So-net無料ブログ作成

塗装と仕上げ [アルカディア原作版 製作記]

今回は塗装して、最後の仕上げです(^^)/

成型色が青なので、まずはサフを吹きました。
塗装 サフ.jpg
それからシーブルーでくぼんだところや立ち上がりの部分に影を吹いています。
立体感を強調しようと思って吹いたのですが、この後の船体色を吹いたら殆ど効果が無くなってしまいました(^_^*)

船体色を吹きました。
船体色.jpg
今回は緑寄りのブルーグレーを吹いてみました。
ミディアムブルーと濃松葉色を7:3です。
エナメルのブラックでスミ入れもしましたが、どうもサッパリしていて立体感や巨大感がありません。

汚しを加えてみる事にします。
汚し.jpg
A エナメルのブラックで縦のスジをランダムに入れました。
B 溶剤を染み込ませた綿棒で縦に拭き取ります。
  上から下に、段々と濃くなっていく感じに残します。
C パーツはまだ接着していないので、出来るだけ分解した状態で加えます。
D ある程度拭き取ったら、薄くしたブラックで目に見えない程の細いスジを
  更に加えています。

細部も仕上げていきます。
仕上げなど.jpg
A 建造物も縦の微妙な汚しを加える事で立体感マシマシになります。
  あまりやり過ぎないのがポイントです(^_^*)
  スリットやへこんだモールドには、濃いブラックを流してクッキリと黒くする
  と、密度感もマシマシになります。
B 汚しはこの程度で抑えました。
  あまりやり過ぎると汚いだけになってしまいます。
  汚し塗装はリアリティーを出すために行うものなので、現実離れした汚しは
  返って逆効果になってしまいます。
C ドクロマークは別パーツになっています。
  目や鼻の部分は抜けていますので、黒くなる様にデカールが付属しています。
D ラムは焼鉄色で塗装してから、刃の部分に8番シルバーを細吹きしました。
  硬くて鋭い金属の感じに仕上げています。

ゴールドのリーフは筆塗りです。
リーフ.jpg
A 船体や船尾楼には、細かいリーフがビッシリモールドされています(^_^;)
  超メンドクセーのですが、ひとつひとつGXブルーゴールドで筆塗りしました
  こんなに細かいモールドを筆で塗るなんて無理!と思われる方もおられるかも
  知れませんが、心配ナッシング。意外といけるもんです。
  コツは、良い筆を使う事かな?手先の器用さはそんなに関係ありません。
B リーフを塗装したら、エナメルのブラックで影を入れます。
  アンティーク調の家具みたいな、豪華な仕上がりになります。
C 窓はクリアーイエローで成型されています。
  細かい格子はドライブラシで着色させましたが、筆よりも綿棒をコロコロと
  転がした方が綺麗に塗りわけ出来ました。
D 発光させた状態です。
  船尾楼は、アルカディア号のシンボルともいえる部分ですので、塗装にはじっ
  くりと時間を掛けました。

最後に配線して船体を接着します。
配線.jpg
全ての配線を繋ぎ、点灯テストを済ませたら、バラバラだったパーツを接着します。
支柱の差込みが艦橋パーツに組み合わさる構造なので、しっかりと接着しなければなりません。

さて、これで完成しました(^^♪
完成画像は、別記事としてアップしますね。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。