So-net無料ブログ作成
検索選択

アナライザーの製作 [AU-O9アナライザー 製作記]

ModelGraphix誌 2014.09 No.358 に掲載して頂いた、アナライザーの製作記です(^^)/

アナライザーは貯金箱になっていた旧キットを一度作った事があります(^^♪
もう4年も前ですけど、そちらは電動歩行する様に改造して遊んでいました(^_^*)


今回は2199版のAU-O9アナライザーです(^^)/
メーター類は全部同じ色で発光する様になり、腕はより人間っぽくなって、肩へと繋がっていたチューブがなくなりました。
デザイン的にも洗練されて、いかにも実在しそうな感じにまとめられているところがお見事ですね(^^♪
そんなアナライザーですが、第9話『時計仕掛けの虜囚』では、ガミロイド兵オルタとの友情、葛藤、そして別れが描かれていて、SFファンとしては強く印象に残るエピソードでした。
単なるロボットの哀愁を取り上げただけでは無く、ここで解析されたガミロイド兵のシステムが、最終話で活かされてヤマトを救う事になるワケで、ちゃんとした伏線にもなっていたんですね(^_^*)
今回はそんなオルタとの別れのシーンを、ジオラマにしてみる事にしました。
奇遇にもHJ誌では、あのyubabaさんが同じシーンを再現されていてビックリ!
しかも同月に掲載とは、恐れ多いです(;一_一)

さて、まずはアナライザーの製作です。
とても組みやすく設計されていて、あっと言う間に仮組みは終了しましたが、プロポーションは完璧です。
困った事に、いじるところがありませんので、その分乾燥に時間が掛かる光沢仕上げにしてみる事にしました。
光沢にすると、よりロボットらしく仕上がると思います(^^♪
赤は下地の色に影響されやすいので、サフを吹いて明るい下地を作り、エッジにシャドーを吹いて置きました。
サフ・シャドー.jpg
赤はとても透過しやすい色なので、シャドーは控え目にしています。
っていうか、あんまりシャドーが強くてもワザとらしくなってしまうので、良くみると入ってるね!程度の仕上がりを目指します(^_^*)

赤を吹きました。
赤塗装.jpg
イメージではシャインレッドなのですが、あまり明るい赤ですと軽くみえちゃいそうです。
設定画でも暗い赤ですが、レッドそのものでもありませんね(^_^;)
というわけで、Mr.カラー No.327 レッド FS11136 を使ってみました。
今回は光沢仕上げにするので、クリアーが乗るとズッシリ重量感が出てくれると思います(^^♪
シャドーを微妙に残しながらムラ無く吹き付けました。

クリアーを吹いて、細部を塗り分けました。
クリアー.jpg
スーパークリアーを4~5回吹き付けました。特に研ぎ出しはしていません。
実はアナライザーを作っていた時、静岡ホビーショーの真っ最中で、その間ずっと乾燥機に入っていました(^_^*)
帰ってきてからもすぐに着手できなかったので、5日間くらいは乾燥しっぱなしです。
おかげでクリアー層は完全に乾燥していましたので、そのままスリット関係をつや消しブラックで塗装しています。
エナメルのブラックも併用して、エッジの効いた塗りワケが出来ました(^^♪

他のパーツを塗り分けていきます。
塗りワケ.jpg
A アンテナはシャープに削り出しました。
B イエローのパーツを塗り分けています。
  首のリングは明るいイエローですので、イエローFS13530です。
  関節のダイヤルや指は、やや黄色寄りの黄橙色を作って塗装しました。
  アンテナはオレンジ+ブラウン+ホワイトで、明るいオレンジに仕上げています。
  足ひざの関節にあるリングは、キットではイエローで成型されていますが、設定では
  ブラウンです。
  腰のリングと同様に、レッドブラウンで塗装しました。
C キャタピラは、ウッドプラウンで全体を塗装してから、ダークイエローで服帯を筆塗りです。
  エナメルのブラックでスミ入れもしました。
D 頭部のメーターパネルは、フラットブラックで塗装してから、メーター周りをエナメルの
  シルバー+グレーで筆塗りです。
  エナメルを使っているので、失敗してもふき取れますゼ(^^♪

