So-net無料ブログ作成
フジミ SPINNER 製作記 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

段差の修正 [フジミ SPINNER 製作記]

側面の変な段差を修正しました。
球体の加工にも着手しています。

キットの側面には、球体との接続部分に変な段差があります(+_+)
ここは色々なサイトでも指摘されている部分ですが、キットでは元となった車種が違うとか(^_^;)
いい加減な事は書けないので控えますが、確かに真っ直ぐなラインの方がスマートだと思います。
キットのまま組み立てると、こんな状態になります(;一_一)
変な段差.jpg
A 上のタイヤカバーからのラインに段差が出来てしまっています。
  ヒーロータイプと呼ばれているプロップには段差がありませんので、修正したいと
  思います。
B 下のラインも変な段差が出来ています(+_+)
  こちらも直線の方が断然カッコイイので修正します。
C カバーと車体の間に空間が出来ていますが、ここは塞いでしまった方が良いと判断
  しました。

マズは段差を消し、ディテールを再現して行きます。
段差を自作.jpg
A 下の段差は削り取り、平面を出しました。
B スリットの位置が下に移動してしまうので、ちょっとだけ低くなった面が必要になります。
  下の段差の一部をカットして、一段低い位置にプラ板を貼りました。
  キットのフィンのモールドは、この面の高さまで削り取ってしまい、一段低い平面を作り
  ます。
C プラ板の細切りでフィンを再現して行きました(^_^;)
  プロップではもっと細かいフィンになっていますが、同じ角度で同じ間隔に貼り付けるの
  が難しいので数はテキトーです。
  でも、一段低くした事により、フィンに深さが出ましたので密度はアップしていると思いま
  す(^_^*)
D スキマが出来ていた部分まで下の段差を延長します。
  裏から見るとプラ板1枚になってしまうので、プラ板の箱組みで肉厚を加えました。
  ちなみに、パーツの一部が折れてしまったのが写っていますね(^_^*)
  折れたパーツは、いくら探しても見付からなかったので、シブシブプラ板でリカバリー
  しました(-_-;)←余計な手間が増えてがっくし
E 新しい段差は、0.3ミリのプラ板に0.5ミリのプラ板を貼り付けて再現しました。
  キットのディテールの上からカバーしてしまう事になります(^^♪
  フィンが付く部分は大幅に移動していますので、フィンに合わせてカットしています。

段差を修正したあと、仮組みした状態です。
段差の工作終了.jpg
これで上下の段差がスッキリと繋がりましたヽ(^。^)ノ
同様の加工を、反対側にも行っています(あたりまえだよね)
製作した段差カバーは、極薄のプラ板だけになってしまうので、まだ車体には接着していません。
いつの間にかまた壊してしまう事故を防ぐためです(^_^*)←もう懲りている
接着したら、上の段差と車体とのスキマも塞ぎたいと思っています。

続いて、球体のディテールの修正に着手しました。
キットの状態は、ヒーロータイプとは違うディテールになっています。
球体キットの状態.jpg
球体には、スリット状の長方形が張り付いた様なディテールとなっていますが、ここは長方形に一段へこんだディテールになっているみたいです。
また、パネルラインも入っていないので、スジ彫りを加える必要もありますね(^_^;)
まず、不要なスリットのディテールを全て削り取りました。
球体ツルツル.jpg
金属の半丸ヤスリでガシガシ削って、ペーパーで仕上げました(^^♪
こういった曲面を削り出す場合は、半丸のヤスリが使いやすいです。
スリットが無くなるまで削ったら抜けてしまうのではないかとヒヤヒヤしましたが、0.3ミリ厚くらいでギリギリセーフでした(^_^*)
ちなみに、下半分にはモールドが一切入っていないので、削り出し作業をしなくて済みました(^_^;)

余談ですが、無心で削り出し作業に集中していたら、うっかり中央モニターを壊してしまいました(-_-;)
接着が剥がれただけでしたので、ついでにモニター横に付けた変なメカへのファイバーを引き直しています。
ついでに補修.jpg
ちょっと光が弱くて不満があった部分でしたので、本数も増やして明るい光点に改良しています(^^♪
原因は判っていて、接着に使った流し込み接着剤が、アルミテープを伝って染み込み、ファイバーを溶かしてしまっていた模様です。
今度は瞬着を使ったので、綺麗に発光してくれました(^^♪
あ、ちょっと脱線しました(^_^;)すみません

せっかくツルツルの玉ようかんになった球体に、ディテールを加えます。
段差とスジ彫り途中.jpg
A 球体に幅7ミリのスジ彫りを加え、長方形にカットしました。
  前輪のダボを支えるための受け口は、強度確保のために出来るだけ残してあります。

開口した部分に、丸みを付けた0.3ミリのプラ板を貼りました。
マウスパッドの上で、金属棒をつかってコロコロ転がしてあげると均一な曲がりクセを付けられます(^_^)b
段差はごく僅かですので、微妙な深さを調整しながら貼り付けてあります。
頂点にも、ちょっとしたディテールをつけたプラ板を貼り付けました(^^♪
前後方向にもスジ彫りを加えてあります。
こちらはコンパスを使って、球体のエッジ部分から等間隔の線を引き、それに合わせてビニールテープを貼り付けてガイドを作って、0.3ミリのラインチゼルで彫りました。
ちなみに、追加したスジ彫りやエッジの部分は、軽くヤスって鋭角さを取ってあげています。
そうしないと、キットの他の部分に比べてタイト過ぎて違和感が出てしまうからです(^_^;)
偉そうに言っちゃいますけど、カッチリしたモールドが必ず良いわけではなく、全体のまとまりも大切な要素だと思います(^^♪

んで、まだ左側の上半球しか仕上がっていません(^_^*)
残りの部分も頑張って仕上げたいと思います(^^♪

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(6) 

後部の修正 [フジミ SPINNER 製作記]

