So-net無料ブログ作成
検索選択
VM Y-WING 製作記 ブログトップ

VM Y-WING 掲載(^^)/ [VM Y-WING 製作記]

今月のHobbyJapan誌 2016.12 No570 へ、ビークルモデル Y-WINGを掲載して頂きました(^^)/
HobbyJapan201612.jpg
相変わらず、物凄い再現度のバンダイクオリティーで、素組みにスミ入れするだけでも充分にカッコイイです(^_^;)
今回はキットを3個使って、EP.Ⅳのクライマックス、トレンチ攻略のシーンを再現してみました。
爆発.jpg
ゴールド5を先頭に、ゴールドリーダー、ゴールド2の3機で突入するのですが、ゴールド2がベイダーによって破壊された瞬間をジオラマ化しています。
トレンチ内は、過去に発売されたキットに付属していたベースを組み合わせて製作しました。
配管は真鍮線で貼り直し、一応、ゴールド5とゴールドリーダー機を作り分けています。
頃合を見て、製作記も連載たいと思いますので、よろしくお願いします(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(6) 

電飾準備と改修 [VM Y-WING 製作記]

今月のHobbyJapan誌 2016.12 No570 へ掲載して頂いている、ビークルモデル Y-WINGの製作記を連載開始したいと思います(^^)/

ずっとビークルモデルを作ってきましたけど、今回もまた再現度がすごいですね。
P1250800.JPG
10センチくらいしか無いのに、1/72と見間違う程の再現度で、クラクラしますわ
P1250799.JPG
作例としては困ってしまうのですが、今回も精度をよりアップさせ、電飾を仕込む方向で行きます。
更に、どうせ作るなら、3機使ってGOLD中隊を再現してみようと思います。
誌面をご覧になった方はご存知だと思いますが、GOLDリーダーとGOLD5機を作りワケ、GOLD2は爆破されているシーンのジオラマに仕立てました(^^♪

まずは細部の改修からです。
P1250809.JPG
A キャノピーをくり貫きました。
  こちらは比較的フレームが太いので、ポーX-Wingに比べたら全然楽チンです。
  出来るだけ薄く見える様に、内側に角度を付けて開口しました。
B 機体後部のガードは、抜きの関係でシャープになっていません。
  均一な太さに削り出してあげました。
C 凄い成型技術ではありますが、やはり配管が板になってしまった部分があります。
  目立つ配管は削り取って、真鍮線に取り替える準備をしました。
  配管の下のディテールに、違和感が出ない様に削り取りますが、なーに、そんなに
  神経質にならなくても、小さいので大丈夫です(^_^;)
D ゴールドリーダー機の場合は、機体横に走る配管はそのまま使えそうです。
  キットでは断面がカマボコ型になっているので、円に成型してあげました。

コックピットを作り込みます。
P1250823.JPG
A コックピット内部が平面になっていますので、切り取って空間を作りました。
  エッジの部分はキャノピーパーツが付くので、少しだけ残してあります。
B パイロットには、waveの1/144汎用フィギュアを使いました。
  ちょうど、座っているポーズがあったのでラッキーです。
C コンソールをプラ板で組んで、後部にメカやパイピングを加え、パイロットを乗せて
  みました。
  1/144ではちょっと大きかったみたいですが、これ以上小さくしようとすると1/150
  となって、今度は小さ過ぎます。
D GOLDリーダーとGOLD5の2機分のコックピットを作りました。
  工作の内容は同じです。

エンジン電飾のための準備をしておきます。
P1250884.JPG
A エンジンを発光させたいのですが、キットのエンジンパーツには、噴射口にモールド
  が入っていて、これを壊したくありません。
  内部から5mmのドリルで削り、薄々にしています。
B ドリルでは、底がすり鉢状になるので、彫刻刀で平面にしました。
C 左の未加工に比べて、薄くなった分、明るく発光してくれました。
  モールドもシルエットになってくれたので、狙い通りです。
  今回はジオラマにするので、光の強さが弱くてもOK(強すぎると後ろの機体が
  ピンク色になる)でしたが、強い光が欲しい場合は、別のアプローチが必要に
  なってくると思います。
D 船体下の、スタンドが付く部分に、2Pのコネクタを取り付けました。
  穴を広げて、エポキシ接着剤で固定します。

主翼の上の配管も、一部を削り取りました。
P1250901.JPG
主翼のほぼ中央に走る細い配管は、宙に浮いているのが正解ですので、板状になった配管を削り取り、後から真鍮線に置き換えます。
羽の前で下に落ちる配管も、板になっているのがバレバレですので、削り取ってしまいました。
GOLD5の場合は、更にほとんどの配管を削り取る必要があります。

