So-net無料ブログ作成
検索選択

エンジンと艦橋の電飾 [シャングリ・ラー 製作記]

エンジンと艦橋の電飾です(^^)/

シャングリ・ラーのエンジンは、円形の噴射口に格子状でピンクに発光しています。
普通に格子状に発光させても充分に表現出来ますが、ちょうどチップLEDをぐるりと配置すれば格子状に見えるのではないかと考えました(^^♪
しかも、PICマイコンで回転させるのも面白そうです。
エンジンにLED.jpg
A 噴射口のパーツに、ピンクのチップLEDを配置しています。
  制御線の数を減らしたいので、LEDは対角線で並列に繋いでいます。
  回転させる場合は、対角線のLEDが同時に点灯/消灯する事になります。
  内部では配線がゴチャゴチャになりますので、場所を取らないポリウレタン線
  を使っています。
B 全てのLEDを配置しました。
  全部で12個ありますけど、対角線でつながっているので、プラスが6本とマイナス
  6本となって出てきます。
  パーツに穴を開けて、配線は中で結線しています。
C 噴射口には、リングのカバーが付きます。
  ダボを削り取って、干渉しないで取り付け出来るように整形しています。
D 発光させてみました。
  狙い通り格子状に発光してくれました(^^)/
  ただ、普通のPICの出力で2個のLEDを発光させても、電力不足で光が弱いです。

LEDを対角線で結線して、制御線の数を減らしましたけど、2個並列でつながっているLEDをPICの出力である5Vで発光させても暗過ぎてダメダメですな(ーー;)
そこで、電源の9V/12Vから直接CRDを通して発光させたいと思います。
エンジン回転回路図.jpg
PICの信号でトランジスタをON/OFFさせて発光/消灯を制御させます。
これなら電源として9Vか12Vを使えますので、最大の明るさで発光させられます(^^♪
12Vの場合、ポリウレタン線では断面容量をオーバーしていますので、若干発熱しそうですが、過去の製作で使った感じでは何とかイケると思います(*^_^*)

PICマイコンで制御基盤を作りました。
PIC回路.jpg
6個のトランジスタを制御するので、16F88を使いました。
このマイコンには、他にもノーマル/戦闘モードの切り替えや、ガミラス目の色変化、ついでに航行灯の点滅も制御して頂く所存でございます(^^♪
回路図にあるCRDを載せると本体下部に内蔵出来なくなるので、CRDは別にすることにしました。

エンジンの制御線を、本体内部に通していきます。
CRDは別.jpg
CRDは途中の空間にまとめています。
電源からCRDを通して、それぞれLEDへと繋がり、制御線6本がPIC回路へとつながっています。
かなりの配線量ですけど、ポリウレタン線を使ったおかげでスッキリとまとまりました。

PICマイコンのための電源を用意します。
電源.jpg
いつもの100均のシガーライターソケットからUSB電源5Vを取るアダプタを使いました。
端子やUSBコネクタ、インジケーターLED等は取り外して、基盤もカットしてコンパクト化しています。
一応、スイッチング電源なので、発熱が少なく電圧の変動にも強いです。
発熱が無いというのは、密閉された模型に内蔵するには最適ですね(^^♪
また、9V電池からでも12Vアダプタからでも、安定した5Vの電圧を作ってくれるのもありがたいです。
特に、このチップは変換効率が良いので、電池の持ちにも貢献してくれます。
こんな便利なアイテムが100円で手に入るなんて、信じられないです(^_^;)

最後尾の安定翼には、航行灯が光っています。
航行灯.jpg
すでに、先端を太らせたファイバーを埋め込んでありましたので、船体内部に引き込んでおきました。
航行灯は他にもありますが、全てPIC制御基盤に集めて、グリーンLEDで点滅させてみたいと思います。
幸い、PICの足が余りまくっていますので、LEDのひとつやふたつ追加してもへっちゃらです(^^♪

続いて、艦橋の電飾です。
艦橋には、窓の他に両脇と後ろに発光しているところが確認できます。
でも、こんなに小さなところにファイバーを仕込むなんて無理!
なので、透明プラ板を使って先端まで光を導く事にしました。
艦橋の電飾.jpg
A 艦橋の後ろにフィンがありますが、この先端が光っています。
  パーツのフィンを切り取って、切り込みを入れ、透明プラ板を差し込みます。
B 両脇の下にある小さなフィンの先端も光りやがります(ーー;)
  こちらも透明プラ板に置き換えておきました。
C 透明プラ板の断面に光が当たる様に、グリーンのチップLEDを取り付けました。
  位置が決まったら、パテでガッチリ固定してしまいます。
  窓にはピンクのチップLEDを取り付けました。
  この後、曇らせた透明プラ板で光を分散させ、均一な発光面を作ります。
  なお、航行灯は、戦闘モードの時は消したいので、窓と配線を別にしました。
D 発光させてみた状態です。
  まだ遮光していないので光がダダ漏れですが、透明プラ板の先端まで光が届いて
  くれています。

遮光して、艦橋を組み立てます。
艦橋の組み立て.jpg
A 航行灯の部分には、パテを盛ってブラックを吹いて遮光しました。
B 窓には曇らせた透明プラ板を取り付け、さらにアルミテープを貼ったプラ板で
  フタをしました。
  この後スキマをパテで埋めてブラックで遮光してしまいます。
C CRDをパーツのスキマに取り付けました。
  窓はずっと点灯したままですが、航行灯は戦闘モードの時は消したいので、
  配線は別になっています。
D 艦橋を接着して、合わせ目を消しました。
  付け根の合わせ目は設定には無く、美観を損ないますので、絶対に消して
  置きたい部分です。

艦橋が完成しました。
艦橋の完成.jpg
最後に透明プラ板の先端をカッターの先でコリコリはがして完成です(^^)/
画像は、両脇の小さな航行灯をはがしてみたところです。
こんな小さなパーツの先端だけを光らせるなんて無理だと思ったのですが、どうにか点灯してくれてホッとしました。
小さな発光なので、気付いてもらえないかも知れませんけどね(;一_一)

次回は 切り替えスイッチとガミラス目の電飾をご紹介したいと思います(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


  
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。