前照灯を電飾しました。
後部のディテール修正に着手しています。

球体のスジ彫りが途中でしたので彫り進めました(^_^;)
球体のスジ彫り.jpg
画像では左側だけですけど、もちろん右側も終了しています。
上下が合体するパーツ構成なので、まだ合わせ目がズレちゃっていますが、接着してから合わせ目消しを行うつもりです(^^♪
キットのモールドをバッサリと削り取ったので、スッキリした球体になりました(^^)/

スピナーには、ヘッドライトと思われる発光する部分があります。
透明なチューブに蛍光管が入っているようなイメージですが、ここも電飾したいと思います(^^♪
前照灯の加工.jpg
A キットのパーツです。
  円筒形を縦割りしたパーツ同士で構成されています。
  内部には蛍光管パーツが2本入るみたいですけど、ヒーロータイプは1本なので蛍光管
  のパーツは使用しません。
B 基部の両脇に3ミリの穴を開け、先端が平らな白色LEDを差し込みました。
  中間部分は、キットの透明ランナーを利用して蛍光管を再現してみます(^^♪
C 透明ランナーを、LEDの間にハマるようにセットしました。
  外に飛び出したLEDはパテ埋めして、ブラックで遮光しています。
  発光部分の内側には、アルミテープを貼って出来るだけ全体的に光る様にしています。
D 2本のLEDは並列に繋ぎ、CRDで定電流化しています。
  両側から2本のLEDで照らす事になります(^_^;)

発光させてみた状態です。
前照灯点灯.jpg
取り付け部分をちょっと削ってスリ合わせする必要がありましたが、何とか無事に収まりました(^_^*)
画像ではとても明るく写っていますが、実際には内部の蛍光管が見える程度の明るさになっています。
せっかく2本のLEDを使ったのに、明るさには期待ハズレでした(-_-;)
でも、実際のディテールを再現しつつ発光させる事が出来たので、まぁいいか~って感じです(^_^*)

続いて、後部のディテール修正に入りました。
まずは側面にあるスリットです。
サイドのスリット開口.jpg
A キットの状態です。
  スリットが塞がっているので、開口してあげる事にしました。
  また、赤矢印のレバーは、ヒーロータイプには無いそうなので埋めちゃいます(^_^*)
B この様に、細い部分を残して開口する場合は、面倒でもピンバイスでたくさんの穴を開け
  てから繋いで行く方法が安全です(^_^*)
  0.5ミリのピンバイスで、出来るだけたくさんの穴を開けてからデザインナイフで繋いで
  行きました。
C 開口した状態です。
  スッキリと綺麗に開口する事が出来ました(^^♪
  また、レバーのディテールは、突起部分を切り取ってプラ板を瞬着で接着して置きます。
  完全に硬化してから削り出して成型したいと思います。
  瞬着をパテの代わりに使っています(^_^*)

後部のスラスターも開口しました。
後部スラスター.jpg
こちらも電飾したいと思いますので開口してみました(^_^*)
ここはテールランプと思い込んで、赤いLEDで電飾している方を見掛けますが、実はスラスターらしいです(^_^;)
白色で点灯させるのが妥当らしいです。
やはりピンバイスで穴を開けてナイフで繋ぐ方法で開口しています(^^♪

トサカのパネルラインも変更しました。
トサカのライン修正.jpg
アイロン型のトサカ部分にパネルラインが入っていますが、実際には赤い線が正解です(^_^*)
元のラインをパテ埋めしてから正規のラインをスジ彫りしました。
ちなみに、ラインだけで無く周辺もへこんでいるので、伸ばしランナーでラインを埋める方法は使えませんでした(-_-;)ちっ
それから、手前に四角のダボ穴がありますが、ここはパトランプのステーが付きます。
実際のステーは、パネルラインのある位置に付きますので、取り付け位置が違っています(-_-;)
このダボ穴もパテで埋めて無くしてしまいました。

電飾がしたくてこのキットの製作を決めたのですが、手直しばっかりであまり電飾が登場しませんね(+_+)
でも、光っていれば良いワケではありませんので頑張って修正を加えて行きたいと思います。
カンペキではありませんけど、どうしても気になる部分は修正して置かないと、後で絶対に後悔する事になりますので(^_^;)

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(10) 

後部の分割 [フジミ SPINNER 製作記]

後部はメンテナンスのため、分割しました。
トサカ部分の電飾も加えています。

後部を分割しました(^^♪
まずは電飾のため、両サイドにあるナナメの長方形部分を切り取っています(^^)/
後部をカット.jpg
ナナメの部分はイエローにぼんやり発光していますので電飾したいと思っています(^^♪
下の一部分が、左は赤、右はグリーンに発光していますので、航空機の翼端灯をイメージしたものだと思います。
薄くて発光面積が広いため、綺麗に発光させる事は難しいと思いますが、こちらは後程挑戦してみたいと思っています(^_^*)←まだ何も考えていない
その後、後部は3つの部分に分割しました。
ラインチゼルで彫りを深くしてから、エッチングソーでカットしています。
当然、強度が極端に落ちますが、なぜそんな分割をしたかと言いますと、
電池を内蔵.jpg
トランクルームに電飾のための電池を内蔵させるためです(^^♪
9Vの角型電池が、ちょうどスッポリと収まります。
電池の交換のため、トランクを取り外し可能に改造してみました。
今のところ、磁石により脱着を可能にするつもりでいます(^^♪

細部の加工も進めています。
細部の修正.jpg
A タイヤに被さるようにフェンダーが伸びていますが、キットではプロップに比べて短いです。
  約3ミリ程のプラ板を追加して、スカートを延長しました(^^♪
  瞬着をパテにして成型後、パネルラインをスジ彫りで延長しています。
B トランクカバーは切り離した際、極薄のエッチングソーを使ったとは言え、僅かにスキマが
  出来ました。
  トランクカバーの下部分に1ミリのプラ板を貼り付け、組み合わせた時にスキマが出来ない
  ように延長しています。
  また、この加工によっておしりがボリュームアップしたので、ちょっとだけプロポーションも
  グラマーになりました(^_^*)