配線してしまいます。
P1250912.JPG
エンジンの半分を接着して、機体からエンジンへと配線を通しました。
幸い、下側に別パーツが付く構造ですので、段落ちモールドを彫る治具で溝を彫り、配線を通すスペースを確保しています。

GOLD5の違いを工作します。
キットはGOLDリーダー機を再現していますので、そのまま組めばGOLDリーダー機になりますが、GOLD5として製作するには、ちょっと加工しなくてはならない部分が出てきます。
P1250923.JPG
首の部分は、GOLD5機では左右に同じ部品が使われています。
破壊予定のGOLD2機から、パーツの一部を切り取って貼り付け、左右を同じパーツにしました。
他にも細かいパーツが追加されている部分もありますが、このサイズでは再現は無理とあきらめています。

一部のパーツの向きを変えます。
P1250929.JPG
赤四角部分のパーツは、GOLD5の場合は右へ90度回転させた状態で取り付けられています。
キットからパーツを慎重に削り取り、回転させて再接着します。

機首のモールドを貼り替えます
P1250939.JPG
GOLD5では、機首の四角モールドも違っています。
キットのモールドを削り取り、0.1mmプラペーパーで再現しました。
黄色ラインの通り道も、リーダー機より少し後ろにズレているので、キットのモールドは埋めてしまっています。

配管は、金属線に置き換えます。
P1250943.JPG
GOLD5の場合、ほとんどの配管が置き換えになります。
塗装で若干太くなる傾向があるので、細めの真鍮線で作りました。
0.2mmと0.4mmが中心になると思います。
GOLD5の特徴として、機首の後ろの配管がポイントです。
P1250945.JPG
支える様な形状で太めの配管があります。
これは他の機体には無い特徴なので、GOLD5として作るなら外せないポイントです。

真鍮線への置き換えが終了しました。
P1250955.JPG
GOLDリーダー機は、板状になってしまっている部分のみ、真鍮線に置き換えていますが、GOLD5の場合は通り道や太さがちょっと違う部分があるため、ほとんどを置き換える必要があります。
パッと見、違いなんてわかんないですけどね(^_^*)

次回は細部の改修の続きと、塗装をご紹介したいと思います。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(4) 

偏向版と塗装 [VM Y-WING 製作記]

偏向版の改修と塗装です。

エンジンの最後尾にある偏向版ですが、キットではなんと、一体成型です。
P1250958.JPG
A キットのパーツです。
  これだけ複雑なパーツが、なんと一体成型です。
  組み立ては超簡単になりますが、代償としてディテールがイマイチです。
B GOLDリーダー、GOLD5の両方には、偏向版の前に、6角のフレームがありま
  す(GOLD2には無い)が、ただの板になっています。
  削り取って、真鍮線に置き換えました。
C リングは2重になっていますが、内側のリングが太過ぎます。
  置き換えるのは大変なので、カンナ掛けでシャープに削り出しました。
D 偏向版の中央に、穴が開いていて中にメカがありますが、埋まっています。
  周辺をデザインナイフでくり貫き、開口しました。
  ちなみに、穴は6角形です。

改修作業が終了しました(^^♪
P1250967.JPG
サフを吹いてみると、工作の成果を確認出来てモチベアップです。
配管類を真鍮線に置き換えると、格段に精度が上がってくれますね。

続いて、塗装に入ります。
電飾のための加工は終了していますので、塗装してからLEDを組み込みます。
まずはブラックで下地を作ります。
P1250975.JPG
この時、エンジンパーツは、中でLEDを発光させながら塗装して、遮光を完璧にしておきます。
噴射口にはブラックを吹かず、光が透過するようにしています。

機体色を吹きました。
P1250982.JPG
ガイアカラーの、ニュートラルグレーⅠを吹きました。
この後のウォッシングで黄色に振りますので、多少青味があってもムラを付けてランダムに吹いています。
スケールが小さいので、影の部分も小さく残しています。

まずはGOLDリーダーの塗装です。
イエローとブルーを塗り分けました。
P1250985.JPG

エンジンには、イエローのラインもあります。
P1250986.JPG
別パーツとなるエッジ部分に、イエローのラインを描きました。
マスキングが面倒だったので、筆塗りです。

機首部分も塗り分けました。
P1250988.JPG
こちらはキットのままですので、イエローはスジ彫りのままマスキングで塗装しています。
ブルーの部分はエンジンポッドの前部分に帯があります。
それと、キャノピーもブルーですが、前から後ろへ微妙なグラデーションを付けてみました。
機首の横に、ブルーのラインがありますので、忘れずに(^^)b

