいけちゃいました(^_^*)
C コックピット内部もくり貫いています。
  内部を作り込んで、電飾もしてみたいと思います。
D キャノピーを乗せてみました。
  小さいキャノピーが、スキマ無くピッタリ収まるのは、流石バンダイクォリティです。

パイロットやコンソールを作り込みます。
P1270288.JPG 
A MS FIGURE 01から、1/144のパイロットフィギュアを自作します。
B 手足を切ったり貼ったりして、ポージングを変えました。
  ディテールが完全再現とはいきませんでしたけど、雰囲気は出てくれた
  ような気がします。
C コンソールは、0.3ミリのプラ板で自作しました。
  現物合わせでチマチマと組み立てています。
D シート後ろのメカも追加しました。
  ここはキャノピーを被せると殆ど見えなくなりますのでテキトーです。

コンソールにLEDを仕込みます。
P1270314.JPG
A 横が光るタイプのチップLEDを3個仕込みました。
  両脇のコンソールには上向きに、正面のコンソールはパネルへ発光面を
  向けて取り付けています。
B 透明なエポキシ接着剤で、LEDを完全に包み込んで固定しました。
  プラ板の光らせたい面をカバーする量で盛り付けています。
  光が通る部分を作っている感じです。
C この時点では、電源をどうするか決めていなかったので、CRDを取り付け
  ました。
  LED2個直列にCRD1個と、LED1個にCRD1個で、2個のCRDが繋が
  っています。
  後程、電源は5Vになったので、LED1個に対してCRD1個に変更となりま
  した。
D 発光させてみた状態てす。
  0.3ミリプラ板の透過性は良好で、充分な光量で光ってくれました。
  遮光のブラックを吹いてから塗装を進め、最終的に虫ピンで小さな穴を開け
  る事で、光ファイバーでは作れない微小な光点を作ります。

塗装へと進みます。
P1270359.JPG
A 1/72と同様に、まずはブラックで塗装します。
  コンソールは、LEDを発光させながら、まんべん無く吹き付けて完全に遮光
  しておきます。
B グレーと赤帯を塗装しました。
  流石に赤帯は別パーツ化されていませんので、マスキングで塗装しました。
C 1/72のキャノピーと比較してみます。
  小さくても、充分な再現度ですね。
D パイロットは機体下側のパーツに取り付けました。
  塗装するのに楽なもので(^_^;)
  こちらのパイロットも、ジョン・D・ブラノンとして塗装しています。

塗装は2機同時に進めています。
P1270404.JPG
塗りわけは沢山ありますので、出来るだけ同じ色は一緒に吹いています。
そうする事で、塗り忘れも防止できるし、作業効率がメッチャ良くなります。

スミ入れ、汚しを加えて、機体の完成です。
P1270440.JPG
P1270441.JPG
1/72と同様に、スミ入れ、汚し、トップコートまで仕上げてしまいました。
これから電飾を仕込むので、まだどこも接着していません。
バンダイのキットは、接着剤不要で組み立てられるので、こうして塗装を先に仕上げてしまう手順が使えて助かります。

電飾を仕込んでいきませう。
P1270627.JPG
A エンジンは、ノズル内部もブラックで遮光済みですので、配線とチップLEDを
  仕込みます。
  そのままですとLEDの光点が丸見えですので、一応曇らせた透明プラ板で
  フタをしてあります。
B 配線は、やはり下側に集めています。
  可動を両立させるため、開閉時に配線へ無理な力が掛からない様に配線し
  ています。
C 閉じる直前の画像です。
  マイナスはまとめてしまって、配線の本数を減らしましたが、4基のエンジン
  のプラス線と電源2本の、計6本の電線を引き出す事になりました。
D 配線は支柱の中を通し、ベースへと引き伸ばしています。
  流石に、このサイズにマイコンを収めるのは無理ですね。