次に、トサカ部分の電飾を行いました。
トサカの電飾.jpg
ルーフ中央には、アイロン型の突起があり、中間部分が白く発光しています。
更に、その上にも赤色のパトランプがありますので、そちらにもLEDを仕込まなくてはなりませぬぞよ(-_-;)
白い発光部分は、0.3ミリのプラ板の箱組みで表現して、パトランプはチップLEDを仕込んでみます(^^♪
A a キットのトサカのトップ部分です(^_^;)
    実際にはもっと高さがありますが、個人的にはこの位の高さの方がカッコイイと感じた
    ので、キットの高さに合わせて自作パーツに置き換えてみます。
  b 0.3ミリのプラ板で箱組みして、キットと同じ寸法でありながら中身が空っぽのパーツ
    を自作しました。
    内部には、3ミリのLEDを差す穴と、パトランプ用のLEDへと繋がる配線が通る穴を
    開けてあります。
    内部の上下にはアルミテープを貼り、光が内部で拡散する効果を狙っています。
B c キットのパーツと寸法を同じに作るので、大きさはキットに合わせる必要があります。
    プラ板の厚み分を差し引いた底板を切り出して、これに外周を貼り付けています。
    微妙な湾曲のあるプラ板は、先日ご紹介したコロコロonマウスパッド作戦で製作して
    います(^_^*)
C パトランプ用のチップLEDです。
  配線は出来るだけ小さな穴から内部に引き込みたいので、電子パーツの余った足をハン
  ダ付けしました。
  足の間にプラ板を挟み、新着で固定する事でショートしない様に工夫しています(^^♪
  これで1ミリの穴を通せる2本の配線が出来ました(^^)/
D d この配線はこの穴を通して内部へと引き込みます。
    トサカの発光部分のためのLEDが差し込んでありますが、発光している内部を配線が
    通る事になります。
    発光部分に配線の影が出来ない様に、配線にはキラキラした電子パーツの足を使い
    LEDと配線を直線に配置して、影が出来たとしても前方の合わせ目に来る配置にして
    います。
トサカ内部のLEDも、パトランプ用のLEDも、後から差して配線できる様にしてあり、塗装後に電飾できる仕様にしてみました(^^♪

実際に発光させてみた様子です。
トサカ照明点灯.jpg
パトランプ用のチップLEDを差した状態で点灯させてみましたが、怪しい影を作る事もなく発光できました(^^♪
これで安心して後からパトランプを設置できます(^_^;)
ちなみに、天面は上から1.5ミリの位置まで車体色で塗装する予定です。
塗装が済めば、サイド部分だけが発光する状態になると思います(^^)/

全体を仮組みしてみました。
トサカ点灯の全景.jpg
キャノピーが付くと、雰囲気がガラリと変わりますね(^_^;)
完成まではまだまだですが、段々とスピナーらしくなってきた気がします(^^♪

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(6) 

サイドバーの電飾 [フジミ SPINNER 製作記]

両サイドにあるバーを電飾しました。

リア部分には両側に黄色に発光するナナメのバーがあります(^^♪
黄色に発光しているのですが、下だけが左は赤、右は緑に色分けされていて、航空機みたいですね(^_^;)
これはプラ板でボックスを作ってLEDを仕込み、透明プラ板でバーを作れば楽勝だと思っていました。
でも、実際にはすぐ裏にタイヤが来るので、ボックスを作れる程のスペースがありません(>_<)
やや変則な方法ですが、透明な板に切り口から光を当て、面発光させる方法としました。

まずは透明なパーツを自作しなくてはなりません(^_^;)
サイドバーが付く部分は微妙に湾曲しているため、透明度を保ったまま形を出すのが難しいです(+_+)
しかも、車体とツライチにしたいので、普通の透明プラ板から削り出す方法では精度に不満が残りそうです(-_-;)
そこで、透明な塩ビ板を変形させて、ピッタリとフィットする透明パーツを自作する事にしました。
塩ビで自作.jpg
塩化ビニルはドライヤーで温めるだけでフニャフニャになりますので、キットのパーツに押し当てて微妙なカーブを付けてあげます。
キットの肉厚がほぼ1ミリでしたので、厚さ1ミリの塩ビ板を使いました。
光を伝達する部分と、発光する部分と、片側2枚で合計4枚プレスしています。
アイマークを付けて、左右とプレスした位置がわかるようにして置きました(^^♪

必要な部分を切り出し、2枚を貼り合わせます。
2枚を貼り合せ.jpg
切り出したサイドバーの部分と、伝達する部分を流し込み接着剤で貼り合わせます(^^♪
同じパーツからプレスしたものですが、微妙に湾曲が違っていて合わせ全体に浸透してくれません(-_-;)
アチコチに接着剤が行き渡らず、浮いた部分が出来てしまいますが、この後で裏側を曇らせてしまうのであまり気にしないで置きます(^_^;)
これで裏側に1ミリしか出て来ない、しかも車体とツライチな透明パーツが仕上がりました(^^♪

LEDを仕込み、電飾します(^^♪
LEDと塗装.jpg
A チップLEDを2つ取り付けました。
  断面にLEDを取り付け、光がサイドバーに向かって発光する様になっています。
  2つのLEDは並列にハンダ付けしてあり、CRDで定電流化しています。
  出来るだけサイドバー全体を照らす様に、断面の角度で広げて配置しています。
B チップLEDの固定と、絶縁のためにパテで包んでいます。
  サイドバーの部分は、裏側を600番のペーパーで曇らせました。
  これによって、流し込み接着剤が行き渡らなかった部分も誤魔化せます(^_^;)
  また、このキズに光が当って、サイドバー全体が発光する事になるハズです。
C 今度は表面からクリアーイエローとグリーンで塗装しました。
  裏側に塗装した方が透明度が高いのですが、キズを埋めてしまうと全体が発光して
  くれなくなるので、表面から塗装しています。
D 最後に、サイドバー以外の部分をアルミテープで遮光しました。
  これによって、LEDの光は透明板の中に閉じ込められ、サイドバーの部分だけが
  発光するハズです。
  透明パーツの中では、屈折率の違いから光は直進しますので、サイドバーのキズ
  に当って発光してくれます(^^♪