次に、GOLD5ですが、こちらはちょっと面倒です。
P1250992.JPG

エンジン先端はイエローです。
P1250994.JPG
ブルーの帯はありませんが、先端はイエローで、グレーのはがれ痕があります。
はがれは筆で書き込みました。
更に、コーンの先端には、三角のマーキングがあります。
マスキングして、ブラックグレーで塗装しました。
キッチリ中央に描かないと、正面から見た時にカッコ悪いので注意ですね。

機首部分の塗りワケはメンドクセーです。
P1250998.JPG
パネルに色分け部分がありますので、マスキングしてダークシーグレーで塗装しています。
イエローはキットのスジ彫りより少しだけ後ろにズレています。
下面のイエローもズレているのですが、ここでスジ彫りを埋めるのを忘れていた事に気付きました。
今更埋めて塗装をやり直すのはシンドイので、バックレています(^_^*)
なお、両機共、コックピット内部はMr.Colorの305で塗装しています。

配管を塗装します。
P1260004.JPG
GOLD5は、配管が全てブラウンになります。
とりあえずイエローを加えたブラウンで筆塗りしていますが、実際にはこんな派手な色ではありません。
ここへガイアのニューとラルグレーⅠや、イエローをランダムに重ねて、質感のある配管に仕上げています。

スミ入れしました。
P1260008.JPG
スミ入れはエナメルで、フラットアースとニューとラルグレーを混ぜた、明るいコゲ茶で全体に流し、ウォッシングの要領で全体に馴染ませつつふき取りました。
更にエナメルのフラットブラックとフラットアースを混ぜた、濃いコゲ茶で彫りの深い部分や、メカの露出している部分をクッキリとさせています。
汚しは面白くて、加えすぎて真っ黒になってしまいがちです。
元の色が白だった事を意識して、全然足りないなー位でちょうど良いです。
この汚し塗装は、もちろんGOLDリーダー機にも加えています。

仕上げです。
P1260015.JPG
ドロイドは、GOLDリーダーにはシルバー単色で、GOLD5はR2タイプが乗っています。
小さいので塗りワケは大変ですが、何となく程度でも塗装してあげると引き立ちます。
ウェザリングマスターでスス汚れ等も加えて、塗装がほぼ終了しました。
つや消しでトップコートして、いよいよ電飾を仕込みます(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(2) 

電飾の仕込み [VM Y-WING 製作記]

電飾を仕込みます

まず、エンジンへLEDを仕込みます
P1260073.JPG
A エンジンの内径は5ミリ程あり、3ミリのLEDが余裕で収まります。
  逆に、隙間が出来てしまうと遮光が面倒になりますので、径を太くして隙間を
  無くしてから取り付けます。
  LEDに5ミリのプラパイプをかぶせてから、熱収縮チューブを使ってLEDと
  CRDを遮光してしまいました。
  径も太くなりますし、LEDを中心に固定できます。
B エンジンに取り付けて、配線しました。
  すでに配線はポッドから引き出してありますので、結線するだけです。
  光漏れが無いか、点灯させて確認しています。
C エンジンをポッドに接着しました。
  ダボはカットして、簡単に分解できる様にしてあります。
  エンジン部分だけで遮光が完結していますので、組み立てるだけで済みます。
D 発光させてみました。
  エンジンの光が強すぎると、後ろにいる別の機体をピンク色に照らしてしまい
  ます。
  でも、噴射口のディテールは影となって見えて欲しいですよね。
  そんなわがままな光の強さは、噴射口に機体色を少しずつ吹いて調整して
  あげます。

コックピットを電飾します。
P1260083.JPG
A コンソールはプラ板で自作していますが、正面のコンソールのみ、裏側の塗装を
  剥がします。
  そこへ、CRDを通した白色チップLEDを取り付けました。
B 透明なエポキシ接着剤でコーティングして、硬化させてからブラックで遮光してい
  ます。
  画像では点灯させている状態ですが、全く光が出てこない状態になっています。
C 正面のコンソールに、虫ピンで小さな穴を開けました。
  中央部分だけ大きく削って、コックピットの照明にしています。
  ここも光量がポイントとなりますので、仮組みしながら光の強さを削る量で調整
  してあげます。
  光が強過ぎると、リアリティーが無くなってしまうので、加減が必要です。

