So-net無料ブログ作成

バーナーとストレージポケット [1/2 BB-8 製作記]

今回は、バーナー・アームと、ストレージ・ポケットの製作です。

劇中でも、バーナーをサムズアップのように点火して、可愛かったですよね。
キットには、バーナー・アームの他、フィンに電撃を食らわせた放電アームや、R2のカバーを取り外したハンド・アームも付属しています。
今回は、最も印象深かったバーナー・アームのみ、製作してみることにしました。
実は、点火口には、1608タイプのチップLEDなら仕込むことが出来ます。
バーナーLED.jpg
配線の取り回しには工夫が必要ですけど、比較的簡単に電飾できると思います。
でも、折りたたんだ状態でも点灯しているのはおかしいですよね(^_^;)
内部にスイッチを仕込んで、立てた時だけ点灯するようにしてみました。
バーナー スイッチ.jpg
A バーナーのパーツです。
  本来は、飛び出している丸いダボに、バーナー本体が収まって回転する
  構造ですが、スイッチを仕込むには都合が悪い構造です。
  ダボを切り取り穴を作って、バーナーに軸を作りました。
B 内部にはマイクロスイッチを取り付けて、LEDの電源をON/OFFできる
  ようにしました。
  回転する軸には突起を付けてあり、余計な部分まで回転してしまわない様
  に、ストッパーになっています。
C んで、このストッパーが、マイクロスイッチを押す事で、立てた時だけ
  LEDが光る仕組みを作りました。
D このままでは、配線の弾力で状態をキープ出来ないので、軸受け部分には
  ポリキャップを仕込んでキツくしました。
  これで立てた状態でも倒した状態でも、その位置で止まったままになりま
  す。

点灯させる事以外にも、これまた工作は必要です。
バーナー 差込式.jpg
A カバーは、引き出して開ける、球体ならではの構造です。
  実は、電動で開閉出来ないか、試行錯誤していました(^_^*)
  ある程度は出来たのですが、構造が複雑になってしまうので故障する危険
  があるため、今回は見送りです。
  カバーの裏面には、押し出しピンの跡が多数あったので、削り取っていま
  す。
B アームは、キットの状態より深く刺さる構造にして、ホールド力を高めます。
  そのため、取り付けるダボの一部をカットして、受け口を内部に逃がす空間
  を作りました。
C アームの基部には、2ピンの端子を作ります。
  ここからLEDの電源を取ります。
D アームの受け口には、2ピンのためのコネクタが付きます。
  アームを挿せば、このコネクタに接続されるワケですね。

アームの中には、配線が通っています。
バーナー アーム.jpg
LEDのための配線なのですが、コネクタにはPICマイコンから高速明減の信号が常に出ていて、バーナーの炎らしく瞬く点灯になります。

差込口は、一段奥にしました。
バーナー 差込口.jpg
劇中では、穴の奥からアームが出でくるのですが、キットでは表面に取り付けるだけです。
穴を開口して、一段奥に差込口を作り、劇中の様子に合わせました。
ちなみに、カバーの内部には、オレンジ色の部分がありますので、塗りワケています。

バーナー完成です。
バーナー 点火.jpg
これで、アームを差し込んで、点火口を立てると発光するバーナーが出来ました(^^♪
塗りワケが実物と違っていますが、すみません。塗装するのを忘れました(^_^*)

続いて、ストレージ・ポケットの製作です。
ここにはルークの居場所を記した地図を記録した、メモリーチップが隠してありました。
キットのままでも、引き出してチップを出し入れする事が可能ですけど、電飾はされていませんので追加してみました。
メモリ 加工.jpg
A ボックスを引き出す際、カバーのクリアーパーツが引っ掛かる場合があり
  ます。
  赤で成型されたパーツの一部をちょっとだけ削れば、干渉しなくなります。
  それでもキツキツのクリアランスですので、スムーズに出し入れできる
  様に、すり合わせしておくとよろしいかと思います。
B ポケットにメモリーチップを入れておくと、身体の内部に落ちてしまう
  可能性があります。
  落ちない様に、プラ板でフタを作っておきました。
C チップがポケットの中でカラカラ動くのも困るので、磁石で固定できる
  様にしました。
D ポケットの手前には、中央が青、両脇が赤の発光部分があります。
  この光が、カバーのクリアー部分を発光させています。
  3ミリのLEDを仕込むには、内部空間が足りないので、中央部分は開口
  して、ブルーのチップLEDを取り付け、透明なエポキシ接着剤で封入し
  ました。
  両脇の赤く光る部分は、1ミリの光ファイバーを差し込んで、光らせます。

何気に、内部の空間は狭いです。
メモリ チップと配線.jpg
光る部分がたくさんあるのに、内部の空間があまりないので、電飾を仕込むのは大変です。
殆ど、チップLEDを使って点灯させました。
メモリ 発光状態.jpg

これでストレージポケットも電飾完了です。
メモリ 取出し可能.jpg
チップは、映像を見てグレーに塗装したのですが、実際には白だったのですね(^_^;)
暗いところでしか取り出していないので、色が判らなかったです。
どうりで成型色が白かったワケです(-_-)

次回はベシャリ機能の製作をご紹介します。

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(4) 

コメント 4

海座頭

おもちゃショーで、
バンダイ
PG(パーフェクト グレード)
1/72 ミレミアム ファルコン
¥43,200
が発表された様です。
by 海座頭 (2017-06-04 17:38) 

どろぼうひげ

海座頭 さん、こんばんは(^^♪
ツィッターでは、当日その話題で持ち切りでしたね^_^;
今から貯金しなくては!
by どろぼうひげ (2017-06-04 21:38) 

海座頭

プレバン限定で、一般販売しない様なので、
注意した方が良いですよ。

下手に買い逃すと、再販されない地獄に陥りますよ。
予約開始日は、スマホ(PC)の前で、
スタンバってた方が良いですよ。
by 海座頭 (2017-06-05 01:30) 

どろぼうひげ

海座頭 さん、こんにちは(^^♪
ご指摘、ありがとうございます。
そうですね。気をつけましょう
by どろぼうひげ (2017-06-06 09:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。