同様に、左側のサイドバーも加工しました。
左側も.jpg
サイドバー全体を照らし出す様に、角度を調節してチップLEDを配置しています。
LEDは小さいので、断面に瞬着で固定してしまってからハンダ付けしています(^^♪
チップLEDは、2ミリ×1.6ミリの極小のものです。
小さいという事は光も弱いという事なのですが、あまりビカビカ光ってほしく無かったのでちょうど良いと思いました(^_^;)
でも、近年のLEDの発達は恐ろしいもので、それなりの光量で発光してしまい、予定よりも強い光になってしまいました(;一_一)

取り付けた様子です。
サイドバー消灯.jpg
車体とツライチのサイドバーを作る事が出来てホッとしています(^^♪
黄色の部分は裏のアルミシートが反射して、ゴールドに見えます(^_^*)ハデだなぁ
色違いの部分には、0.3ミリのチゼルでスジ彫りして、ブラックでスミ入れしました。
なお、タイヤハウスは少々削ってスリ合わせしています(^_^;)

発光させた状態です。
サイドバー点灯 左.jpg
予定よりも明るくなり過ぎてしまいました(+_+)
もうちょっとぼんやりと発光させたかったのですが、全体を発光させたかったので方角的に2つのLEDが必要でした。
わざわざ調光する程のものでも無いので、このままバックレようと思っています(^_^*)

右側です。
サイドバー点灯 右.jpg
こちらはまだ幅の調整が終わっていません。
ちょっと太過ぎてかっこ悪いサイドバーになっています(^_^*)

当初は簡単に考えていたサイドバーの電飾ですが、方法や材料の検討に手間取り、かなり苦労させられました(+_+)
とりあえず電飾する事が出来たのでめでたしめでたし(^^♪

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(10) 

タイヤの換装 [フジミ SPINNER 製作記]

タイヤをゴム製に換装しました。
トランクのすり合わせも調整しています。

キットのタイヤは今時オールプラで、スジ彫りを追加してはみましたが、質感に不満がありました(-_-;)
moonbusさんのブログで他のキットのタイヤと交換する製作が紹介されておりましたが、kita777pさんにも勧められて部品請求してみました(^^♪
取り寄せるタイヤは、アオシマさんのマッドマックス・インターセプター用のタイヤで、アオシマさんのHPから部品請求できます(^^)/

シリーズ名:1/24 ザ・ロードウォーリア マッドマックス
シリーズナンバー:01
商品名:インターセプター
パーツ名:ホイール 600円、タイヤ小袋 600円+送料 200円

合計1400円で、代金は到着後に郵便局から振り込みます(^_^;)
約1週間程で、タイヤとホイール、ポリキャップのセットが到着しました。
タイヤ部品請求.jpg
ちゃんと前輪と後輪で太さが違っており、サイズもほぼ合っています(^^♪
予備だと思いますが、前輪用のパーツ一式も付いていて、テストするのに好都合でした(^^)/
スピナー用としてこれ以上の代替パーツは無いと思います。
数あるタイヤパーツの中から、この組み合わせを検証して公開してくれたmoonbusさんに感謝ですm(__)m

さて、サイズはピッタリで、ゴムの質感もバッチリなのですが、サスガにホイールの形状は違っています(^_^;)
スピナーのホイールそっくりに自作する事になります。
当初はキットのホイールから型を取って複製してみましたが、キットのホイール径が若干大きいため、組み合わせると違和感があります(-_-;)
仕方無く、プラ板で自作してみる事にしました。
まずは大きなくぼみをヒートプレスしました。
くぼみの自作.jpg
A 丸いくぼみの型として、直径3センチのLED電球を利用しました。
  表面がガラス製なので、熱いプラ板を押し付けても安心です(^^♪
B 0.3ミリのプラ板をライターであぶって押し付け、ヒートプレスしたものです。
  くぼみは一部分で充分なので、無理に全体をプレスする必要はありません。
  ホイールにハマる直径で、コンパスで線を書いて置きました。
C 100均で「マンドリル」という名称で売られているリューター用のアダプタです。
  本来は丸ノコ等を取り付けて使うものですが、今回は真円を削り出すために使用します。
  コンパスの針の穴を中心に、3ミリの穴を開けてネジで取り付け、リューターで回転させて
  円を削り出しました。
D 仕上がったくぼみパーツです。
  中心に穴が開いていますが、後で塞ぎます(^_^;)
E ホイールにハメてみました。
  ホイールの内径よりもちょっぴり小さくしてありますので、リムから一段低い位置からくぼみ
  が出来る事になります(^^♪
  なお、パーツのホイールナットが干渉してしまうので、削り取ってあります。

次に、中央が膨らんでいますので、こちらも同様にヒートプレスで自作します。
ふくらみの自作.jpg
A 今度は径が小さくなるので、ビー玉を型に使いました(^_^;)
  0.3ミリのプラ板をライターであぶり、ヒートプレスしています。
B 出来たパーツにコンパスで円を書き、ちょっと大きめに切り出して、リューターで削り出し
  ます。
  大きなくぼみを作った時と同じ工程ですね(^^♪
C 2つのパーツを組み合わせたものです。
  くぼみとふくらみが上手く組み合わされました(^^)/

最後に、中央のバー部分を製作します。
タイヤセンター部分.jpg
A プラ部分にリップクリームを薄く塗って、エポパテを盛り付けました。
  どうせ削り出すので、太さはテキトーです(^_^;)
B リップクリームを塗っておいたので、パテが簡単に外せます。
  ヤスリでエッジを削り出し、センター部分を作って元に戻します。
  戻す角度がわかる様に、予め線を書いて置きました。
C 中央に棒2本のディテールを加え、ホイールが完成しました(^^♪

使用したパテは100均のもので、あまり精度の良いパテではありませんが、早く硬化するし、どうせあまり見えない部分なのでクォリティを下げました(^_^*)
とりあえず雰囲気だけは再現できたのではないかと思います。