塗装が一段落したら、電飾の加工です。
まずは口を光らせて見ます。
口の電飾.jpg
A 口の部分には、4箇所の光る部分がありますので、イエローのチップLEDを4個、
  電子パーツの足にハンダ付けしました。
  チップLEDは、光る側にも導通部分があるので、ソコを引っ掛ける感じでハンダ付け
  しています。
  すぐに外れてしまわない様に、すこしでも接触面積を稼いでハンダ付けしています。
  点灯には、超小型のPICマイコン12F675を使いました。
  ごらんの様に、指先に乗ってしまう程小さなマイコンです(^_^;)
B マイナスは共通にしたので、プラス側にポリウレタン線をハンダ付けして、口に固定
  します。
  固定にはホットボンドを使いました。
  チップLEDはいじっているとすぐに配線が外れてしまうので、出来上がったらすぐに
  固定してしまうのがオススメです(^_^;)
C チップLEDとパーツの間に、0.3ミリのプラ板を挟みました。
  光が直接見えてしまわないように、拡散させるのが狙いです。
D マスキングして、ブラックを吹いて遮光しておきます。
  LEDの裏側にもしっかり吹き付けて置きました。

口の4個のLEDは、ランダムに光るだけではなく、劇中の点灯パターンを再現してみました。
発光パターン.jpg
後頭部のパーツの隙間にPICマイコンを忍ばせています(^_^*)
保護抵抗もチップを使い、直接ハンダ付けする事で省スペース化しています。
点灯パターンは劇中から5パターンを用意しました。
発光する順番をビットパターンにして、PIC内部のEP-ROMに書き込んでいます。
どのパターンにするかランダムに選んだら、あとはROMの内容をGPIOに出力するだけの簡単なプログラムです(^_^*)
ちなみに、全く発光させない選択もありますので、発光するタイミングもランダムです(^^♪
メーター部分は、クリアーのままでは内部が丸見えになりますので、裏側から0.1ミリのプラペーパーを貼り付けて置きました。

メーター類も電飾します。
フルカラーLED.jpg
別売の発光ユニットを使えば、手軽に発光ギミックが実現できますが、劇中では様々な色で発光していますので、再現してみたいところです。
A お腹のメーターも発光させたいので、裏側からプラペーパーを貼り付けてあります。
  2199のアナライザーは、全てのメーターが同じ色で発光するのでラッキーです。
B 内部の至る所にアルミテープを貼って、出来るだけ光を拡散させています。
C フルカラーLEDを2つ、並列に繋ぎました。同じ色で発光してくれます。
  全体をペーパーでヤスって、光を拡散させています。
D 首との接続は磁石で取り外し可能です。
  この時点ではコア・ユニットのプログラムまで進んでいなかったので、後からPIC
  マイコンを取り外せるようにしています。
E 口のマイコンへ電源を供給するためのコネクタです。

フルカラーLEDは、R(赤)・G(緑)・B(青)のLEDが一つのパッケージに入っているLEDで、無限の色が作りだせるLEDです(^^)/
例えば、赤と青を点灯させれば紫になりますし、赤と緑で黄色になります。
また、全部点灯させれば白にもなります。
こちらのサイトで詳しく説明されていますので、興味のある方はどうぞ(^^)/
http://homepage3.nifty.com/mitt/pic/pic5_13.html
※すみません。無断で紹介しています。問題がありましたらご指摘下さいm(__)m
マイコンでRGBそれぞれの強さをPWMでコントロールすれば、どんな色でも作り出せます(^^♪
ただし、3色とも弱すぎると暗い光になってしまうので、ある程度の光量以上になるように調整しています。
5秒こどに色を変えるようにプログラミングしましたが、3色の強さは全くのランダムですので、作った本人もどんな色になるのか判りません(^_^*)
七変化.jpg
すごーく綺麗な色になる時もあるし、ほとんど変わっていない色になる時もあります。
何だか気まぐれなアナライザーみたいで、自分では気に入っています(^_^*)