仕上げです!
P1270633.JPG
A エンジンは、あとから接着したのに、光漏れも無く綺麗に発光してくれました。
  ただ、合わせ目の処理が出来なかったのが心残りではあります。
B コンソールは、虫ピンの先で小さな穴を空けて光点を作ります。
  失敗出来ない一発勝負なので、綺麗に揃えて穴を開けるのは緊張します。
C 正面のコンソールには、ちょっと大きな四角を作って、パイロットを照らす光
  を作りました。
  様子を見ながら四角を大きくしていき、光の強さを調整しています。
D キットの内部にはPICマイコンどころか、抵抗1本でも収まらないので、制御
  回路はベースの内部に取り付けています。
  1/72と同じプログラムを書き込んだ12F675を使いましたが、コンソールの
  交互点滅端子は使っていません。
  エンジン光の高速明減のみになります。
  電源は、100均なのに200円の、コンセントからUSB電源を作るアダプタを
  使って、直接5Vを供給しています。
  スマホでお馴染みのマイクロUSBコネクタで、コンパクトで確実な接続になっ
  ています。

完成しましたー
P1270649.JPG
小さいけど、1/72の子供みたいなカワイイX-WingRED1が完成しました(^^♪
キットでは、全部ではありませんが、特徴的な部分のデカールも付属していますので、再現性も良好です。
大きさに見合った汚しを加える事で、スケールを感じさせない仕上がりを目指しました。

最後に、1/72のデカールを貼る前の、塗りわけ状態を貼っておきますので、塗装される方はぜひご活用下さい。
P1270389.JPG
コックピット前には、RED5には無いパネルがありますので、プラペーパーで再現しています。
レーザー基部の上に水色の四角があるのでお忘れなく。
右上翼の赤い識別帯に、バンダイの塗装指示には白い長四角が2本ありますが、設定にはありません。
P1270390.JPG
船体下は、細かいグレーの塗りわけ部分がたくさんあります。
中央のグレー部分は見落としがちですのでお気を付け下さい
P1270417.JPG
レーザー取り付け部分は、グレーの部分があります。
デカールを使用すれば問題ありませんが、塗装で仕上げる場合は赤部分とスキマや重なりが出来ない様に、ピッタリとマスキングする必要があります。

さて、これで製作記は終了です。
ちょっと慌しい記事になってしまってすみません。
完成画像は、いつものように別記事としてアップさせて頂きますね(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(4) 

X-WingRED1完成画像 [RO X-WING RED1 製作記]

ModelGraphix誌 2017.02 No.387へ掲載して頂いた、1/72 Xウイング・スターファイターレッド中隊仕様 スペシャルセット の完成画像です。

まずは1/72X-Wimgからです。
P1270654.JPG
ローグワン仕様のX-Wingは、独特のカラーリングと、特徴的なデカールで再現されています。
特にデカールは、今までは無かった文字の様な特殊なマーキングが多用されており、ローグワンのX-WINGを再現するための、重要なキーアイテムになっています。

P1270658.JPG
今回はデカールはマーキングと重なっている部分のみに使用して、ほぼ塗装で仕上げています。
汚れているけど、白い機体を維持して、CGの様な仕上がりを目指しました。

P1270662.JPG
P1270666.JPG
PICマイコンを内蔵し、コックピットには交互点滅する赤と緑の光を、そしてエンジンはピンクで高速に明減させて、噴射の様子を再現しています。
ドロイドも、自動的に色が変化するLEDを使って、3個のカメラアイを電飾しました。
実際の点灯の様子を、動画にしてみましたので、是非ご覧下さい。

※BGMはありません


P1270676.JPG
機体には、汚しの他に塗装の剝がれも再現しています。
大きな剝がれが無く、パネルラインに添った細かい剝がれを書き込んでいます。

P1270679.JPG
機体はベースから取り外しも可能で、機体下面の様子も楽しむ事が出来る仕様としました。

続いて、1/144のX-WING RED1です。
P1270692.JPG
P1270696.JPG
繊細なモールドで、1/144とは思えない解像度です。
こちらも、ほとんどを塗装で仕上げています。
塗装は1/72と同時進行で進め、効率良く作業しました。

P1270697.JPG
キャノピーを開口して、コックピットを作り込み、コンソール等を電飾しています。
エンジンも高速明減させていますが、流石に機体内部には収まらないので、ベース内に回路を組んでいます。

P1270698.JPG
小さいけど、とても作り応えのあるキットだと思います。
ディテールはしっかりしているし、小さくて安価なので、機会があれば、ジオラマでも製作してみたいですね。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(0) 
RO X-WING RED1 製作記 ブログトップ