車体への取り付け部分も改造が必要です。
取り付けのダボ.jpg
前輪は飛行状態と走行状態に差替え出来るようにしたいので、キットの構造をそのまま再現する必要があります。
A パーツのダボを削って、ちょうど良い太さのランナーを瞬間接着剤で取り付けました。
  ハメた時の合いを調節したので、磁石は必要無くなりました(-_-;)
後輪はそのままではリーチが届かなくて取り付けできません。
B 2ミリのプラ板を貼り合わせて接着して、3.2ミリの穴を開けました。
  こちらはそのまま車体にハメ込む事が可能になりました。

塗装して完成です。
タイヤ塗装して完成.jpg
ホイールはシルバーですが、ブラックから立ち上げて、ダーク気味のシルバーに仕上げました。
実物大のスピナーは、たぶんアルミだとは思いますがホイールキャップなのかも知れません(^_^;)
一見すると軽そうに見えるので、今回はブラックを残し気味にして重量感を出してみました。
チラ見えした時に、アルミなのかガンテツなのか判らないような仕上がりにしてあります(^_^*)

車体に取り付けてみた状態です。
タイヤ換装.jpg
おぉっ!やはりゴムの質感は車らしさのひとつでもあるのですね(^^♪
プラのタイヤの時より、グッと車らしくなってくれたと思いますヽ(^。^)ノ
1400円というパーツは、キットの値段からすると決して安い買い物ではありませんけど、これだけ効果的なら部品請求してみてよかったと思います。
ちゃんとタイヤのパターンがあるだけでも換装する意味があったと思います(^^♪
トランクのスリ合わせ.jpg
この組み合わせを調査・公開してくれたmoonbusさん、勧めてくれたkita777pさんに感謝ですヽ(^。^)ノ

さて、タイヤが仕上がったところで、トランク部分のすり合わせを調整してみました。
上の画像では、すでにもう一枚1ミリのプラ板を足して、すり合わせの調整を行っています。
電池交換とボリュームアップのためにトランクを分割したのですが、まだ少々合いの悪い部分が残っていましたので、ここで調整する事にしました。
すり合わせの作業は、削って合わせてまた削るの繰り返しで、根気と時間の要る作業です(-_-;)
頑張って調整しましたけど、完全にピッタリとは行かない状態になってしまいました。
これ以上手を入れても、良くなる気がしないので妥協しています(^_^*)
トランクの受け部分.jpg
トランクを合わせた時に、ズレが出ないように受け部分を追加しました。
縦と横方向にも組み合わせが出来るようにダボを作り、1点でしか合わない組み合わせになるように工夫しています(^^♪
最終的には磁石で固定できる様にするつもりですが、スラスターの電飾がまだ済んでいないので、そちらの工作が終わったら追加したいと思っています(^_^;)

ほんのちょっと合いが悪いのですが、パッと見た目ではわからない程度までは調整できました。
トランク合いの具合.jpg
おしりにボリュームを持たせたいと欲張ったため、調整に苦労してしまいました(+_+)
もうちょっと足してあげたいところですが、これ以上やっても良い方向に行かないだろうと判断して終了としました。
こんな時、ボクにもうちょっと技術があればなぁと思います(;一_一)

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(4) 

スラスターとタイヤカバー [フジミ SPINNER 製作記]

スラスターとタイヤカバーの電飾を加工しました。

後部のスラスターは、5つの長方形が並んだ形をしています。
ここも白く発光させたいのですが、それ程明るく発光させる必要も無いので、ひとつひとつの穴にLEDを仕込んでしまうと、消費する電力がもったいないです(^_^;)
特に、今回は9Vの角型電池1個で全ての電力をカバーしようとしているので、省電力化は大事なコンセプトになっています(-_-;)
そこで、今回もプラ板の箱組みにLEDを取り付け、ボックスによる点灯方法にしました。
スラスターの加工.jpg
A プラ板でボックスを作り、内側にアルミテープを貼りました。
  このすぐ後ろには電池が来るので、出来るだけコンパクトに製作しています(^_^;)
  本当はボックスを使った電飾の場合は、出来るだけリーチを取った方が均一な発光に
  なります(^^♪
B LEDは2個に抑え、スラスターの穴と穴の間に来るように設置しました。
  他の部分と同様に、CRDにより定電流化してあります。
C LEDの足側はパテで包んで遮光しました。
  すぐ上にトランクカバーがくるので、高さもギリギリに抑えてあります。
  なお、トランクを固定する磁石もここに付くので、そのためのスペースも確保してあります。
D 発光面は0.3ミリのプラ板そのまんまです(^_^*)
  マスキングしてからブラックで遮光の塗装をしました。

発光させてみた状態です。
スラスター点灯.jpg
思ったよりも綺麗に、全ての噴射口が発光してくれました(^^♪
でも、塗装する時にマスキングが面倒になるので、まだ接着はしていません。
電飾をすると、塗装の段取りまで考えなくてはならないので面倒ですね(-_-;)

続いて、タイヤカバー部分の電飾も加工して置きました。
タイヤカバーの加工.jpg
タイヤカバーにも、突起部分とリング状に発光する部分がありますので、電飾したいと思います(^^♪
内部のスペースがあまり無いのですが、こちらもLEDを2個使ったボックス照明になると思います。
A リング状の部分には透明パーツが付くのですが、開口はされていません(+_+)
  光が出てくるための穴を開口しました。
  ピンバイスでたくさん穴を開けて繋いで行くオーソドックスな方法で開口しています。
B 開口した穴から出てきた光が、透明パーツへと分散する様に、アルミテープを貼るつも
  りです。
  透明パーツの接着面積も欲しいので、内径28ミリ、外径35ミリをコンパスカッターで切
  り出しました。
  このパーツも塗装してから工作したいので、今回はテスト的に貼り付けただけです。
C キットの透明パーツです。
  合いは良いのですが、そのままでは内部のアルミテープが丸見えです。
D 600番のペーパーで均一な曇りを入れました。
  これで内部が見えにくくなるし、光も分散してくれると思います(^_^;)