パイロットを乗せました。
P1260106.JPG
A waveの1/144フィギュアを使って、パイロットを作りました。
  あちこち削ったり、胸に四角の装置を追加する加工をしています。
  シートの背もたれも、フィギュア側に接着しちゃっています。
B 塗装しました。
  せっかく2機を作り分けていますので、GOLD5は「ディヴィッシュ・クレイル」、
  GOLDリーダーは「ダッチ・ヴァンダー」として、ヘルメットも塗り分けてみました。
C・D パイロットを取り付けてみた状態です。
   せっかく塗り分けてみたのですが、キャノピーを被せると誰なのかわかりま
   せんね(-_-)

支柱も製作しておきます。
P1260147.JPG
電源は、支柱から供給しますので、2ピンのコネクタを付けておく必要があります。
1.4ミリの真鍮パイプの側面に穴を開け、2本の配線を支柱の中に通しました。
片方には熱収縮チューブを被せて、ショートしないように絶縁しています。
瞬着で固定してから、更にエポキシ接着剤でガッチリと固めてしまい、ミッチャクロンを吹いてからブラックで塗装しています。
支柱は2本製作しますが、配線がショートしていないか、必ず確認しておきます。

これで2機のY-WINGが完成です
P1260131.JPG
電飾も程良い光量で光ってくれました。
別に無理をして電飾なんか仕込まなくても、塗装をじっくり楽しむのも良いキットですね。

さて、GOLD中隊には、GOLD2もいますよね。
こちらは、ベイダーによって破壊された瞬間として製作しようと思います。
P1260169.JPG
A GOLD2は、ほとんどシルエットになりますので、塗装は暗いグレー単色にします。
  キットを切り刻んで、バラバラになった状態にしました。
B パーツを固定するには、プラ板や金属を使うと、それもシルエットになってしまいます。
  透明なランナーを切り取って、そこへ固定して目立たなくしています。
  支柱だけは真鍮パイプを使って、しっかりと支えられる強度を持たせました。
  今度は横から支えますので、支柱は横向きに挿しています。
C パーツを接着して、裏からシルエットを作る位置にLEDを固定しました。
  2個あれば充分かと思ったら、3個使わないと迫力が出ませんでした。
  できれば、もっと増やしたかったくらいです(^_^;)
D ブラックを吹き付けた手芸用の脱脂綿で、噴煙を表現しました。
  綿が光を拡散してくれて、爆発している感じになってくれます。
  映像を見ると、前後に流れる様なスピード感のあるやられっぷりですので、噴煙も
  似せて巻き付けてみました。
  形が決まったら、細かいパーツを埋め込んで、バラバラになったパーツのシルエット
  も追加しておきます。

次回はベースの製作をご紹介したいと思います(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(8) 

ベースの製作 [VM Y-WING 製作記]

今回はベースの製作です。

ベースとして、GOLD中隊が突入したトレンチを製作してみます。
P1260031.JPG
過去のバンダイのキットに付属していたデススターのパネルを並べてみました。
2×4枚で床と壁を作ります。
実際のトレンチは、こんな数では収まりませんが、イタズラにベースを大きくしても作品がボケてしまうだけなので、コンパクトに仕上げています。
プラ板で箱組みして、電池が収まる高さを作り、壁は2ミリのプラ板そのままです。

キットレビューとしてもベースを活用したいので、一部を分離可能にしました。
P1260032.JPG
ベースの一角がスライドして外れ、単品展示用のベースになるように加工しています。
この中に電池を入れて、取り外した時にはACアダプタから電池に切り替る仕組みにします。

内部の強度を確保します。
P1260036.JPG
一部を取り外せる様にしたので、構造体としては非常に弱くなります。
また、後ろの壁のゆがみも極力抑えたいので、内部には補強をたくさん入れて、しっかりしたベースを作りました。

電源は支柱から供給されます。
P1260060.JPG
A 1.4ミリの真鍮パイプに穴を開け、2ピンのコネクタを取り付けます。
  片方は熱収縮チューブで絶縁しておき、ポリウレタン線を穴から支柱内部に入れて
  プラスとマイナスの線を繋ぎました。
B プラ板を挟んでグラつきを抑え、エポキシ接着剤でコーティングしました。
  完全に硬化すれば、かなり強いコネクタとなります。
C 取り外し可能なベースには、マイクロスイッチとコネクタを付けました。
D ちょうど合う位置に、ピンを取り付け、ベースに収納した時にはここから電源が供給
  出来る仕組みにしておきます。

単品のベースには、電池を内蔵させました。
P1260155.JPG
普段はベースから供給される電源をそのまま支柱へ流していますが、取り外すとマイクロスイッチが働いて、内蔵の電池へと切り替わります。
単品でも電飾を点灯させたまま展示できます(^^♪

