So-net無料ブログ作成
検索選択

雪の表現・完成 [1/144 AT-AT 製作記]

今回は汚しの画像、電飾の配線、雪の表現を加えて完成です。

汚しは、エナメルと色鉛筆で表現しています。
製作途中の画像が少なくて申し訳ないのですが、汚した画像をたくさんアップしてみますので、良かったら参考にして下さい(^_^*)
汚しの数々.jpg
A 「被弾ダメージモデル」は、上面の小さいパネルや突起がありません。
  スッキリしていて美しく、ボクはこっちが好きですね(^_^*)
B 左側面には、特徴的な「レ」のキズがあります。
  ここも色鉛筆で書き込みましたが、プロップと同じ形に、何度も書き直
  しています。
C パネルや装甲は、下に行く程トーンを落として、巨大に見せる工夫をし
  ています。
  実際のプロップでは表現されていない効果ですので、言われて気付く程
  度の効果に留めています。
D 足の汚れは、装甲と違って油汚れがメインです。
  こちらはブラウンが濃いコゲ茶を使って汚しましたが、プロップと色味
  をそろえるために、特別にジャーマングレーも使っています。
  
汚しの数々2.jpg
A おなか部分も油汚れがメインなので、ブラウンが濃い汚しを加えています
  ここも白いものが汚れた仕上がりになる様に気をつけています
B かかとは、一番汚れる部分ですので、強く汚しました。
  エナメルでエッジに汚れ溜まりを作り、色鉛筆でスジを描いています。
  このモデルはEP.Ⅵでエンドアのシーンに転用されてしまったので、今で
  は泥汚れが加えられており、ホスの汚しは想像で汚すしかありません。
  すごく汚れている部分と、そうでもない部分のメリハリを付けるのがコツ
  でしょうか(^_^;)
CDこのモデルは、足回りがとても汚れています。
  油が垂れた様子も書き込んでみました。
  
さて、目の電飾を組み込みます。
電飾の配線.jpg
A スイッチは内部に取り付けました。
  点灯させるには、いちいち装甲を外さなくてはなりませんが、外観にキズ
  を付けたく無かったので、この位置にしました。
B ブラックで遮光したボックスを取り付けます。
  せっかくの内装パーツは使用しませんでした。
C 電池は、このような感じで収まります。
  内部でカタカタと動かない様に、プラ板でスキマを調整しています。
D 赤い光は、あまり強く発光していない方が雰囲気が出るので、抵抗を大き
  くして暗くしました。
  CRDは15mAに固定されてしまうので、暗くしたい場合は抵抗を使いま
  す。
  暗くすれば、そのぶん電池も長持ちします。

点灯させてみたの図
点灯.jpg
暗めにしても、点灯していることは判るので、充分です(^^♪
効果としては小さいですけどね。

これで完成でも良かったのですが、やはり雪の表現は加えたいです。
最後に、積もった雪を加えてみました。
スケール的に重曹では粒が大きすぎるので、タイルの目地補修用のセメントを使いました。
雪 1.jpg
紙コップにマットメディウムと水でノリを作り、タイルの補修材を加えました。
爪楊枝で、積もりそうな場所に盛り付けていきます。

雪 2.jpg
水で濡らした筆で、重力方向になぞって、積もった感じに整えます。
筆を縦に使って、ボコボコの表面にすると雰囲気が出ます。
筆はもう使えなくなるので、100均の安物で充分です。
多少、細かい粒が残っても、つや消しでコートすると消えちゃいます。

この方法で、あちこちに雪の積もった場所を作りました。
雪 あちこち.jpg
雪の表現は、プロップの画像を見ても、あんまり参考になりません(^_^;)
こんな感じかなーと、自由に加えてみるのがよろしいかと思います。

完成です。
完成.jpg
やはり、雪の表現は加えて良かったかと思います(^^♪
AT-ATと言えば、ホスのイメージが強いですからねー
ディテールが完璧なので、塗装や雪の表現で遊んでみるのが、このキットの楽しみ方かも知れません。
たくさんの方に作ってみて頂きたいキットです。

すみません。
時間が無くて、今回は完成画像は撮影しておりません。
静岡ホビーショーで展示しますので、ぜひ会場で実物をご覧頂きたいと思います。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(8)