発光させてみた状態です。
タイヤカバー点灯.jpg
まだ全く遮光処理をしていないので、パーツがスケスケですけど、発光面は上手くいったと思います(^_^*)
もうひとつのリング状の発光部分にもLEDを仕込み、後ろから漏れて来た光で中央の穴を発光させる計画です(^^♪
ただ、やはりマスキングが面倒になるので、車体色を塗装してから電飾を仕込みたいと考えています(^_^*)
実験では成功しまたが、ちゃんと電飾できるのか、ちょっと不安な感じです(;一_一)

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(10) 

PICの導入 [フジミ SPINNER 製作記]

パトランプの再現に、PICを導入しました。

スピナーには、ルーフに14個のパトランプが光っています。
下面にも点滅しているランプが6個あり、合計で20個のLEDが点滅している事になります(-_-;)
これらのLEDひとつひとつに、点滅回路を作るのはものすごく大変な作業ですね。
故障も多くなりますし、消費電力もバカになりません。

そこで、今回はPICマイコンを使ってみる事にしました。
PIC(ピックと読みます)とは、ワンチップの中にCPU・メモリ・I/Oが納まっており、プログラム次第で色々な制御が出来るマイコンです。
用途に合わせて実に様々なPICが販売されていて、メモリ容量や扱える制御ピンの数などで、最適なチップを選べます。
A/D変換機能付きやUSB制御まで搭載されたものまであります。
プログラム次第で、電飾以外でもモーターの制御や音を作る事だって出来ちゃいます。

大変便利なPICですが、残念ながら誰でも簡単に出来るものではありません(-_-;)
それなりの開発環境やPICにプログラムを書き込む専用のライター、そして最大の難関であるプログラミングの知識が必要になります。
幸い、ボクはZ80という8ビットのマイコンでプログラムを組んでいた経験がありましたので、割とスムーズに環境が整いました(^^♪
PIC開発環境.jpg
まず、自分の用途に合ったPICを選択して、データシート(英文)から初期設定のパラメータを解読します。
パソコンを使って、アセンブラやC言語でプログラミングを行います。
出来たプログラムを、パソコンでコンパイルしてPICが理解できるコードに変換します。
PICライタを使って、PICにプログラムを書き込みます。
書き込んだチップを基盤に差して動作確認して完成です。

開発ソフトは制約はありますがフリーソフトで手に入りますし、PICライタも通販で入手可能です。
多少のコストは掛かりますが、環境は割りとすぐにそろえる事ができると思います。
でも、PICの使い方を理解してプログラムを作る事は、未経験者には相当困難な事になると思います(-_-;)
プログラミング言語を習得するという事は、新たに英語やフランス語を覚えるようなもので、文法やセオリーを知らないと1行も書けません。
PICの話題だけや、プログラムの話題だけでそれぞれ専用のサイトが作れるほど、膨大な知識と経験が必要になります。
よく、フォトショップやエクセルのマクロ、ホームページデザインと同じ様なものと勘違いされる方がおりますが、それはアプリケーションが用意した書式を使っているだけです。
PICのプログラムはハードウェアと直結しており、OSやアプリケーションそのものを作る様なものだとお考え下さい(ちょっと大げさかも)

今までこのブログでは、みなさんがすぐに応用出来る様な回路を紹介してきましたが、今回ばかりは詳しい解説を省略せざるを得ませんm(__)m
こんな便利なデバイスがあるという事を紹介するだけに留めさせて頂きます。
もし、興味がある方は、ネットに情報がたくさんありますので覗いてみて下さい。
PICの持つ可能性に、きっと驚くと思います(^_^*)

さて、PICを使えばLEDの制御は全てプログラムで行いますから、回路はとっても簡単になります。
PIC LED回路.jpg
今回は18ピンのPIC、16F88を使用しました。
9Vの電源から5Vの電圧をレギュレーターで作っている他は、I/OピンにLEDを繋ぐだけという、とってもシンプルな回路となります。
PICは内部でCPUとメモリが完結していますので、ピンは電源以外全てI/Oに使えます(設定は必要です)。
実際に製作した、実験回路です。
P1100526.JPG
部品点数が少ないので、消費電力も低く抑えられます(^^♪
電源の最大容量に問題がありますが、ちゃんと動作してくれたので結果オーライです(^_^*)
こんなシンプルな回路でパトランプが再現できるのか、不安に思うかも知れませんが、複雑な動作のほとんどはソフトウェアで行う事になります。
今回はプログラムでPWM(パルスワイズモジュレーション)制御を行い、ふわっと点いてスーッと消える動作を行います。
しかも、14個全てが別々のタイミングで光ってくれないと、常に同時に光るLEDが出来てしまいますので、わざと同期させないようにします。

実際の点灯の様子は、YouTubeに動画としてアップしました。
同じ実験基盤に、違うプログラムが入ったPICを差替えています。
プログラム次第で、どんな点滅も作れる事が伝わって頂ければ幸いです(^^♪

こんなに素晴らしい、無限の可能性を秘めたPICを、詳しくご紹介できないのは大変残念なのですが、ここは模型の製作ブログですので、あまりに専門的な解説は避けたいと考えました。
ご質問や導入の方法、プログラミングに関する質問もお受けできませんのでご了承下さい。
ご理解の程、よろしくお願い致しますm(__)m

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(30) 

光センサ [フジミ SPINNER 製作記]

ヘッドライトを光センサ内蔵にしました。

先日、とある会合に参加させて頂きましたので、今まで工作した電飾を全て点灯できるように仮組みしてありました(^^♪
せっかくなので、その画像を掲載してみます。
電飾仮組み 1.jpg
電飾仮組み 2.jpg

パトランプはPICを使うとお知らせしたのですが、点滅する部分は塗装の後に工作した方が良さそうなので、他の電飾部分も進めました。
キットでは省略されていますが、下面には前後に点滅するランプがあります。
点滅灯の穴.jpg
ランプは、ちょうど円筒形をしていますので、先端が平らなLEDをそのまま取り付けています(^_^*)
ここも点滅しているので、PICを使い前後で交互に点滅させてみようと思っています。
また、電源は9Vの角型電池の他にもACアダプタでも駆動出来る様にしたいと思っています。
展示会等の一日中点灯させて置きたい場合に、電池駆動だけでは持たないかも知れないので(^_^;)
ジャックは、内部のスペースの都合や、電池を内蔵した時の重心を考慮して、画像の位置に取り付けました。
飛行状態でもディスプレィ出来るようにしたいと考えています(^^)/

