So-net無料ブログ作成

照明と塗装 [VM TIE-ADV.&TIE 製作記]

室内の照明を追加して、イオンエンジンも発光させました。

赤い模様の光だけでは、室内が真っ暗で何も見えません(-_-)
照明を点けることにしました。
室内照明.jpg
白色チップLEDを、前方窓の上に取り付けました。
この位置なら、前から覗いてもLEDが見えないし、視線の上にあるので光の当り方も自然になります。
ただ、そのままでは光が強すぎて、ベイダーが恥ずかしがるので、軽くブラックを吹き付けて光を弱めました。
ブラックは濃い青なので、光は青白くなりますが、それが幸いして劇中っぽくなってくれました。
発光状態.jpg
ちょっと室内がスカスカですよね(^_^;)
照明を点けたおかげで、見えないと思っていた内部が丸見えになっています。
もう少しコックピットを狭く作れば良かったです(+_+)

続いて塗装ですが、機体の色をグレーにするかブルーが強い色にするか、悩ましいところですね。
EP.Ⅳの時はグレーだったのに、EP.Ⅴ~Ⅵはブルーになったみたいで、どちらでも正解です。
今回はブルーが微量に入った306で塗装してみました。
スケールを考えると、特にシャドー吹きもせず、スミ入れするだけで充分ですね。
ただ、ソーラーパネルの枠は、チマチマとマスキングしなくてはなりません。
マスキング.jpg
100均の紙絆創膏を使って、部分的にマスキングしながら塗り分けました。
タミヤのマスキングテープより柔軟性があって、緻密なデコボコにもフィットしてくれます。
しかも安いので、どんどん使ってどんどん交換します(^_^;)
いっぺんにマスキングしてから塗装するより、格段に早く正確に塗装できます。

イオンエンジンも電飾してみます。
イオンエンジン.jpg
ベイダー機は4つ、タイファイターは2つのイオンエンジン噴射口があります。
こんなに小さい噴射口で、X-WINGと同じスピードが出せるとは、なんて効率が良いエンジンなんだと思いますが、詮索してはいけません(^_^;)
0.5ミリの穴を開けてファイバーを仕込み、機体内部に赤色チップLEDを取り付けました。
LEDは2個組で直列にしてあります。
電源は5Vですが、赤色LEDは1.7~2.2Vあれば発光してくれますので、2個並列にしても(保護抵抗は必要)ちゃんと光ります。
こちらもエポキシ接着剤で包み込むように盛り上げて接着しました。

遮光します。
遮光の塗装.jpg
光らせたままブラックを吹き付けて、完全に遮光しました。
LEDを包み込んで接着したのは、塗装で遮光してしまうためです。

完成しちゃいました
ベイダータイ完成.jpg
タイ完成.jpg
普通に組み立てて塗装するだけでも、充分にカッコイイのですが、キャノピー開口によって密度が格段にアップします
それだけ再現度の高いキットだといえますね(^^♪
電飾なんてしなくても良いので、是非一度製作してみる事をお勧めします(^^)/

完成画像は、別記事へアップさせて頂きますね

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。