So-net無料ブログ作成
検索選択

頭部の旋回 [1/2 BB-8 製作記]

本日から、ModelGraphix誌に掲載中のバンダイ 1/2 BB-8の製作記をスタートしたいと思います(^^)/

1/2と頭では判っていても、完成するとかなり大きく感じます。
胴体部分は、多角形が組み合わさったフレームがあり、そこへ外装を取り付けていく感じで、同じような形の巨大なパーツがたくさんあります(^_^;)
ちなみに、ダボの形が全て違うので、間違えることはありません。
この構造によって、球体なのに全てのパーツがしっかりと組み合わさります。
普通に考えれば、メルカトル図法のようなパーツ構成を考えると思いますが、色分けと強度が両立されている辺りは、さすがはバンダイですね。
巨大スケールですので、内部には結構な空間もあり、色々と仕込むには都合が良いです。
ただ光らせるだけでは面白く無いので、動いたりしゃべったりするギミックを仕込んでみる事にしました(^^♪

さて、今回は頭部を旋回させる工作です。
始めは胴体にモーターを仕込んで頭全体を旋回させるつもりでしたが、よく見ると頭全体が旋回しているのでは無く、シルバーの帯の上だけが動いているみたいです。
上部分のみ回転できる様に、パーツを加工しました。
プラ板でガイド.jpg
オレンジより上が旋回しますが、中心に回転軸を作っただけではブレが出てしまいます。
出来るだけ外縁で回転の邪魔にならない様に、オレンジのパーツにプラ板でガイドを付けました。
どの方向になっても外れないためには、最低でも3箇所にガイドが必要です。

ガイドを受ける側にも、加工が必要です。
ダボをカット.jpg
本来、パーツを取り付けるためのダボを切り取り、プラ板でフタをして引っ掛からない様にしました。
プラ板のガイドがスムーズに移動出来る様に、僅かな段差も修正しておきます。

実際に、可動する部分を組み合わせてみました。
回転可能になった.jpg
何度も回転させてみて、引っ掛かる部分が無いかチェック・修正していきます。
とりあえず、ほとんど負荷の無い回転が出来るようになりました。
回転させる時、パーツ同士がスレる音が出てしまうので、ツルツルのテープを貼ったり、金属線を貼り付けてみたりしたのですが、摩擦が大きくなってしまったり、隙間が出来てしまったりして、良い結果になりません(-_-)
結局、音は仕方が無いものとあきらめる事にしました。

次に、回転軸を作ります。
回転軸は磁石で.jpg
A 回転軸は、モーターと固定しません。
  何らかの力が掛かった時、内部の機構が破損してしまうのを予防する事と、
  展示会などで子供が手を出した時、ケガをさせてしまわない様に、すぐに
  外れる構造にしておきます。
  モーターの動力は磁石で伝達する様にします。
  5ミリのプラ角棒に穴を掘り、磁石を埋め込める様にしました。
B モーターは、60rpmのギヤードモーターを使います。
  プラ板にネジで固定しました。
  60rpmでも早過ぎるので、回転速度を落とす必要がありそうです。
C 駆動軸を取り付けました。
  プラ板には、プラ角棒を接着して、ゆがみや変形が起きない様に補強して
  あります。
D 動かない方の基部にも、磁石を取り付けました。
  回転軸は、磁石の力で固定されいて、万が一の時に外れて空回りする構造
  になります。
  要するに、クラッチですね(^_^;)

組み合わせてみました。動作範囲.jpg
回転するのは、モーターが取り付けられた上側になります。
首は真横まで動かす必要は無いので、左右に30度で動作範囲を決めました。
停止させる位置に、マイクロスイッチを取り付けて、PICマイコンに検知させます。

制御回路を組み込みました。
ストッパー.jpg
回路は、動作の邪魔にならない様に、出来るだけ可動範囲の外に取り付けています。
念のため、オーバーランしてしまわないように、スイッチの外側にストッパーを付けておきました。
もし、マイクロスイッチの接点に寿命がきても判るようにしています。

制御回路は、アンドロメダの砲塔旋回の回路をそのまま使いました。アンドロメダ 砲塔回転 制御回路.PNG
回路レイアウト.jpg
PICマイコン12F675と、モータードライバICTA7291P、それとモーターを減速するための電圧コントローラ回路の構成です。
モーターへの電圧を落とすので、ギヤードモーターのトルクも落ちますが、元々強力なトルクを持ったモーターですので、大きな頭でも余裕で動かせます。
この時点では左右に動かすだけにするつもりでしたが、中央で停止した方がBB-8らしい動きになるので、中央位置にもマイクロスイッチを増設しました。
動く方向やタイミングはランダムで、作ったボクにも次はどちらを向くのか判りません(^_^;)
単調に一定間隔で動くよりも、よりBB-8らしい動きになったと思います。
なんとなく、ボーッと見てしまうんですよね(^_^*)

最後に、頭部を取り付けます。
頭部取り付け.jpg
頭部の中心にモーターの軸が来る位置に微調整しながら、接着しました。
中心の位置は、何本か対角に糸を張れば位置合わせ出来ます。
モーターの電源はコネクタにして、一応取り外し可能にしておきました。
ちなみに、動く頭部には電飾を加えるので、後からコネクタはもっと必要になります(^_^;)

次回は、バーナーやメモリーポケットの製作をご紹介します(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。