さて、これで塗装前の電飾はほぼ終了したのですが、もう一つギミックを追加してみたいと思います。
暗くなると自動的にヘッドライトが点く様にしてみます(^^♪
回路は、以前クレーテのサーチライトで使った回路をそのまま使用しました。
光センサ LED点灯回路 for SPINNER.jpg
オペアンプ358をコンパレータとして使い、ヒステリシス特性を利用したスイッチング回路です。
少ない部品で安定して動作しますので、模型に組み込むには最適です(^^♪
実はPICでも光でON/OFFするプログラムを書く事が可能なのですが、この程度の用途ならアナログ回路を組んでしまった方が楽です(^_^;)
今回はセンサのCdSが小さいものしか手に入らなかったので、変化する抵抗値も小さくなってしまいました。
コンパレータ用の抵抗を75kΩから100kΩに変更して、調整範囲を底上げしています(^^♪
また、LEDは白色を2個点灯させますが、出力が3.8Vしか無いので多少暗くなると思います。
実際に組み立てた光センサ回路です。
光センサ 実物.jpg
A スピナーに内蔵させたいので、基盤は出来るだけ小さくしました。
B 光センサCdS(硫化カドミウム)です。
  100均の暗くなると点灯するフロアライトから取り出しました(^_^;)
  かなり小さいので、模型に内蔵するには都合が良いです。
C 感度調整用のボリュームです。
  今回は取り付け位置が基盤から離れた位置になりますので引き伸ばしました。
D ライト部分です。
  CRDで並列繋ぎになっていたものを、今度は単純な並列に繋ぎ直しました。

スピナーに取り付けた画像です。
光センサ 取り付け.jpg
基盤は、ダッシュボードの裏側に取り付けました。
ボリュームやセンサーは、離れた位置まで配線で引き伸ばしてあります。
各パーツの固定には、ホットボンドを使いましたが、ヘッドライトだけは塗装のマスキングが面倒なので、まだ固定していません(^_^;)

コントローラ部分です。
コントロール部分.jpg
光センサーは、前輪のアーム部分に幾つかある穴のひとつを使いました(^^♪
0.7ミリの穴を開けて、CdSへ光が当るようにしています。
塗装してしまうワケにはいかないので、爪楊枝の先を詰めて置きました(^_^*)
感度調節のボリュームは、右の前輪の後ろに設置しました。
精密ドライバーのプラスを差し込んで感度を調整します。
これで、周りの明るさに対応してON/OFFを調整できます(^^♪
実験した限りでは、昼間でも蛍光灯の光でも、手をかざすとパッと点く様に調整できました(^^)/
光センサ 発光状態.jpg
もっとLEDが暗くなると思っていたのですが、意外と遜色無く点灯してくれました(^^♪
電源電圧に5Vが必要になりますが、幸いPIC用に5Vを作るので、そこから電源を頂くつもりです(^_^;)
手をかざすとパッと点灯する様子は、模型をコントロールしているような気分になって気持ちが良いです(^_^*)
もし展示会等で見掛けたら、手をかざして遊んでみて下さいね(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(10) 

車体の塗装 [フジミ SPINNER 製作記]

車体を塗装しました。

今回はガルウィングを開閉可能にしたので、キャノピーのクリアーパーツを切断しなければなりませぬ。
0.3ミリのラインチゼルで溝を深くして行き、エッチングソーで切り離しました。
キャノピー切断.jpg
クリアーパーツは硬いので割れやすいため、切り離しには細心の注意が必要です(-_-)b
ボクもドキドキしながら作業しましたが、焦らないで少しずつ溝を深くして行けば、必ずいつか切断できます(^^♪
断面はヤスって、開いた時にも違和感の無いように仕上げて置きました。

さて、ここで車体を塗装してしまいます(^_^;)
電飾は車体の上下を接着してしまうと工作出来なくなってしまうし、電飾を先に仕込むと今度はマスキングが面倒になります(-_-;)
結局、先に車体を仕上げてから電飾を仕込み、上下を接着して合わせ目を消すという変な流れになります。
合わせ目は前輪の球体付近だけなので、この順序が一番効率が良いと考えました(^_^;)
車体の塗装は、ブラックから立ち上げます。
MB立ち上げ.jpg
今回ブラックで立ち上げるのは、単に遮光が目的ではなく、全体の色調を統一する事とシャドー効果も狙っています。
そのため、限りなく黒に近いブルーであるミッドナイトブルーから立ち上げました(^^♪
A 塗装の前に、小物も成型しています。
  画像はドアミラーですけど、平面が多いのでかなりのヒケがありました。
  他のパーツも成型していますが、ヒケってなぜか大抵は塗装してから見付かります(+_+)
B 下面には、シルバーで塗装されている部分もあります。
  スーパーシルバーを使って、レトロでいやらしいシルバーに仕上げました(^_^;)
  マスキングしてからミッドナイトブルーを吹いています。

続いて、車体色の塗装です。
キットのパッケージには、真っ青なスピナーが描かれていますが、現存する実車でもこのような色はしていません(^_^;)
ネットで画像を漁り、撮影に使われたミニチュアに合わせて調色してみましたが、フラッシュを焚いてしまっている画像が多く、本当の色は正直わかりません。
仕方が無いので、自分の理想とする色に塗装してみました。
車体色塗装.jpg
紫の入ったブルーを目指しました(^_^*)
彩度は保ったまま深みのある色で、微妙な紫の加減はデジカメでは伝わりません。
下地のミッドナイトブルーを僅かに残して、シャドー効果も付けています。
調色は難航しました(+_+)
ホワイトにブルーを足して水色を作り、蛍光ピンクで紫に振ります。
明るい紫掛かった水色が出来ますので、そこへブラックを少しずつ足して深みを加えました。
普段調色するのには、2色程度で何とかなるものですが、今回の色は難しかったです(-_-;)
これでも100%満足していいるワケでは無いのですが、この後色々いじっても悪くなるだけでした。
とりあえず、自分の理想としていた色にはなったので、これでヨシとしました(^^)/