塗装しました。
P1260146.JPG
壁にもパネルを取り付け、ブラック立ち上げで塗装しました。
FS36495で、シャドーを意識して塗装し、エナメルのブラックでスミ入れしています。
元々の造型が素晴らしいので、簡単な塗装とスミ入れだけで充分に引き立ちます。

最後にGOLD2を取り付けて完成です。
P1260182.JPG
GOLD2は破壊された状態で作りましたので、パネルに取り付けて配線するだけです(^_^;)
明るいところで見るとポンコツですけど、暗くしてデジカメで撮影するとまぁ良いかなーって感じになりました。
爆発の光が壁や底を照らして欲しいので、ある程度近くに配置してみました。

さて、これでビークルモデルY-WINGの完成となります(^^)/
完成画像は、別記事としてアップさせて頂きますね

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(4) 

VM Y-WING 完成画像 [VM Y-WING 製作記]

HobbyJapan誌 2016.12 No570 へ掲載して頂いた、ビークルモデルY-WINGの完成画像です(^^)/

相変わらず10センチ程度のマイクロキットに、驚愕のディテールが詰め込まれていますね。
メカフェチとして、Y-WINGは大好きなビークルです
今回は3機使って、エピソードⅣのクライマックス、トレンチの攻防戦の様子をジオラマ化しています。
完成 全体.jpg
Y-WINGは、GOLD中隊として3機編成でトレンチへと突入しますが、ベイダーによって撃墜され、作戦は失敗に終わります。
そのワンカットとして、GOLD2が撃墜された瞬間の様子を製作してみました。
トレンチの壁や床は、バンダイの過去リリースキットに付属してるベースを並べて製作してみました。
元々の造型が素晴らしいので、ただ並べて塗装するだけで雰囲気バッチリです(^^)/

もちろん、電飾も加えています。
前から1.jpg
先頭はGOLD5です。
こちらは最近になって細部の資料が発見されましたので、可能な限りキットに反映させています。
次はGOLDリーダーです。
こちらはキットのまま製作すれば、GOLDリーダー機になります。
最後尾はGOLD2です。
志半ばにして、ベイダーによって撃墜され、バラバラになってしまいました(-_-)

GOLD2は派手にやられています。
やられっぷり.jpg
透明ランナーを軸に、切り刻んだ機体をレイアウトしてから、3個のLEDを取り付け、手芸用の綿で包んでいます。
綿が光を拡散してくれて、写真に撮るとマズマズの迫力になってくれました(^^♪
劇中では、流れる様なスピード感のあるやられっぷりですので、似たような配置で再現してみました。

ベースの一部が分離します。
分離.jpg
ベースのパネルのひとつがスライドして分離可能です。
この中に9Vの電池が内蔵されており、取り外すと自動的に電源が切り替わって、このミニベース単体でも電飾が光り続けます。
元々の電源としては12VのACアダプタを使っていますが、電源が9Vに変わっても問題ないのは、CRDのおかげです(^_^*)

GOLDリーダー機です。
GOLDL アップ.jpg
キットのまま製作すれば、GOLDリーダー機が完成します。
今回はシールを一切使わず、全て塗装で表現しています。
配管類も、一体成型によって板状になっている部分を削り取り、真鍮線に置き換えました。
偏向版周辺のディテールも、かなり改修しています。

GOLD5機です。
GOLD5 アップ.jpg
こちらは最新の検証を反映させて、出来るだけ再現してみました。
配管を真鍮線に替えたり、塗装も全て塗りワケてみました。
パイプが全てブラウンだったり、パネルの色分けがあったりと、見応えがあるビークルですね。

どちらの機体にも、電飾を仕込んでいます。
コックピット.jpg
コックピットのキャノピーを開口して、コックピットを作り込み、電飾を加えています。
パイロットも作り分けてみたのですが、ほとんど見えなくてガッカリです。

GOLDリーダー機の後ろからのショットです。
GOLDL 後ろ.jpg
エンジンには3ミリのピンク色LEDが余裕で収まるので、電飾を楽しむにも良いキットですね。
どちらも支柱から取り外して、ミニベースで単品として楽しむ事が可能です(^^♪

GOLD5機です。
GOLD5 後ろ.jpg
エンジン光は抑え気味にしてあり、後ろの機体をピンク色に照らさない工夫をしました。
まぶしい程発光させるより、もっとリアルなエンジン光になってくれたと思います。

最後に、2機の比較です。
2機を比較.jpg
パイピングのやり直し、細部の改修によって、見応えのある作品になってくれたと思います。
もちろん、電飾や改修なんてしなくても、充分に楽しめるキットだと思います(^^)/
3機集めて、GOLD中隊を作るのも悪くないですよね

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(6) 
VM Y-WING 製作記 ブログトップ