コア・ユニットも電飾しています。
タスク・レコード.jpg
オルタからタスク・レコードを取り出しているシーンにしたかったので、コア・ユニットも電飾する事にしました。
A ひとさし指と小指に穴を貫通させ、0.3ミリの真鍮線を通しました。
  真鍮線にはポリウレタン線をハンダ付けしておき、配線を手首へ引き込んであります。
  真鍮線は電気を通しますので、配線材料として使います。
B コア・ユニットは、内部に空間が出来る様に自作しています。
  1608イエローチップLEDを収めて、配線を通しました。
  画像のマス目は5ミリですので、かなり小さな工作になります(^_^*)
C 発光部分には、ネイルアクセサリーを使ってカバーを作りました。
  裏がメッキされていましたが、ナイフで削り取って曇らせつつ透明度を出しています。
  外観も設定資料を参考に自作しました。
  配線は指先が当たる部分に出てくるように通しています。
D 真鍮線と繋ぎ、指先はエポパテで造形しました。
  塗装しちゃえば何となくそれらしく見えてくれたかな(^_^*)
  これで発光するコア・ユニットが出来ました。

腕の中に配線を通します。
腕の中に配線.jpg
幸い、腕の中は空間があるので、関節さえクリアすれば配線を通すのはラクチンです(^^♪
アナライザーは関節がグリグリ動いて楽しめるのですが、今回はガッチリ固定してしまっています。
でも、この左腕だけは動くようにしておいて、最後にオルタの胸に向けられる様に可動を残して置きました。

胴体に取り付け、PICマイコンに繋ぎます。
鼓動の点滅.jpg
胴体のPICに繋ぎ、心臓の鼓動の様なタイミングで発光する様にプログラムしました。
フルカラーLEDをPWM制御(高速に点滅させて光量を変えている)しているので、そんなヒマは無い程いそがしいマイコンなのですが、擬似的なマルチタスク処理をさせる事で、独立した別のタイマーをカウントさせて制御しています。
この辺りはプログラマーとしての腕の見せ所ですが、そんなこと見ている人には関係無いのが悲しいところです(-_-;)

電源はベースからもらうので、足に配線を通します。
足の固定と配線.jpg
今回は完全に固定ポーズにしますので、足の関節もガッチリ固定してしまいます。
ベースとはネジで固定されますが、出来るだけ長いネジを使って、ひざ関節まで貫通させています。
過去の経験から、郵送しても耐えられる強度を確保しました(^_^;)

と、言うわけで、一気にアナライザーの製作をご紹介しました。
長文になってしまってすみません(^_^*)
次回はオルタの製作の様子をご紹介したいと思います(^^)/
よろしくです~♪

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(4) 

コメント 4

ぴろんちょ

“ヤマト2199”を観ていないので殴られそうですが、
アナライザーが見方によってはほとんど変わってなく(細部うんぬんかんぬんは有るのでしやうが)、嬉しい限りです。(どんくさい外観等)
相変わらずの美しい工作に感服致しますが、集中した工作でその工作期間も短そうですが(^^ ←早いって事ネ
by ぴろんちょ (2014-08-02 13:37) 

どろぼうひげ

ぴろんちょ さん、こんばんは(^^♪
えっ!?ヤマトを観ていないんですかっ!?
それは白子のりを食べた事無いくらい大変な事ですよ(-_-;)
アナライザーも自分なりの理想があって、みんなに受け入れてもらえるのか不安がありました(^_^;)
作例は大抵1ヶ月で仕上げていますが、何を工作して何を見送るか、見極めが難しいです(^_^*)

by どろぼうひげ (2014-08-02 19:43) 

ちょうぎ

電飾もさることながら、実に良い赤ですね~ダイキャスト製に見えまする^^
あと、2199のアナライザーはキャタピラがダブルになっててちゃんと駆動軸が存在できるデザインになってるんですね。
1974はどう考えても無理な構造でしたのでw
by ちょうぎ (2014-08-06 00:15) 

どろぼうひげ

ちょうぎ さん、こんばんは(^^♪
ありがとうございます(^^)/
ボクのイメージのアナライザーは、金属のロボットで、原色ばかりの派手な彩色だけど重いんです(^_^;)
そうそう、キャタピラはちゃんと物理的につじつまが合う構造になりましたね。
オモチャみたいな走行音も無くなりました(^_^*)

by どろぼうひげ (2014-08-06 02:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。