切り離したキャノピーのピラーも塗装しています。
ピラーの塗装.jpg
まだドア窓の丸い部分は塗り分けていません(^_^;)
ピラーの塗装は、始めにミッドナイトブルーを吹いてから車体色を吹いています。
これは単純に遮光が目的では無く、Bのように断面から黒い線がチラ見えする効果を付けるためです。
キャノピーには厚みがあるので、どうしても塗装の裏側が見えてしまうので、暗い色を吹いて置くとスミ入れしなくてもビシッとラインが決まってくれます(^^♪
なお、ピラーの内側へは、内装色を吹いて置きました。
ここだけ内側も車体色だったら変ですもんね(^_^*)

最後に、車体色を塗装した仮組み状態を掲載してみます。
この画像は色調をいじって、実物の発色に出来るだけ近付けてみました。
車体色 仮組み1.jpg
ブルーと紫の中間で、本当に微妙な色です(^_^*)
こればかりは実物を見ていただくしかありませんねぇ(-_-;)
車体色 仮組み2.jpg
ご覧のモニターによって色が変わってしまうと思うので、それ程頑張って調整したわけではありませんが、全体の雰囲気は伝わって頂けると思います(^^)/
今回はプロップの色を参考に、自分の理想とする色を決めて塗装しましたが、劇中では暗いシーンが多いので、そのまま見るとブルーグレーです。
それもまたカッコイイので、いっそ劇中の色にしちゃうのもアリかも知れませんね(^_^;)

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(8) 

デカール [フジミ SPINNER 製作記]

スミ入れ後デカールを貼り、トップコートしました。

スミ入れを行いました。
車体色に出来るだけ影響が出ない様に、珍しくブラックでスミ入れしました(^_^;)
スミ入れ.jpg
スミ入れと言っても、車模型にはあまり濃いスミ入れはしない方が仕上がりが良くなりそうなので、かなり薄めのエナメルで行っています。
既にシャドー吹きをしている時点で、カーモデルらしくない塗装なのですが、スピナーはSFな車なのでちょっと濃いエフェクトに仕上げています(^_^*)
複雑な多面体で構成されている部分は、スミ入れよりもシャドーの方が立体感が出て良い気がしましたので(^^♪

窓の丸い部分も、マスキングで塗装しました。
窓の丸いとこ.jpg
こちらも複雑な曲面で、しかも内部の円はスモークなのでマスキングが大変です(+_+)
プラ板で型紙を作ってからマスキングテープを切り出して使用しましたが、あちこちハミ出しまくり(>_<)
結局、綺麗な円弧が出ていない部分は、爪楊枝の先でコリコリして誤魔化しました(^_^*)

次に、デカールを貼りました。
デカールは、キットのものは使わず、まっきーさんから通販で購入したものです(^^♪
プロップを徹底的に解析して製作されたデカールで、キットのものとは比較にならない程リアルな仕上がりです。
まっきーさんのデカール.jpg
※コピー防止のため、この画像は500ピクセルで掲載しています
他のバリエーションのスピナー(そんなのあったんだー)用のデカールも付いており、スピナーを作ろうと思っている方には必需品です(^^)/
詳しい貼り位置の説明はこちら
http://macky2019.exblog.jp/16969907/#16969907_1
まだ販売しているのか未確認ですが、興味のある方は是非入手して下さい(^^♪

デカールは、ちょっと固いと感じましたが、透過も無く市販のものと全く遜色無く貼れます(^^♪
デカール貼った.jpg
貼り位置も説明書が付いてきますし、キットの貼り付け図もありますので、ボクの様なヘタレファンでもそれ程迷う事無く貼る事が出来ました(^_^*)
キットにはウィンドゥに貼る「禁止進入」が付いていますが、その下にも赤丸で「堂經永」の文字があるハズで、まっきーさんのデカールではサイズまでドンピシャでしっかり再現されています(^^)/
デカールアップ.jpg
逆三角形のスピナーマークは、デカールに用意されていましたが、キットにはせっかくエッチングパーツとして付属しているので、こちらを使いたいと思っています。
トップコートが終わってから貼り付ける事になると思います(^^♪

一番心配していたのは、後ろのバンパー?部分でしたが、奇跡的に一発で貼れました(^^♪
もちろん、マークソフターは使いました(^_^;)
ちょっとケバい.jpg
ただ、バンパー等のトラ模様は、発色が良過ぎてケバく感じます。
なじませ塗装.jpg
デカールの上から車体色を薄く吹いて、馴染ませる処理をして置きました。
この後のトップコートで効果は半減すると思いますが、より自然な感じに仕上がってくれると思います(^^♪

デカールは1日置いて完全に乾燥させ、クリアーでトップコートしました。
いつものGX100スーパークリアーⅢです(^_^*)
乾燥には、秀兄ぃさんに教えてもらった、山善さんのYD-180という食器乾燥機を使っています。
アマゾンで安く購入出来ますし、自然対流方式のため、ホコリも付きません(^^♪
クリアー乾燥中.jpg
クリアーは、一度乾燥させてから2000番のペーパーで水研ぎし、更にクリアーを重ねました。
この食器乾燥機のおかげで、2時間程度の乾燥時間で研ぎ出し可能になっています。
秀兄ぃさん、ありがとう(^^)/
ただ、そんなにピカピカにするつもりは無いので、仕上がりは甘いです(^_^*)
製作された方々が、みんなピカピカに仕上げていらっしゃるので真似してみた感じです。
トップコートした事で色調が変わり、紫の成分やシャドー効果が薄くなりました(+_+)
思ったよりすみれ色みたいになってしまいましたが、今更塗りなおしは出来ませんのでこのまま行きます(^_^;)
一応、2回トップコートした事になるので、念のためこのまま一晩乾燥させたいと思います。
明日の仮組みが楽しみざんす(^^♪

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(10) 
前の10件 | 次の10件 フジミ SPINNER 製作記 ブログトップ